ピクシブ百科事典

平成戦隊

へいせいせんたい

スーパー戦隊シリーズのうち、平成時代に放送された作品の総称である。
目次[非表示]

該当作品

番号作品名放送年備考
1高速戦隊ターボレンジャー平成元年(1989年)初の車スーパー戦隊にして高校生戦隊
2地球戦隊ファイブマン平成2年(1990年)初の兄弟戦隊
3鳥人戦隊ジェットマン平成3年(1991年)
4恐竜戦隊ジュウレンジャー平成4年(1992年)初の恐竜スーパー戦隊 美少女戦士セーラームーンシリーズ開始 
5五星戦隊ダイレンジャー平成5年(1993年)
6忍者戦隊カクレンジャー平成6年(1994年)初の忍者スーパー戦隊にして和風戦隊
7超力戦隊オーレンジャー平成7年(1995年)スーパー戦隊20周年記念作品
8激走戦隊カーレンジャー平成8年(1996年)スーパー戦隊20作記念作品
9電磁戦隊メガレンジャー平成9年(1997年)美少女戦士セーラームーンシリーズ終了
10星獣戦隊ギンガマン平成10年(1998年)
11救急戦隊ゴーゴーファイブ平成11年(1999年)おジャ魔女どれみシリーズ開始
12未来戦隊タイムレンジャー平成12年(2000年)20世紀の最後の作品。仮面ライダークウガ放送開始
13百獣戦隊ガオレンジャー平成13年(2001年)スーパー戦隊25作記念作品かつ21世紀の最初の作品
14忍風戦隊ハリケンジャー平成14年(2002年)xxレンジャー以外で最初のxxジャー
15爆竜戦隊アバレンジャー平成15年(2003年)おジャ魔女どれみシリーズ終了 明日のナージャ放送開始
16特捜戦隊デカレンジャー平成16年(2004年)明日のナージャ放送終了 プリキュアシリーズ放送開始
17魔法戦隊マジレンジャー平成17年(2005年)
18轟轟戦隊ボウケンジャー平成18年(2006年)スーパー戦隊30作記念作品
19獣拳戦隊ゲキレンジャー平成19年(2007年)
20炎神戦隊ゴーオンジャー平成20年(2008年)
21侍戦隊シンケンジャー平成21年(2009年)初の仮面ライダーとコラボした作品
22天装戦隊ゴセイジャー平成22年(2010年)
23海賊戦隊ゴーカイジャー平成23年(2011年)スーパー戦隊35作記念作品
24特命戦隊ゴーバスターズ平成24年(2012年)
25獣電戦隊キョウリュウジャー平成25年(2013年)
26烈車戦隊トッキュウジャー平成26年(2014年)
27手裏剣戦隊ニンニンジャー平成27年(2015年)
28動物戦隊ジュウオウジャー平成28年(2016年)スーパー戦隊40作記念作品
29宇宙戦隊キュウレンジャー平成29年(2017年)
30快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー平成30年(2018年)
31騎士竜戦隊リュウソウジャー平成31年/令和元年(2019年)元号跨ぎで放送。


放送時間の変遷

主に関東地区を基準とする。

『ターボレンジャー』第31話まで:土曜日18時~18時25分
『ターボレンジャー』第32話~『メガレンジャー』第7話:金曜日17時30分~17時55分
『メガレンジャー』第8話~『キュウレンジャー』第31話:日曜日7時30分~8時00分

『メガレンジャー』第7話までは25分だったが、日曜日に移動してからは『科学戦隊ダイナマン』以来14年ぶりに30分に戻った。

『キュウレンジャー』第32話~現在:日曜日9時30分~10時00分

概要

元号「平成」の時期に放送されたスーパー戦隊シリーズ。長年放送され続けたシリーズとしてはあまり区分化されていないが、近年仮面ライダーシリーズが「昭和ライダー」「平成ライダー」と区分し始めたことに伴ってか、ファンから作られた言葉。昭和戦隊の数を倍以上超えている。
ただし、ライダーやウルトラのように明確な区分ではない。戦隊は中断が無く、数年かけて徐々に内容やスタッフなどを変えていくスタイルから、どこで区分しても中途半端になるという特徴がある。
「この戦隊から戦隊は変わった!これ以降は新シリーズ!」みたいなことを言うと荒れるため、天皇に決めてもらうということである。

『タイムレンジャー』までが20世紀で、『ガオレンジャー』から21世紀である。
ゴーカイジャーEDの『スーパー戦隊ヒーローゲッター』では1番が昭和戦隊2番がそれ以降の20世紀戦隊、3番が21世紀戦隊となっている。

2019年放送の騎士竜戦隊リュウソウジャーは、放送開始時は平成であったが放送期間中に令和に改元。2020年放送の次作・魔進戦隊キラメイジャーがニュース・メディアなど各種媒体で「令和最初のスーパー戦隊・作品」として取り上げられているため、リュウソウジャーが「平成最後のスーパー戦隊・作品」に位置づけられる。同作品が令和最初とされる資料の存在が確認できる(→ソース)が、資料自体は「魔進戦隊キラメイジャー」発表前のものであり、この時点で確定は出来なかった。同じく放送期間中に元号が変わった超獣戦隊ライブマン放送開始が昭和であった理由から昭和戦隊扱いであった。
ソース1ソース2ソース3

なお、「平成」という区分ではあまりに広範囲になるためなのか、東映特撮Youtube Officialでは元号ではなく1990年代戦隊2000年代戦隊2010年代戦隊という更に細分化したものを使っている。

主なスタッフ・キャスト

27作品すべてにかかわっているのは、監督の渡辺勝也である。『ジェットマン』までは助監督、『ジュウレンジャー』からは監督としてシリーズを支え続けている。
また、特撮監督の佛田洋は『ファイブマン』から携わっている。

特徴

ビジュアル

  • オーレンジャー以降、顔出し怪人の減少が激しくなった。
  • フィルムの画質が上がって違和感が出やすくなったためか、クロマキー合成をほとんど使わなくなっていた時期がある(メガレンジャーぐらいまで)。その後デジタル化が進むが、撮影自体はシンケンジャーまでフィルムであり、貴重なフィルム撮り作品となっていた。
  • ロボデザインが有機的になった。


内容

  • 世間のファンタジーブームを受けてファンタジー戦隊が流行。初代ライダー以来伝統のスポ根的な要素が薄れ、今風の内容にシフトしていく。
  • 30分枠に復帰してからは変身シーンが長くなる。
  • ダンスEDの急増。
  • 深刻な規制強化。ゴーオンジャーまではAV女優をニチアサキッズに見せる懐の深さがあったのだが…。


その他

  • ジャーの多さ。戦隊パロディといえば何とかマンだったのが一気に何とかジャーになった。
  • パワーレンジャーの登場。戦隊が続いたのはだいたいこれのお陰かもしれない。


都市伝説

近年の仮面ライダーと同じくジュウオウジャー以降数字のコジツケが存在する。
10:「ジュウ」オウジャー ジュウ=十
9:「キュウ」レンジャー 9人スタート
8:ル「パ」ンレンジャーVS「パ」トレンジャー パ=8の中国語読み
7:リュウソウジャー 名前に7は無いがタイトルロゴ背景の模様が7に見える
6:キラメイジャー 「ラ」を横にするとローマ数字の「Ⅵ」に見える
5:???

途中で既に改元している事については気にしたら負けである。

関連タグ

スーパー戦隊シリーズ 平成時代

昭和戦隊→平成戦隊→令和戦隊

その他

平成ゴジラ 平成ガメラ 平成ウルトラマン 
平成ライダー  平成プリキュア

平成時代に活躍したニチアサキッズタイム

作品仮面ライダースーパー戦隊プリキュア
1-高速戦隊ターボレンジャー-
2-地球戦隊ファイブマン-
3-鳥人戦隊ジェットマン-
4-恐竜戦隊ジュウレンジャー-
5-五星戦隊ダイレンジャー-
6-忍者戦隊カクレンジャー-
7-超力戦隊オーレンジャー-
8-激走戦隊カーレンジャー-
9-電磁戦隊メガレンジャー-
10-星獣戦隊ギンガマン-
11-救急戦隊ゴーゴーファイブ-
12仮面ライダークウガ未来戦隊タイムレンジャー
13仮面ライダーアギト百獣戦隊ガオレンジャー-
14仮面ライダー龍騎忍風戦隊ハリケンジャー-
15仮面ライダー555爆竜戦隊アバレンジャー-
16仮面ライダー剣特捜戦隊デカレンジャーふたりはプリキュア
17仮面ライダー響鬼魔法戦隊マジレンジャーふたりはプリキュアMaxHeart
18仮面ライダーカブト轟轟戦隊ボウケンジャーふたりはプリキュアSplash☆Star
19仮面ライダー電王獣拳戦隊ゲキレンジャーYes!プリキュア5
20仮面ライダーキバ炎神戦隊ゴーオンジャーYes!プリキュア5GoGo!
21仮面ライダーディケイド侍戦隊シンケンジャーフレッシュプリキュア
22仮面ライダーW天装戦隊ゴセイジャーハートキャッチプリキュア
23仮面ライダーOOO海賊戦隊ゴーカイジャースイートプリキュア
24仮面ライダーフォーゼ特命戦隊ゴーバスターズスマイルプリキュア
25仮面ライダーウィザード獣電戦隊キョウリュウジャードキドキ!プリキュア
26仮面ライダー鎧武烈車戦隊トッキュウジャーハピネスチャージプリキュア!
27仮面ライダードライブ手裏剣戦隊ニンニンジャーGo!プリンセスプリキュア
28仮面ライダーゴースト動物戦隊ジュウオウジャー魔法つかいプリキュア!
29仮面ライダーエグゼイド宇宙戦隊キュウレンジャーキラキラ☆プリキュアアラモード
30仮面ライダービルド快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーHUGっと!プリキュア
31仮面ライダージオウ騎士竜戦隊リュウソウジャースター☆トゥインクルプリキュア

関連記事

親記事

スーパー戦隊 すーぱーせんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「平成戦隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40518

コメント