ピクシブ百科事典

未来戦隊タイムレンジャー

みらいせんたいたいむれんじゃー

未来戦隊タイムレンジャーとはスーパー戦隊シリーズの作品であり、劇中に登場するヒーローである。20世紀最後のスーパー戦隊シリーズ。
目次[非表示]

西暦3000年の未来人たちと1人の男が出会った⋯新しい時を刻むために!

概要

スーパー戦隊シリーズ第24作目作品。スーパー戦隊シリーズの25周年を記念をして本作からOP前に「スーパー戦隊シリーズ」の表記が出る様になった。メンバーは4人の未来人+1人の現代人という設定。
タイトルには『未来戦隊』と書いてあるものの名乗りで使われる事は無い。
メインライターは小林靖子
シリーズの中ではかなり大人向けの作品。恋愛や復讐、出世願望といった人間ドラマが重視されており、タイムトラベルを題材にしたSF性と絡めて重厚な作品に仕上がっている。
また、大きな特徴として、タイムレンジャーは本作の怪人に当たる犯罪者たちを存命のまま逮捕しており、一度も殺したことがない。

あらすじ

西暦3000年の未来。
宇宙からの来訪者たちの影響で地球の科学は目覚ましい発展を遂げ、ついには時間移動の技術が確立。
それに伴い多発するようになった時間犯罪を取り締まるのが『時間保護局』の捜査官たちであった。
そして今、凶悪な宇宙マフィア・ロンダーズファミリーが時間移動によって西暦2000年の世界に逃亡。
ユウリ、アヤセ、ドモン、シオンの四人は罠にはまり、隊長リュウヤ不在のまま過去へ跳ばされてしまった。

そして2000年の世界で、四人はリュウヤにそっくりの青年・浅見竜也に出会う。
緊急時用強化服システムの起動のため無理やり変身させられた竜也だったが、
『自分の運命は自分で決める』という信念のもと、自分の意志で四人とともに戦うことを決意する。
こうして『タイムレンジャー』を結成した五人。だが、彼らの戦いの裏には壮大な陰謀が隠されていた――

登場人物

タイムレンジャー

浅見竜也/タイムレッド
ユウリ/タイムピンク
アヤセ/タイムブルー
ドモン/タイムイエロー
シオン/タイムグリーン

タイムレンジャーの関係者

タック
タイムロボター

ロンダーズファミリー

ドン・ドルネロ
ギエン
リラ
ロンダー囚人

シティガーディアンズ(CGC)

浅見渡
竜也の父親。ロンダーズファミリー対策としてシティガーディアンズを組織。

滝沢直人/タイムファイヤー
竜也の大学時代のライバル。あることをきっかけに、ブイレックスの制御装置およびタイムファイヤーの変身アイテムであるブイコマンダーを入手する。
シリーズ初の2人目のレッド。

その他

森山ホナミ
新聞スクープ記者。タイムレンジャーを追い回すことが多いが、しばらくの間はタイムイエローをアヤセと勘違いしていた。


リュウヤ隊長
時間保護局の隊長。ある目的のためロンダースを泳がせると同時にタイムレンジャーを西暦2000年に送り込む。

トゥモローリサーチ

竜也が親からの独立、かつタイムレンジャーの活動拠点として5人が現代で設立した会社(いわゆる「なんでも屋」)。
度々資金繰りに悩んでいる零細企業。

担当

竜也:空手指南
ユウリ:探偵業
アヤセ:運転代行
ドモン:護身術指南(但し女性客目当てのため稼ぎは芳しくない)
シオン:機械関連(彼の体質上あまり睡眠をとらなくてよいため、1番の稼ぎ頭)

余談

  • OP主題歌「JIKU~未来戦隊タイムレンジャー~」は、スーパー戦隊シリーズ初かつ2018年現在唯一の女性歌手単独での主題歌であり、歌詞や曲調もプログレッシブ・ロック調で変拍子英語の歌詞を多用する等、他の戦隊主題歌とは異なるイメージとなっている。
    • これらの点から、某動画サイトでは「歌ってみろ」なるタグがついた。
    • なお2018年の戦隊の主題歌には女性単独バージョンもあるが、TV放送ではOP曲ではなく挿入歌としての使用となっている。ちなみにこちらも本来の視聴者層が歌いにくそうな曲。
    • 主演の5人の役名などは斬新な演出で表示されており、途中から普通の仕様になった。なお戦士名はタイム〇〇という表記ではなくTIME〇〇というもの。
  • スーパー戦隊シリーズの売上ではワースト3位を記録している(ワースト1位はルパンレンジャーVSパトレンジャーとリュウソウジャー)。
  • 30世紀は宇宙人やロボットが地球人と共存する時代となっている。4話で竜也がシオンを「宇宙人ぽい」と評した事に対し、ドモンが「宇宙人って言うな」と返している辺り、異星人を「宇宙人」と一括りにするのはあまり好ましくないようである。(ただし、この設定は脚本家の違いでブレる。)
  • タイムレンジャーのいわゆるパロディにオカムレンジャーがある。
  • リスト上は全51話だが、次作『百獣戦隊ガオレンジャー』が25作目に当たることから、その51話は今までスーパー戦隊を振り替える特別編「スーパー戦隊大集合」となっている。つまり実際の最終回はCase File 50(第50話)となる。


関連タグ

スーパー戦隊シリーズ 時間
ロンダーズファミリー 犯罪者 宇宙人 未来人
時は金なり

仮面ライダー電王:同じく時間がテーマであり、メインライターも同じく小林靖子である。
HUGっと!プリキュア:同じく時間がテーマのニチアサ番組。最終回は、未来に帰る側と過去に残る側と分かれるなど共通点がある
スター☆トゥインクルプリキュア:緑色の宇宙人がこちらにもいる。

爆竜戦隊アバレンジャー:主要人物の森山ホナミが再登場した。

海賊戦隊ゴーカイジャー:第4話でジョー・ギブケンアイム・ド・ファミーユが訪れたビル内にトゥモローリサーチの名前があったが、現在も竜也が一人で営んでいるのかは不明。第18話では、タイムファイヤーがドラゴンレンジャー・アバレキラーとともに、伊狩鎧に3戦隊の大いなる力を託した。
また、第40話ではタイムイエロー・ドモンと元恋人ホナミ、そしてその子ども未来が登場した。
また寝隠神社のネットニュースには『Tomorrow researeh news』という文字が入っていた。

動物戦隊ジュウオウジャー:メンバーの構成が「初期メンバーが現地人のレッド+異邦人4人」、「6人目も現地人」という点で共通。
ただし別離ENDだったタイムレンジャーに対しこちらは最終回後も交流が続いている。

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー:メンバーカラーが「赤・青・黄・赤・桃・緑」という点で共通。
ただし追加戦士のレッドを含むタイムレンジャーに対しこちらは戦隊2つにそれぞれのレッドが所属している。
なお、ルパンレンジャーサイドは最終話の前話が事実上の最終回であること(最終回はパトレンジャーメイン)、パトレンジャーサイドは戦う目的という点もそれぞれ共通。

仮面ライダージオウ:「現代人の主人公+未来人の仲間」という点が共通。

未来戦隊タイムレンジャーの年表

ニチアサ同期:仮面ライダークウガ(30分後)、おジャ魔女どれみ♯(1時間後)

救急戦隊ゴーゴーファイブ→ 本作 →百獣戦隊ガオレンジャー

関連記事

親記事

平成戦隊 へいせいせんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「未来戦隊タイムレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 397252

コメント