ピクシブ百科事典

乙骨憂太

おっこつゆうた

乙骨憂太とは、少年漫画『呪術廻戦』の登場人物及び、前日譚である『東京都立呪術高等学校』の主人公である。
目次[非表示]

失礼だな 純愛だよ

概要

呪術廻戦』の登場人物で、前日譚『東京都立呪術高等専門学校』の主人公。
日本に四人しか存在しない特級呪術師の一人。
作中では超大物呪術師とされている日本三大怨霊の一人・菅原道真の子孫で、超遠縁だが五条悟とは親戚。

見た目はやや内気に見える顔立ちをした少年。髪型は前日譚ではツンツン頭だったが、伏黒恵と髪型がかぶるためか、本編ではセミロングに変更された。

『呪術廻戦』本編には未だ登場していないが、呪術高専東京校二年として在籍中。現在は海外に行っており、扉絵ではかつて夏油一派であった黒人呪術師・ミゲルと行動をともにしている様子が描かれていた。

呪詛師・夏油傑が起こした大規模呪霊テロ「百鬼夜行」が収束するまで、交通事故で亡くなった幼馴染・祈本里香に呪われており、里香のあまりの危険さから秘匿死刑が決定しかけたところを五条によって阻止され、呪術高専東京校に途中転入することとなる。

プロフィール

<
生年月日2001年3月7日
所属東京都立呪術高等専門学校二年(『呪術廻戦』本編開始時点)
等級特級呪術師
一人称「僕」


人物

幼少の頃、乙骨は幼馴染の里香こと「里香ちゃん」と将来結婚するという約束を交わすが、里香は乙骨の目の前で車に轢かれて亡くなってしまう。その時から乙骨は里香に憑りつかれ「呪われた」。

呪術高専入学前は、クラスで良からぬ輩にいじめを受ける気弱な少年となっていた。しかし実際のところ乙骨本人が恐れていたのはいじめてくる輩そのものではなく、「自分を傷つけたものは呪いと化した幼馴染・里香に報復される」ことであった。
ついには家族からも離れて外に出ることを拒み、呪術界でも里香が誰の手に負えないことから秘匿死刑が決定してしまう。そんな中、将来ある若者をみすみす死なせることに反対した五条悟によって呪術高専東京校へと迎え入れられる。

当初は「生きていいという自信が欲しい」という理由で藁にも縋る思いで入学したが、のちに里香の呪いを解くことを目標とするようになった。

性根は強さや優しさに敏感で、尊敬する友人を傷つけられると全力で怒ることができる。
直情的ではなく状況を的確に判断しつつも、時に非情なまでの手段を選ぶこともできるなど、呪術師としての才能の片鱗を見せる。

戦闘スタイル

高専入学後、乙骨は「呪いは物に憑いている時が一番安定する」という性質を利用し、五条から貰った刀に呪いを込めて敵を斬るという戦法を取っていた。夏油との戦いの際に刀が壊れた際は拳に呪力を込めて敵を殴っていた。

特級過呪怨霊である里香を顕現させれば、並みの呪い程度なら里香の膂力だけで圧倒可能。
昨年の姉妹校交流戦では乙骨1人で京都校チーム圧倒しており、これが原因で本編での交流戦が東京開催になり、知らない間に釘崎に恨み言を吐かれている。

里香は無限とも思えるの呪力を秘めており、これを用いることで無制限に術式をコピーできるため、作中では狗巻棘の呪言をコピーしており、無限の呪力によって広範囲に即死の呪言を用いている。
加えて、里香の呪力によって乙骨自身の肉体も強化されており、特級呪詛師である夏油が振るった特級呪具、遊雲の顔面への一撃さえも「慣れてきた。」の一言で済ます化け物っぷり。
また、自らを里香の生贄として呪力の制限を解除することで、特級仮想怨霊と極ノ番を用いた夏油を正面から打ち破っている。

以下0巻結末ネタバレ










愛してるよ里香」「一緒に逝こう?

呪いをかけてね



乙骨は里香が死ぬ間際、彼女の死を拒み彼女を「呪い」に転化させていた。つまり乙骨が里香から呪いをかけられていたのではなく、乙骨が里香を呪っていたのであった。
つまり彼の戦闘力の本質は、彼自身の規格外なまでに大きな呪力にある。

里香を呪ってたくさんの人に迷惑をかけたことを知り、乙骨は罪の意識に苛まれるが、解呪され人間に戻った里香はそんな乙骨を抱きしめ、彼と共に過ごした6年間は幸せだったと述べ、最期に「またね」と言い遺し成仏した。

里香が成仏した後も、乙骨は里香から受け取った婚約指輪を付け続けている。

関連イラスト

呪術廻戦LOG
呪術廻戦 0


純愛
乙骨憂太



関連タグ

呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校 
祈本里香 五条悟 禪院真希 狗巻棘 パンダ

関連記事

親記事

呪術高専東京校 じゅじゅつこうせんとうきょうこうこう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「乙骨憂太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 886912

コメント