ピクシブ百科事典

主人公

しゅじんこう

物語の中心となる人物のこと。もしくはさだまさしの楽曲。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. さだまさし楽曲
  2. 物語主役を担う立ち位置にいる登場人物。本項で解説。

※メイン画像は遊戯王シリーズの主人公たち。

主人公とは

ある物語の登場人物の中で、物語の中心・基点となる特定の人物のことで主役とも言い替えることが出来る。

基本的に物語は主人公の視点で語られていくことが多いが、主人公とは別の第三の人物によって語られ進んでいく場合もある。また必ずしも一人とは限らず、二人以上、大きくなると特定の団体やグループそのものを抜擢することもある。主人公と位置付けならがも、敢えて物語の芯から外し、その真に迫っていく主人公もいる。

少年漫画でも少女漫画でもないユニセックスな作品の主人公は大体男性主人公である。ただし、ユニセックスな作品は日常系が多く、主人公の主人公補正が弱く、ヒロイン不在の作品も多い。また人気投票などでは主人公が1位をとることが多いが、そうではない場合もある。

主人公はヒーローヒロインとも言うが、メインヒーロー(男性陣で一番目立つ人物)、メインヒロイン(女性陣で一番目立つ人物)と同じ意味で使われることは少ない(例外はアイドルグループものぐらい)。メインの説明がいらないほど主人公補正が強く、性別に関係なく、読者と視点を共有する等身大の人物が主人公といったところで、主人公の性別を選択できるゲームの中には、男主人公と女主人公が同一人物設定で、同じシナリオを共有するゲームもある。

視点役を主人公(日本語)、相手役をヒーロー・ヒロイン(外国語)というパターンもあるが、このヒーロー・ヒロインは王子様マドンナの言い換えであり、語弊がある。男主人公を主人公と言い、女主人公をヒロインと言うパターンもあるが、王子王女少年少女のようなもので、特に意味はない。

原作の二次創作パラレルワールド。多くは非公式作品だが、公式二次創作もある。)のみに登場するオリジナルキャラクターの主人公(読者の間では夢主人公などと呼ばれる)もいて、夢主人公が原作主人公の活躍度を超えてしまい、問題になることもある。。そのオリジナルキャラクターは、原作に登場する不特定多数のキャラクター(モブキャラクター)と同じ衣装を着ていることが多い。名前の一部が我々の住む世界にいる作者の名前ということもある。

またゲームなどの場合は自機キャラクター=主人公ということになる。

諸々要約するが、つまり物語の数だけ主人公の形態も様々あるのだ。ただし、稀に主人公と位置づけられながら、主人公として扱って貰えなかった主人公もいたりする……(主人公が作中で最強、活躍しっぱなしとは限らないが、度の過ぎたパターンである)。

主人公と説明されているのに、言動に縛りがある人物(例:キャラ崩壊が許されない。萌え絵風で人間味がない。読者が同化しづらい個性付けがされている。脇役との差がなさ過ぎる。モテない。)は、主人公の名を冠したパッケージヒーローパッケージヒロインで、真の主人公は第三の人物という設定である。詳しくはメタフィクション参照。

ゲームの主人公

ゲームにおいては、アニメや漫画と違い、設定・人格・台詞や言葉遣いの有無で大きく用途が変わる。極稀に、「自分が主人公であることをアピールする」存在もあり、その場合は、ナルシストな性格であったり元の作風が変わっていたりしている場合が多い。

キャラ設定がされてない


キャラ設定が存在している

この場合は更に様々な用法に別れる。






群像劇

登場人物全員が主人公という主旨のゲームもあり、その場合は主人公ではなくチームや組織の中心人物として描かれており、そのゲームの「」としてパッケージを飾る時もある。


  • 物語を引率するキャラ
    • 物語の始める時に最初に操作するキャラや途中加入したキャラがでも物語の重要人物だったりして、物語を引っ張っていき、中には複数おり役割が前半と後半に分かれていたりする。ただ引率キャラが二人以上いると、プレイヤー視点によって見方が変わるため論争が起きやすい。
    • 例:ティナセリスファイナルファンタジー6

  • 波乱万丈な人生を送るキャラ
    • 登場キャラの中で、物語中で特に目立つキャラ。見せ方が上手ければいいが、そうじゃないと「作者に贔屓されている」「キャラのファンがうるさいせいでキャラも嫌いになった」と難癖を付けられがちなタイプでもある。
    • 例:ホークアイリース聖剣伝説3


特撮での主人公

スーパー戦隊シリーズの「五星戦隊ダイレンジャー」は「主要メンバー全員が主人公」というコンセプトであったが、その設定は「明確なリーダーが存在しない」という点のみに生かされており、天火星・亮/リュウレンジャーは他シリーズのレッドと同様の扱いがなされていた。「忍者戦隊カクレンジャー」「未来戦隊タイムレンジャー」のように女性がリーダーなのに主人公は男性(レッド)のままという作品もあった。

主人公としての見方

主人公の扱い、人物相関図が変わっている作品でも、キャラデザ、コンテンツ、EDの名前の順番を見れば、誰か主人公か一発で分かるという話もある。

天才バカボン」のように主人公らしくない主人公ファンと実質主人公の脇役ファンの間で「誰が主人公か」で揉める作品は面倒がられやすい。解釈論争を避ける為に「作者(神)が真の主人公だった」「読者(観客)が真の主人公だった」というメタなオチで終わる作品もある。

幕張」の主人公はガモウひろしというオチだったが「一見W主人公に見える二人ではなく、第三者が主人公だった」とほのめかしているのだろう。

主人公タグ

作中で主人公と設定されているが名前が無い場合は、「○○主人公」や「(主人公の)職業(作品名)」や「主人公(作品名)」としてタグが制作されたり、本編で名前が無くても派生作品で名前が付いた場合はその名前で呼ばれたり、また後に公式からデフォルトネームが与えられる場合もある。

区別が必要な場合は「男主人公」「女主人公」タグも参照。

ここでは始めから名前が無かったり、名前が変更出来る主人公のみ記載。

ドラゴンクエストシリーズ

作品名主人公タグ
ドラゴンクエストⅠ勇者(DQ1)おっ゜て
ドラゴンクエストⅡローレシアの王子もょもと
ドラゴンクエストⅢ勇者(DQ3)女勇者(DQ3)
ドラゴンクエストⅣ勇者(DQ4)男勇者(DQ4)女勇者(DQ4)
ドラゴンクエストⅤ主人公(DQ5)小魚
ドラゴンクエストⅥ主人公(DQ6)レックボッツイザイズュラーヒン
ドラゴンクエストⅦ主人公(DQ7)
ドラゴンクエストⅧ主人公(DQ8)エイト
ドラゴンクエストⅨ主人公(DQ9)男主人公(DQ9)女主人公(DQ9)
ドラゴンクエストⅩ主人公(DQ10)
ドラゴンクエストⅪ主人公(DQ11)おさかな勇者
ドラゴンクエストソード主人公(DQS)


真・女神転生シリーズ

作品名主人公タグ
真・女神転生ザ・ヒーロー
真・女神転生Ⅱアレフ(真・女神転生Ⅱ)
真・女神転生if...内田たまき
真・女神転生NINEアズマケイ
真・女神転生Ⅲ人修羅
真・女神転生Ⅳフリン(真IV)
真・女神転生Ⅴ主人公(真Ⅴ)


ペルソナシリーズ

作品名主人公タグ
女神異聞録ペルソナピアスの少年藤堂尚也鳴海優也
ペルソナ3キタローハム子有里湊
ペルソナ4鳴上悠瀬多総司番長
ペルソナ5P5主人公雨宮蓮来栖暁主人公(ペルソナ5)
女神異聞録デビルサバイバーデビサバ主人公
デビルサバイバー2デビサバ2主人公


幻想水滸伝シリーズ

作品名主人公タグ
幻想水滸伝ぼっちゃん
幻想水滸伝22主
幻想水滸伝44様
幻想水滸伝5主人公(幻水5)


作品別

※作品名五十音順。

作品名主人公タグ
AMNESIA主人公(AMNESIA)
学園ハンサムおにぎりシャイボーイ
Caligula主人公(Caligula)式島律
グランブルーファンタジーグラブル主人公グラン(グラブル)ジータ(グラブル)
白猫プロジェクト主人公(白猫プロジェクト)
新・世界樹の迷宮主人公(SSQ)
聖剣LOM主人公(LOM)
ソードアート・オンライン主人公(SAO)ハルカ(SAO)
ダンボール戦機WARS主人公(ダンボール戦機WARS)
どうぶつの森むらびと
Fate/EXTRA岸波白野
ヘラクレスの栄光主人公(ヘラクレスの栄光)
ポケットモンスターシリーズポケモン男主人公ポケモン女主人公主人公(ポケモンGO)
ポケモン+ノブナガの野望主人公(ポケナガ)主人公(ブショー)

関連タグ

別名主役
男性版男主人公ヒーロー
女性版女主人公ヒロイン
関係者ライバルラスボス主人公の仲間たち
サブキャラ第三者脇役名脇役モブ
創作オリ主夢主人公
ゲーム自機プレイヤーキャラギャルゲー主人公エロゲーの主人公乙女ゲー主人公ソシャゲの主人公
ネタ主人公(笑)ヒロイン(笑)※主人公です主人公補正主人公(没)
メタメタメタフィクションメタ発言第四の壁
視点第三者視点神視点モブ視点ヤムチャ視点
心情感情移入自己投影
主人公タグダブル主人公W主人公)、もう一人の主人公 / 準主人公歴代主人公初代主人公新主人公おじさん主人公熱血主人公ラスボス系主人公
複数の意味を持つ主人公タグ2主5主主人公コンビ主人公組主人公チーム主役と陰の主人公
特定作品の主人公タグ主人公ズ三主人公主人公一族血縁主人公BSR3主人公組BSR歴代主人公組


他の記事言語

Main Character

関連記事

親記事

登場人物 とうじょうじんぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「主人公」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46996187

コメント