2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「貴様等ァ!……自分達だけ助かろうというのか!?許せん!……死ね! 死ね死ね死ねェッ!!」

CV:夏井貴浩

概要

未来戦隊タイムレンジャー』Case File 39「雨に濡れた嘘」に登場。ギエンドルネロに無断で解凍したヘルズゲート囚人(劇中ではブラスター・マドウジャグルに次いで3人目)。
ヘルズゲート送りになるだけあって超凶悪犯で、30世紀の未来で違法なウィルスを開発しては、犯罪者に高く売りつけていた悪逆無道の科学者。しかし、その過程で自らが開発した殺人ウィルス『レダーウィルス』に感染してしまい、自暴自棄になってウィルスをばら撒き周囲に感染させた罪でヘルズゲート行きとなった。

他のウィルスも生物兵器として開発したものだが、誤って自身がウイルスに感染してしまうや、身勝手にも「自分だけが苦しんで死ぬのが許せない」と半ば錯乱状態で大量の感染者を作り出し、半永久圧縮冷凍の刑に処された。 自分が作ったウィルスで、どれだけの命が苦しみ喪われるか分かっていながら、自身の利益の為だけにそれを犯罪者に売り捌く根性のみならず、作りさえしなければ感染しなかった現実』さえも認めず逆ギレする等、その性質は自己中極まりないエゴイストである。

劇中での活躍

例によって破壊と殺戮を好むギエンによって解凍されるや否や、30世紀の頃と同様、水道にウィルスを含んだ己の血を混入させて、 多数の人間をウィルス感染させるバイオテロを起こしウィルスに苦しむ人々を眺めて楽しんでいた(この事態から、レダーウィルスは塩素殺菌や調理の加熱にも耐える、非常に強力なウィルスと分かる)。

この事態にそれまでギエンに対して寛大だったドルネロも、遂に堪忍袋の緒が切れたのだが、それと同時に今の状況を金儲けの好機と捉え「かつてレダーウイルスに感染した自身の血からワクチンを作る」ように提案し、その見返りとして5億円もの大金を要求
それを飲むしかないタイムレンジャーはシティガーディアンズにサポートを依頼し、彼の血と金を引換にワクチンの精製に成功した。

だが、ギエンに「お前はどうあがいても死ぬ」と現実を突きつけられた上、「自身がばら撒いたレダーウイルスもワクチンが作られ、20世紀での感染者は皆助かる」事実を吹き込まれたエンボスは、再度「苦しんで死ぬのは自分だけ」の現実を思い知らされて完全に発狂。

「自身が苦しんでいるのに、他の者がワクチンで助かるのは許せない!」と、エンボスはレダーウイルスのワクチンを破壊すべく取引の妨害に走った。

ワクチンの原料となるドルネロの血液を運ぼうとするタイムレンジャーを急襲し、破壊しようと暴れ出すエンボスだが、アヤセにドルネロの血液を運ばせ、残りのメンバー達と交戦する。
そして圧縮冷凍の直前、エンボスは「この……貴様ら皆殺しにしてやる!!」と叫びながら巨大化抑制シールを剥がして巨大化。 剣を武器にシャドウアルファブイレックスロボと交戦するも、結局はブリザードスラッシュとマックスブリザードを連続で受けて敗北、圧縮冷凍された。

このレダーウィルス事件をきっかけに、それまでアヤセが竜也以外に話していなかった、自身のオシリス症候群を残る3人と直人も知るに至る。

余談

レダーウイルスは感染すると首に痣が生じて発熱、2~3週間で命を落としまう危険なウィルスだが、ワクチンを1週間以内に打てば助かる
エンボス自身は既に有効期限を過ぎており、自分がもう助からない状態を分かっている所から、既にワクチンが通用しない程に症状は進行し、最早末期の感染状態に陥っている実態は想像に難くない。

だが、劇中のエンボスはウイルスの症状に苦しんでいる様には見えず、普通に動き回って戦闘をこなしており、傍から見れば行動に支障が出ているようには見えないが、これは重症過ぎて逆に痛み等が感じなくなっていたか、あるいは自棄になって精神と神経に異常を来たして、痛覚が麻痺してしまった為とも考えられる。

実際にエンボスは被害妄想がとても強い状態に陥り、レダーウイルスに感染した状態で圧縮冷凍された理由は不明だが、上述の点から逆に圧縮冷凍をするしか対処できなかったとも考えられる。
その一方で、圧縮冷凍状態では周囲への感染被害が出なかったようだが、ウイルス故に超低温では活動も抑制されるのかも知れない。

ちなみにデザインモチーフとなったのはムンクの叫びである。

声を演じる夏井氏は昨年の『救急戦隊ゴーゴーファイブ』にて探索サイマ獣デスタグの声を演じた。

関連タグ

未来戦隊タイムレンジャー ロンダーズファミリー
ロンダー囚人 ヘルズゲート囚人
マッドサイエンティスト バイオテロ 無敵の人
白い悪魔

コウモリモズー:『大戦隊ゴーグルファイブ』にて、同じくウイルス感染にちなんだ作戦を決行した繫がりの戦隊怪人

ン・ダグバ・ゼバ同時期に放送されていた仮面ライダーのラスボスで、声優及び身体の色が白である点が同じ。ただしあちらの声優は第1話のみである。

クトゥーラ:同じくムンクの叫びをモチーフにした特撮悪役。

エボラ・シンドローム:エンボスと似たような行動に走った主人公が登場する作品。

Covidiot俺コロナ:『タイムレンジャー』の放送から20年後にCOVID-19(新型コロナウイルス)が現実世界で世界的大流行した際、エンボスと同様の行為をした連中。

関連記事

親記事

ヘルズゲート囚人 へるずげーとしゅうじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 549

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました