2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

乙骨憂太

おっこつゆうた

『呪術廻戦』の登場人物。及びその前日譚である『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』の主人公。
目次[非表示]

この項目は「劇場版 呪術廻戦0」及び原作0巻と単行本未収録のネタバレ情報を含む場合があります。

「生きてていいって、自信が欲しいんだ」

「僕は呪術高専で 里香ちゃんの呪いを解きます」

概要

呪術高専東京校の2年生。日本に4人しかいない特級呪術師の一人。

呪術廻戦』本編前半では海外に行っており、2018年の交流会では2年生の中で唯一不参加。

前日譚の『東京都立呪術高等専門学校』では主人公を務める。
特級過呪怨霊・祈本里香に呪われており、その危険さから秘匿死刑が決定しかけたところを五条悟の提案で、呪術高専東京校に途中転入することになる。

プロフィール

<
年齢17歳
生年月日2001年3月7日
所属東京都立呪術高等専門学校二年(『呪術廻戦』本編開始時点)
高専入学方法スカウト
等級特級呪術師→四級呪術師→特級呪術師
好きな食べ物塩キャベツをごま油で
嫌いな食べ物ステーキの脂身
ストレス同級生に会えない
一人称「僕」
身長測定不能(伏黒恵より高い)
出身地宮城県仙台市
CV緒方恵美


人物

基本的には温厚で心優しく人情深い性格。当初は里香の顕現で人を傷つけてしまうことから人との関わりを避けていた故に気弱そうな印象が強かったが、呪術高専に入学後は前向きになり、本来の芯の強さを見せるようになる。癖の強い作中人物の中でも数少ないバランス感覚のある良識人。その一方で自分に関しては関心が薄くあまり自分に重きを置いていない。

一方で、友人を傷つける者には容赦が無く、普段の穏やかさが嘘のような気迫を見せるなど、呪術師としての才能の高さが窺える。

この性格・能力ゆえ、伏黒からは「唯一手放しで尊敬できる人」、五条からは「自らと並ぶ術師になる」と言われている。

同期の狗巻パンダとは、最初こそ呪術界でもかなり個性的な存在である彼らと、どう交流すべきか戸惑ったが、共に過ごし彼らの身の上を知っていく内に打ち解けていった。

当初は気弱で陰気な態度だった故に真希からは嫌われていたが、最初の小学校における任務で自分の本心を知った彼女に鼓舞されたことで境地を脱し、以降は親しい関係を築いている。
憂太は真希から身の上を打ち明けられてからも変わらず彼女のことを尊敬しており、そのことについて真希は照れくさく思っているようでパンダ曰く「憂太といる時は少し丸くなる」らしい。

虎杖のことは出会う以前から五条に知らされており、昔の自分と境遇の近かった彼のことをとても気にかけていた。
そのため後述する渋谷事変にて、彼の中に封じられた宿儺が一時的に体を乗っ取ったことにより大勢の人々が惨殺され、それによる罪悪感から苦悩する彼に、自分とは違い自身の力によるものではないことを踏まえ、「君は悪くない」と虎杖を叱咤激励している。

家族構成は非術師の両親と妹。現在は妹のみ連絡を取り合っている模様。
実は作中内で超大物呪術師とされている日本三大怨霊の一人・菅原道真の子孫で、五条とは超遠縁の親戚にあたる。ちなみに烏鷺亨子に「藤原」扱いされた際には五条への信用の無さ&自身への関心の薄さから「五条は菅原と言ったけど藤原の間違いなのでは?」と軽く混乱した。

容姿

ツンツン頭の黒髪が特徴的な少年。

乙骨



劇場版ではツンツン髪が落ち着いた感じにリデザインされている。

乙骨くん



また、続編である「呪術廻戦」では2:8分けのセミロングに髪型を変更されている。

乙骨憂太


キャラデザの変遷はいずれも伏黒恵との髪型の被りを避けわかりやすくするため。
三白眼気味で瞳が小さい伏黒や虎杖と比べると、乙骨は瞳が大きく描写されており、顔立ちはよく見るとかなり異なる。五条家の血筋なのか目が大きい。
作者的には「中性的」なイメージであり、作画は家入硝子と似てきたとのこと。

制服は他の生徒が黒に近い色合いであるのに対し、彼だけ制服の色が白い。
これは彼が特級呪術師=問題児である為に、その存在を分かりやすくする為。ちなみに五条と夏油の学生時代にはこの制服は無かったので、彼等の問題児っぷりや反省を踏まえてデザインされたのだと思われる。

過去

『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』

小学生の頃は肺炎で入院しており、その時に祈本里香と出会う。互いが退院した後は彼女と親交を深め、将来の結婚の約束を交わす。しかし、里香は乙骨の目の前で交通事故に遭い死亡。その直後に里香は怨霊に転じ、乙骨は里香に取り憑き呪われる。

怨霊と化した里香によって周囲に危害を加えるようになってしまい、家族からも離れた。

2016年11月、東京のある学校で乙骨が同級生の4人の男子生徒たちにイジメを受け、それが誘引となり里香がその4人をロッカーに詰める重症を負わせてしまう。

呪術界でも里香が誰の手にも負えないことから秘匿死刑が決定してしまう。本人も了承し、死にたいと願う中、呪術師である五条悟の提案で呪術高専東京校に途中転入することになる。

当初は「誰かに必要とされて生きていいという自信が欲しい」」という理由で藁にも縋る思いで入学を決意した(どういう学校かは全く教えられなかった為に一悶着あった)が、のちに里香の呪いを解くことを誓う。


※以下、ネタバレ注意

















愛してるよ里香」「一緒に逝こう?

呪いをかけてね



「女誑しめ」

失礼だな 純愛だよ



当初は里香が乙骨に呪いをかけて怨霊と化したと思われていたが、乙骨が里香への執着心から彼女に呪いをかけたことで怨霊にしていたことが判明。乙骨が主従制約を破棄したことで解呪が実現した。
(後の公式ファンブックの生得術式の欄には術式:里香と書かれている。)

里香を呪ってたくさんの人に迷惑をかけたことを知り、乙骨は罪の意識に苛まれるが、解呪され人間の姿に戻った里香はそんな乙骨を抱きしめ、彼と共に過ごした6年間は幸せだったと述べ、最期に「またね」と言い遺し成仏した。

里香が成仏した後も、乙骨は里香から受け取った婚約指輪を付け続けている。

現在

里香の力の喪失で呪術高専の本編終了時点では4級呪術師へと降格するも(0巻ラストで制服が黒くなっているのはこの為)、それからわずか3ヶ月で再び特級呪術師に返り咲いている。

高専二年の時点では海外に行っており、扉絵ではかつて夏油一派であった黒人呪詛師・ミゲルと外国にて行動を共にしている様子が描かれている。
またこの途中、五条から万が一自分に何かあった時には一、二年の事を頼むと後を託されている。

作中では描かれていないが、昨年の姉妹校交流戦では乙骨1人で、かなりの実力を持つ東堂葵含む京都校チームを圧倒し勝利している。
少なくとも一年時(呪術テロ後)にはすでに「五条悟の親戚」として認知されている。

無題


渋谷事変の終結後に帰国。偽夏油の暗躍で呪霊が溢れ返り人外魔境と化した東京で、一般人の救助を行っていた。その後、呪術総監部からの通達により虎杖の死刑執行役に任命され虎杖の前に現れる。
一度は虎杖の胸に刀を突きたてるが気絶している間に反転術式で治療。上層部の目をうまくかいくぐり彼を救う。その後虎杖や伏黒達と連携を取り、死滅回游の攻略を開始する。

能力

『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』

0巻乙骨&里香


「来い!!! 里香!!!!」

特級過呪怨霊・祈本里香に取り憑かれた「特級被呪者」。乙骨に危害を加えると里香が顕現して、その人物に容赦なく危害を加える。当初は里香の行動を全く制御が出来なかったが、高専編入後の初任務で初めて意図的に里香を顕現させる事に成功し、以降は徐々に制御できるようになる。左手の婚約指輪は自身と里香を繋ぐ物であり、里香の制御や呪力の媒介にも使われる。
身体能力も中々に高く、基本は里香の呪力を刀に込めての白兵戦を行う。夏油との戦闘で刀が砕けた際には徒手空拳での戦いも披露しており、劇場版ではその時に黒閃を披露した(原作やファンブック中に記載は無い)。

里香を顕現させれば、並みの呪い程度なら彼女の膂力だけで圧倒可能。
里香は変幻自在で底なしの呪力を持ち、「最愛の人の魂を抑留する縛り」によって、乙骨は「底なしの呪力」「無条件の術式模倣」を可能としている。
作中では狗巻棘の呪言をコピーした拡声器を作成し、広範囲に「死ね」というかなり強い呪言を用いているが、一切の反動は無かった。(厳密には「呪力が拡散してうまく狙いが定まらない」と呟いている為にコントロールに難があり、また拡声器も崩壊しているので反動がない訳ではない。しかし、自身に返る可能性のある狗巻式と違い、術式を出力しているのはあくまで拡声器の為に、失敗しても全反動が拡声器に行くだけで本人には反動が来ないという、実質ノーリスクである) 。
ちなみに無条件の術式模倣という乙骨自身の生得術式は、この頃から里香の中にあったらしく、ファンブック等では乙骨の術式は「術式・里香」とされている。

また、自らを里香の生贄として捧げ、呪力の制限を解除する事で、夏油の特級呪霊1体及び数千体の呪霊の呪いを束ねた、極ノ番「うずまき」を撃ち破る程の威力をもつ。

『呪術廻戦』

詳細不明だが里香と似て非なる呪い『リカ』を使役している。五条を上回る圧倒的な呪力量を誇り、本人曰く肉体的には「非力」な方だが、その圧倒的な呪力量による肉体強化による凄まじい身体能力を活かした、刀の剣術と肉弾戦による戦法をとる。
呪力が全身を常に纏っている為、基礎的な呪力操作だけで全ての攻撃が決定打となり得、同時にダメージを最小限にまで軽減させるという攻防一体の戦闘術を実現させている。

術式

リカ
乙骨が使役する里香と似て非なる呪い。その正体は成仏した里香が遺した外付けの術式にして呪力の備蓄
顕現時は戦闘面で乙骨の支援を行う。虎杖を容易く抑え込む程の強靭さを持ち、また体内には多数の呪具を格納している。
里香の遺品の指輪を通してリカと接続する事でリカの完全顕現術式の使用リカからの呪力供給が可能になる。完全顕現時はリカの戦闘能力が跳ね上がる他、呪力の高出力指向放出も可能となる。死滅回游の泳者の中で最高峰の呪力出力を誇る石流龍と同等のの出力と威力を持つ。一応リカ単独でも放つことできるが、その場合の威力は格段に落ちる。
ただし接続には時間制限が存在し、一回の接続につき5分間しか使用出来ない。

模倣(コピー)
乙骨の本来の術式。リカと接続している5分間に限り、他者の術式をコピーして使用できる。
里香の解呪前は無条件の術式模倣を可能としていたが、里香の解呪後は何らかの条件がある模様。本編ではリカが術師の体の一部を食らう描写がその条件である事が示唆されているが、明言はされていない。
また、九十九曰く、術式の複数所持は脳に多大な負荷を強いる為、乙骨のように外付けしなければならないのだそう。乙骨の本来の術式である筈の模倣(コピー)の使用時間が、リカとの接続時の5分に限られるのも、そういった理由からだと思われる。

模倣した術式
(○○術式:模倣先の術者)

0巻時は蛇の目と牙の呪印が書かれた拡声器を生成していたが、本編では狗巻同様に口元と舌に呪印を出現させた。 0巻の時と違って拡声器という媒介は使わずに、狗巻同様に彼自身が術式を使う形になったが、言霊が「動くな」という弱めの言葉だった事もあってか、乙骨自身への反動は殆ど無かった。ちなみに狗巻本人は同じ言葉を東堂に対して使っていたが、この時も殆ど反動は受けていなかった。

式神の軌跡を領域とする術式。ドルゥヴは2種類の巨大な式神を使役していたが、乙骨は自らの髪を媒介とした小型のリカのような式神を複数体生成し、不意を突く形で斬撃をくり出していた。

空間を写真状の面として認識し、掴んだり引っ張ったりすることで自在に操作する術式。
また、捉えた相手ごと面を割りその衝撃で吹き飛ばす宇守羅彈(うすらび)も使用可能。

領域展開

0巻の後に領域も習得しているが、烏鷺・石流との領域同時展開の上、単為生殖により誕生した新たな黒沐死の乱入によって、3人の領域が一気に解除されて不発に終わってしまった為、現状は詳細不明。
領域には、使用する生得術式が焼き切れ、暫く使用不可になるというデメリットが存在するのだが、リカの完全顕現中に術式が回復していた為に、比較的早期の術式復帰が可能な模様。

反転術式

負の力である呪力を掛け合わせて、正の呪力を生み出して傷を回復する希少技術。
さらに乙骨の場合は、反転術式使いの中でもさらに希少な技術とされる他者へのアウトプットが可能である(作中で他にアウトプットができるキャラは家入と宿儺のみ)。これによって戦闘中は常に自己回復が行える他、負の呪力の塊である呪霊に正の呪力をアウトプットする事で、問答無用で呪霊を祓う事が可能
ただし、反転術式は呪力の消耗が非常に激しく、底無しと評される程の圧倒的な呪力量を誇る乙骨ですら、戦闘と並行して反転術式を連続使用した結果呪力切れを起こしかけた程である。呪霊に対する反転術式のアウトプットも、呪霊の弱点とされる頭部に直接打ち込まなければ効果は薄いらしく、必ずしも呪霊に対して決定打になる訳ではなく、リスクもそれなりに高い事が窺える(作中では主に相手が油断して接近してきた時や、弱体化している時を不意打ちで狙っている)。

余談

  • 「乙骨」は実在する名字であり、現在日本には70人程の乙骨さんがいる。過去には乙骨太郎乙という人物も存在した(「君が代」の歌詞を提案した人物))。
  • 劇場版のキャスティングは原作者の「中性的で、柔らかさ、優しさがあった上で、大きな感情の振れ幅・落差もある」という乙骨のイメージを受け、その一例の中で候補に挙がった中満場一致で決定したとの事(公式HPより)。その時点でほぼ誰かさんと特徴が一致している。
  • ちなみに夏油戦を制したのは乙骨だったが、最初から夏油が全ての呪霊を集結させて戦っていた場合は夏油が勝利していた事が、ファンブックで作者によって明言されており、後に作中でも羂索から同様の発言がされている。尤も夏油が自身の「家族」たる仲間達の身を危険にさらしてまで呪霊を集結させる筈がないので、あくまでたらればの話に過ぎないのだが。


関連イラスト

乙骨憂太
无题


呪術廻戦 0
正夢


乙骨先輩
【呪術廻戦】純愛



関連項目

呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校 呪術廻戦0
祈本里香 五条悟 禪院真希 狗巻棘 パンダ 伏黒恵 虎杖悠仁

4人の特級呪術師九十九由基夏油傑・五条悟・乙骨憂太

碇シンジ……中の人つながり。黒髪の中性的な容姿、内罰的な性格、秘めたるポテンシャルの高さ、「真希」の名を持つ女性との交流など類似点が多い。ちなみに作中の年齢は違うが、どちらも2001年生まれ。
また、「呪術廻戦0」が公開43日で「シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇」と同じく100億を突破したことで、緒方恵美氏は100億越え作品の主人公を二人演じたこととなる。また「呪術廻戦0」のある場面では乙骨がシンジの台詞を思わせる台詞を発している。

関連記事

親記事

呪術高専東京校 じゅじゅつこうせんとうきょうこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51848721

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました