ピクシブ百科事典

乙骨憂太

おっこつゆうた

乙骨憂太とは、少年漫画『呪術廻戦』の登場人物及び、前日譚である『東京都立呪術高等専門学校』の主人公である。
目次[非表示]

失礼だな

    純愛だよ


概要

呪術廻戦』の登場人物にして、前日譚『東京都立呪術高等専門学校』の主人公。
呪術廻戦ではまだ本編に登場していないが(扉絵に彼らしき人物はいる)、東京校の二年生として在籍中。海外に行っているとのこと。
4人しかいない特級呪術師の一人。

呪詛師・夏油傑が起こした事件「新宿・京都 百鬼夜行」が収束するまで、交通事故で亡くなった幼馴染こと折本里香に呪われていた。

プロフィール

本名乙骨憂太
生年月日2001年3月7日
所属東京都立呪術高等専門学校二年(呪術廻戦本編時点)
等級特級呪術師


人物

呪術廻戦本編時点での詳細は不明なため、前日譚におけるおよそ一年前の姿のみが彼を知る手がかりである。

呪術高専入学前は、クラスで良からぬ輩にいじめを受ける気弱そうな少年だった。
その理由は、「自分を傷つけたものは呪いと化した幼馴染・里香に報復される」ため。恐れていたのはいじめではなく、里香から他者への時には死に至るまでの攻撃であった。
呪いで人を傷つけることを恐れる余り、家族からも離れ、外に出ることを拒んでいた時期もあった。
そんな中、彼を見出した五条によって呪術高専へと迎え入れられる。
最初は「生きていいという自信が欲しい」という理由から入学するが、後に里香の呪いを解くことが目標となる。

性根は捻くれているわけではなく、人の強さや優しさに敏感で、尊敬する友人を傷つけられると全力で怒ることができる素直な性格。
直情的ではなく状況を的確に判断し、時に非情なまでの手段をとるなど、呪術師としての才能の片鱗を見せる。

幼馴染の里香のことは「里香ちゃん」と呼んでいた。

呪い

幼少の頃、将来結婚の約束を交わした幼馴染の少女・折本里香が交通事故で亡くなる様を目の当たりにする。
その時から彼は里香に「呪われた」。

怪物と化した里香は憂太に取り憑き、憂太の意思とは無関係に自我を持って行動し、憂太に仇なすものを傷つけ、殺した。
その様は呪術師界において「特級過呪怨霊」と見なされ、完全秘匿での死刑執行の判断をとられるほどだった。

戦闘

呪いは物に憑いている時が一番安定するという性質を利用して、五条悟から貰った刀に呪いを込めて敵を斬るという戦法を取っていた。しかし、夏油との戦いの際に、急に大きな呪力を込めたことが原因で壊れてしまう。その後は拳に呪力を込めて敵を殴っていた。

特級過呪怨霊である里香を顕現させれば、並みの呪い程度なら里香の膂力だけで圧倒可能。自らを生贄として呪力の制限を解除すれば、より大きな力を扱うことができる。

愛してるよ里香」「一緒に逝こう?

呪いをかけてね



関連タグ

呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校 
禪院真希 狗巻棘 パンダ 五条悟










ネタバレ

彼の正体は日本三大怨霊の一人で超大物呪術師でもあった菅原道真の子孫。超遠縁ではあるが、五条悟とは親戚。

乙骨は里香が死ぬ間際、彼女の死を拒み彼女を呪いにしていた。つまり、乙骨が里香から呪いをかけられていたのではなく、乙骨が里香を呪っていたのだった。
里香を呪ってたくさんの人に迷惑をかけたことに罪の意識を感じる乙骨だが、解呪が達成して人間に戻った里香はそんな乙骨を抱きしめ彼と共に過ごした6年間が幸せだったと述べる。そして、最期にまたねと言い遺し、彼女は成仏した。
里香が成仏した後も、乙骨は里香から受け取った婚約指輪を付け続けている。

関連記事

親記事

呪術廻戦 じゅじゅつかいせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「乙骨憂太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61699

コメント