2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

祈本里香

おりもとりか

祈本里香とは、漫画『呪術廻戦』の前日譚『東京都立呪術高等専門学校』の登場人物である。
目次[非表示]

※「劇場版 呪術廻戦0」未視聴及び0巻未読の方は閲覧注意!










約束だよ 里香と憂太は 大人になったら結婚するの

概要

呪術廻戦』の前日譚、『東京都立呪術高等専門学校(呪術廻戦0巻)』の登場人物。
長髪で口元にほくろのある美少女で、齢11歳にて容姿を自覚的に利用していた節がある。
本編の6年前、幼馴染の乙骨憂太に母の形見である婚約指輪をプレゼントし、将来の結婚を約束する。
しかし憂太の目の前で車に轢かれ、死亡。享年11歳だった。

過去の経歴は公開されているものの、神隠しや父の失踪など不穏な部分も多く、いまだ謎が多い存在。
“生前は”憂太の妹との仲は良好だったらしい。

プロフィール

<
性別女性
大好きなもの乙骨憂太
嫌いなもの憂太以外の人間(特に女性と歳上男性)
大嫌いなもの祖母の作った茄子の煮浸し
享年11歳
CV花澤香菜


特級過呪怨霊・祈本里香

0巻乙骨&里香


憂太!!!! 憂太っあ"!!!!
       大大大大大大大大大大大大大 大好きだよぉ!

交通事故で亡くなった里香は、直後に憂太への強い愛情から特級呪霊へと転じ、彼に取り憑いた。
呪いと化してからは生前の愛らしい少女の面影は無くなり、醜悪な容貌へと変化した。性格も凶暴になり、憂太に危害を加えようとする人間には容赦なく攻撃をする。 一応憂太の声は認識しており、感情も歪だが存在している。真希に憎悪を向けた事で憂太を怒らせた際には、「ごめんなさい」「嫌いにならないで」と泣き出してしまった。
周囲に危害を加える彼女は憂太にも制御することができず、彼はこの呪いを解くため、呪術高専に転入することになる。

呪いとしての力は圧倒的であり、「呪いの女王」と称され、完全に顕現した際は暴走すれば町一つ消えかねないほど。変幻自在で底なしの呪力を持ち、「最愛の人の魂を抑留する縛り」により乙骨は「底なしの呪力」「無条件の術式模倣」を可能としている。

実の両親は原因不明の死別・蒸発をしており、父方の祖母から「両親を殺したに違いない」と疎まれて育った経歴があり、元々に呪術的素養がある模様。

名前について

名前の表記は「本里香」である。「本里香」ではないので注意(「折る(おる)」ではなく「祈る(いのる)」)。勘違いされやすく、Pixivでも「本里香」のタグが付けられた作品が相当数ある。

関連画像

【呪いの女王】
愛と呪い


純愛
乙骨憂太



関連タグ

呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校 呪霊 特級呪霊
乙骨憂太 夏油傑

両面宿儺……『呪術廻戦』に登場。主人公の肉体に宿っている、「呪いの王」と呼ばれるなど共通点がある。
ファンブックでは、指が全て揃った状態の彼は覚醒状態の里香より上だと語られている。











ネタバレ


実は彼女は自らの力で呪いとなったのではなく呪術師として破格の才能を持っていた乙骨の意思により呪われ呪いとなったことが夏油との戦いの後に判明。
図らずも乙骨に解呪され元の少女の姿に戻り成仏することになる。

呪術廻戦 乙骨憂太


……が。時を経て再登場した乙骨には『リカちゃん』と呼ぶ存在が付いている。
彼に襲いかかった呪霊を一瞬の内に始末したり、虎杖を一方的に拘束できるなど圧倒的な力を垣間見せている。
これが果たして彼女本人なのか、同名の「何か」なのかは今まで不明とされていたが…







ネタバレ注意!













実は、里香が解呪・成仏時に乙骨に「外付けの術式」として膨大な呪力を託しており、それが「リカ」となって顕現しているのである。そのため、「リカ」は祈本里香とは全く異なる存在である。ただ里香の遺志そのものは残っているらしく、乙骨に危害を与える存在に対してはかつてと変わらず容赦がない。
里香が成仏したことによって、解呪前より能力の発動に対し様々な制約が付くようになった。

関連記事

親記事

乙骨憂太 おっこつゆうた

pixivに投稿されたイラスト pixivで「祈本里香」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「祈本里香」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6097862

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました