ピクシブ百科事典

乙骨憂太

おっこつゆうた

乙骨憂太とは漫画『呪術廻戦』の登場人物。またその前日譚である『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』の主人公。
目次[非表示]

失礼だな 純愛だよ

※この項目は単行本未収録のネタバレ情報を含む場合があります。

概要

本作の前日譚の東京都立呪術高等専門学校の主人公。
日本に四人しかいない特級呪術師の一人。

呪詛師・夏油傑が起こした大規模呪霊テロ「百鬼夜行」が収束するまで、交通事故で亡くなった幼馴染・祈本里香に呪われており、里香のあまりの危険さから秘匿死刑が決定しかけたところを五条が阻止、呪術高専東京校に途中転入することとなる。

プロフィール

年齢17歳
生年月日2001年3月7日
所属東京都立呪術高等専門学校二年(『呪術廻戦』本編開始時点)
高専入学方法スカウト
等級特級呪術師
好きな食べ物塩キャベツをごま油で
嫌いな食べ物ステーキの脂身
ストレス同級生に会えない
一人称「僕」
身長伏黒恵より高い180cm弱
出身地宮城県
CV緒方恵美


人物

温厚で優しく人情深い内気な性格で、ともすれば気弱にも見える。
癖の強い作中人物の中で、バランス感覚のある良識人。
しかし、前日譚では敵である夏油に武器が砕けても拳を振るって猛反撃するなど、尊敬する友人や大切な人を傷つけられたり、奪われそうになると、箍が外れて、別人のように攻撃的になる。
過去の事柄から家族・友人関係に恵まれず、人の温もりに飢えていたせいもあるだろうが、状況を的確に判断しつつも、時に非情な手段を選ぶこともできるなど、その精神はかなり複雑で、呪術師としての才能の高さが窺える。

統合すれば、五条の言う「愛ほど歪んだ呪いはない」という言葉を体現した人物と言えるかもしれない。
友愛・親愛・恋愛のためならばどこまでも強くなり、冷酷にもなれる呪術師である。
この性格・能力ゆえ、伏黒からは「唯一手放しで尊敬できる人」、五条からは「自らと並ぶ術師になる」と言われている。

家族構成は両親と妹。現在は妹のみ連絡を取り合ってる模様。
作中内で超大物呪術師とされている日本三大怨霊の一人・菅原道真の子孫で、超遠縁だが五条悟とは親戚。
ちなみに「乙骨」は実在する名字であり、長野県に多い。「おつこつ」とも読む場合がある。歌劇「オルフェウス」、シューベルトの「死と乙女」を訳した乙骨三郎は著名な人物である。

戦闘スタイル

高専入学後、乙骨は「呪いは物に憑いている時が一番安定する」という性質を利用し、五条から貰った刀に、強力な力を持つ里香の呪力を込めて敵を斬るという戦法を取っていた。夏油との戦いの際に刀が壊れた際は拳に呪力を込めて敵を殴っていた。

特級過呪怨霊である里香自体を顕現させれば、並みの呪い程度なら里香の膂力だけで圧倒可能。
作中では描かれていないが、昨年の姉妹校交流戦では乙骨1人で、かなりの実力を持つ東堂葵含む京都校チームを圧倒し勝利している。
次の年の交流会は前年勝った学校で行われることが風習らしく、本編での交流戦は東京開催になり、京都に行くことを楽しみにしていた釘崎に恨み言を吐かれている。

里香は無限とも思える程の呪力を秘めており、これを用いることで無制限に他人の術式をコピーできる。作中では狗巻棘の呪言をコピーしており、呪力で即席のメガホンを作り出すことで、広範囲に即死の呪言を用いている。
コピーのデメリット(呪言ならば反動)がないという破格の性能に加えて、里香の呪力によって乙骨自身の肉体も強化されており、特級呪詛師である夏油が振るった特級呪具、游雲(特級呪霊の中でも特に頑丈な花御にもダメージを与える程の圧倒的な力を持つ三節棍)の顔面への一撃さえも「慣れてきた」の一言で済ます化け物っぷり。
また自らを里香の生贄として捧げ、呪力の制限を解除することで、特級仮想怨霊と極ノ番を用いた夏油を正面から打ち破っている。

本人曰く「非力そうな見た目」「実際に非力」。
ただし、高校時点で180㎝弱と身長に恵まれており、運動神経は伏黒恵と同じくらい(総合的な運動評価の可能性が高い為、腕力測定、脚力測定、体力測定等の個別種目のどれかで低かった可能性も存在する)であり、さらに有り余る呪力で身体能力を補いブーストしており、その呪力も「五条先生よりあるんだよ」と発言するほどで、決して非力では片付かない才能の持ち主。


容姿(容姿の変遷)

髪型は前日譚ではツンツン頭だった。

乙骨



本編ではセミロングに変更された。(伏黒恵と髪型がかぶるため)

无题


また、彼だけ制服の色が白い(これは彼が問題児のため分かりやすくするため)。

更に、劇場版ではまた異なったキャラデザで登場する予定である。

呪術廻戦0 乙骨cv㊗️




過去(東京都立呪術高等専門学校/呪術廻戦0巻)


幼少の頃、乙骨は幼馴染の里香と将来結婚するという約束を交わすが、里香は乙骨の目の前で車に轢かれて亡くなってしまう。しかし里香は強大な力を持つ「特級過呪怨霊」に変異、乙骨は里香に憑りつかれ「呪われた」。

呪術高専入学前は、クラスで良からぬ輩にいじめを受ける一見気弱な少年となっていた。しかし実際のところ乙骨本人が恐れていたのはいじめてくる輩そのものではなく、「自分を傷つけたものが呪いと化した幼馴染・里香に報復される」ことであった。
ついには家族からも離れて外に出ることを拒み、呪術界でも里香が誰の手に負えないことから秘匿死刑が決定してしまう。死にたいと願う中、呪術師である五条悟によって呪術高専東京校へと迎え入れられる。

当初は「生きていいという自信が欲しい」という理由で藁にも縋る思いで入学を決意した(ちなみにどういう学校かは全く教えられなかったため一悶着あった)が、のちに里香の呪いを解くことを目標とするようになった。


※以下、ネタバレ注意



愛してるよ里香」「一緒に逝こう?

呪いをかけてね



「女誑しめ」

乙骨は里香が死ぬ間際、彼女の死を拒み彼女を「呪い」に転化させていた。
つまり乙骨が里香から呪いをかけられていたのではなく、乙骨が里香を呪っていたのであった。
(後の公式ファンブックの生得術式の欄には術式:里香と書かれており、上述の里香を呪いに転化させて使役する事自体が乙骨の術式だと考えられる。)

つまり彼の戦闘力の本質は、彼自身の規格外なまでに大きな呪力にある。単純な呪力は何とあの五条よりも上だという。

里香を呪ってたくさんの人に迷惑をかけたことを知り、乙骨は罪の意識に苛まれるが、解呪され人間の姿に戻った里香はそんな乙骨を抱きしめ、彼と共に過ごした6年間は幸せだったと述べ、最期に「またね」と言い遺し成仏した。

里香が成仏した後も、乙骨は里香から受け取った婚約指輪を付け続けている。

ファンブックによるとこの際に一度特級から四級へと降格したらしい(0巻ラストで制服が黒くなっているのはこの為)。

現在(呪術廻戦)

乙骨憂太



彼は渋谷で狗巻君の腕を落としました

虎杖悠仁は僕が殺します
『呪術廻戦』本編では、呪術高専東京校二年として在籍中。作中序盤時点では海外に行っていることが伏黒の発言より明らかになっており、2年生が本編初登場するシーンでは乙骨だけ未登場だった。扉絵ではかつて夏油一派であった黒人呪術師・ミゲルと外国にて行動をともにしている様子が描かれた。アニメでは、第2クールOPに扉絵と同じくミゲルと共に一瞬だけ登場。(ちなみに五条が交流戦の前に出ていた海外出張は彼に会うためだったらしい)

137話にて、センターカラーに彩られる形で満を持して登場。渋谷事変終結後の東京に帰還した。帰還したそばから呪霊を祓っており、その際『リカちゃん』なる存在をほのめかしている(0巻に登場した祈本里香と同一の存在なのかは現状不明)。
上層部との会話で、渋谷事変時に狗巻の腕を虎杖(もとい宿儺)が落としたことから上記の発言をし、呪術総監部からの通達により虎杖の死刑執行役に任命される(これによって今まで「帰ってきてくれ」と常々漏らしていたファン達が一斉に「帰ってくれ」と手のひらを返すことになった)

虎杖達の前に現れた時の気配は「五条先生に近いが五条先生より不気味」との事。

呪力で強化されていることにより、見た目に反し凄まじい膂力を誇る。呪力による身体強化は他の呪術師でも出来ることだが、呪力量が五条以上の規格外であり、常に全身に呪力を纏っている
これにより、着地しただけで地面が割れたり、特級相当の脹相を不意の一撃で沈めるなど単純な呪力強化のみで他を圧倒することができる。悠仁曰く「自分と真逆のタイプ」
また上記の『リカちゃん』は虎杖が拘束されると一歩も動けないほどの力を持っており、総じて特級術師の名に相応しい実力を有している。
虎杖と交戦し、その身体力の高さから真希を想起して驚いていたが、徐々に追い詰めていき、遂に心臓を貫いてしまう。その後脹相を戦闘不能し、負傷した直哉の前に現れる。










※ここから先、ジャンプ本誌のネタバレのため、未読者の方は閲覧注意。





















「よ、よかった〜〜」

無題


上記の行動は全て虎杖を上層部から匿うための芝居であった
9月頃に五条から「自分に何かあったら1、2年のことを頼む」を言われており、特にかつての自分と同じ境遇にある虎杖のことを気にかけていた。上層部側も警戒はしており、虎杖殺害を約束する縛りを乙骨にかけていたが、彼は虎杖を実際に一度殺害し、その後反転術式で蘇生させるという荒技と虎杖殺害の報告を現場で負傷した直哉を反転術式で治す見返りとして代わりにさせるという策で見事に騙し抜いて見せた。(これは以前虎杖が自死した後、宿儺の反転術式で蘇生したケースから可能だと判断したため)
戦いの中で、虎杖が自身が本当に存在していいものかと苦悩していることを感じとっており、かつての自分とは違い、自らの力ではないものに苦しめられている虎杖は悪くないと励ましている。

この事実が明らかになったことで、乙骨再登場時に「帰ってくれ」と手のひらを返していた読者たちが「お帰り乙骨先輩」とさらに手のひらを返すこととなり、また「迫真の演技過ぎて怖い」と畏怖の念を抱かれる結果となった。

その後、虎杖達と共に天元と接触、その後は単身死滅回游に参加することに。
秤金次もその実力は認めてるらしく連絡が取れない件についてもさほど心配してない模様。


余談

乙骨のCVが緒方恵美が担当することになった際Twitterでなぜかエヴァンゲリオンがトレンドに上がるほど大きく話題になっていた(さらにこの時「シンエヴァンゲリオン」の上映中でもあった)
『劇場版 呪術廻戦 0』の予告が流れたときツイッターでなぜか再び乙骨の生ではなくシンジの名前がトレンド入りしてしまうという事態が起きる。

シンジ、特級術師になれ



関連イラスト

呪術廻戦LOG
呪術廻戦 0


純愛
乙骨憂太


無題
乙骨憂太誕生祭2021



関連タグ

呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校 
祈本里香 五条悟 禪院真希 狗巻棘 パンダ
前作主人公

4人の特級呪術師九十九由基・五条悟・夏油傑乙骨憂太
呪術エヴァ

関連記事

親記事

呪術高専東京校 じゅじゅつこうせんとうきょうこう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「乙骨憂太」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「乙骨憂太」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20713045

コメント