ピクシブ百科事典

恐竜スーパー戦隊

きょうりゅうすーぱーせんたい

読んで字のごとく恐竜をモチーフとしたスーパー戦隊
目次[非表示]

一覧

  1. 1992年 恐竜戦隊ジュウレンジャー
  2. 2003年 爆竜戦隊アバレンジャー
  3. 2013年 獣電戦隊キョウリュウジャー
  4. 2019年 騎士竜戦隊リュウソウジャー


概要

恐竜は怪獣に類似するイメージなどから敵組織でモチーフとなるキャラはいたがヒーローのモチーフに用いられる事は少なかった。しかし、ジュウレンジャー以降の作品では物語全体だけでなく単独ロボや変身アイテムにも当てはめられ、今やスーパー戦隊シリーズの定番モチーフの一つとなっている。また大人子供問わずに人気が高いのもあり玩具の売り上げも常に安定してると言える。

リュウソウジャー放送前に公開された映画『恐竜大決戦!さらば永遠の友よ』にて一部の追加戦士を除いた全員が集結し恐竜戦隊ファンを熱狂させた。

恐竜戦隊共通モチーフとして「ティラノサウルス」、「トリケラトプス」、「プテラノドン」の所謂御三家がモチーフに採用されていたが、騎士竜戦隊リュウソウジャーでは初めてプテラノドンモチーフの戦士は登場しなかったが、ロボットのモチーフとしては登場している。

共通点

全恐竜系戦隊に共通

ヒーロー関連


敵関連


3戦隊のみに共通

ジュウレンジャー以外共通

  • 1号ロボが3体合体。
    • ジュウレンジャーの大獣神のみ5体合体。
  • EDにダンスがある
    • 『アバレンジャー』のTVシリーズではバーミア兵のみが踊るが、劇場版・OVAでは主要登場人物が踊る。
    前後戦隊とのVS作品がある。
    • 『ジュウレンジャー』時点ではVSシリーズが定番化していなかった(一応、シリーズ化になる前の『ジャッカーVSゴレンジャー』などが存在する)。
    • シリーズ化(定番化)したのは、『オーレンジャーVSカクレンジャー』以降。
    • なお、定番化したからといって必ずしも前後戦隊とVS作品が存在するわけではなく、記念作品の場合『VSスーパー戦隊』や『VS宇宙刑事ギャバン』となった作品もあり、諸事情で制作されなかった場合などもあるため、今後、『ジュウレンジャー』以外の恐竜スーパー戦隊の例が出てくるかもしれない(記念作品の一つ前になってしまった恐竜スーパー戦隊など)。


アバレンジャー以外共通

  • 紅一点の女性戦士がピンク
  • の主軸となるストーリーが重め(所々ギャグやコミカルなシーンもあるが)。
  • 公式で漢字表記が存在する。
    • ジュウレンジャー→獣連者
    • キョウリュウジャー→強竜者
    • リュウソウジャー→竜装者。
  • 合体時のコードが五星戦隊ダイレンジャー以降では恒例の「〇〇戦隊の〇〇+合体!!」ではない。
    • ジュウレンジャーは「合体!大獣神」
    • キョウリュウジャーは「カミツキ合体!」
    • リュウソウジャーは「竜装合体!」
    • アバレンジャーのみ多くの戦隊と同じく戦隊の前フレーズを取った「爆竜合体!」
  • 生身アクションが多め。


キョウリュウジャー以外共通


リュウソウジャー以外共通

  • 追加戦士は元々初期メンバーと敵対関係にあった。
    • 番外戦士も含めれば、リュウソウジャーも含まれる。
  • 合体可能な個人武器を持っている。
    • キョウリュウジャーはアームド・オンしてから個人武器が登場する。
  • 尻尾がドリルになっているメカがいる。
    • ジュウレンジャーはドラゴンシーザー。
    • アバレンジャーは爆竜ティラノサウルス。
    • キョウリュウジャーはドリケラ。
  • 特撮作品以外での外部コラボがある。


一部共通

ジュウレンジャーとアバレンジャー


ジュウレンジャーとキョウリュウジャー


ジュウレンジャーとリュウソウジャー

  • メンバーが現代人ではない。
    • ジュウレンジャーは恐竜時代に眠り現代に甦った恐竜人類。
    • リュウソウジャーは古代人類リュウソウ族の末裔。
    • 追加戦士も含めれば、キョウリュウジャーも含まれる。
  • ナイトと騎士。
    • ジュウレンジャーでは「ナイト」の称号を持つ戦士たちがおり、リュウソウジャーでは「騎士」の称号を持つ戦士たちがいる。
  • メンバーの名前がカタカナ表記で、苗字を持たない。
    • キョウリュウジャーも多くのメンバーはカタカナ表記だが、苗字が付いているため完全にカタカナのみの2戦隊とは少し異なる。アバレンジャーでは地球人ではないアスカのみ該当。
  • 戦隊内に1組の兄弟がいる。
  • 知恵勇気を司る戦士がいる。


アバレンジャーとキョウリュウジャー

  • 変身に必要な精神的な力がある(ダイノガッツブレイブ)。
  • 1号ロボの右腕がブルーのメカ、左腕がドリル。
    • ティラノモチーフのメカの変形機構も似ている。
  • 追加戦士の相棒が翼竜で強化合体時に1号ロボの背中にくっつく。
  • レギュラー変身者の中に別世界(次元)の人間が1人いる。
  • レギュラー陣の名前に恐竜関連が含まれている。
    • アバレンジャーは(アバレブラック以外の)苗字に恐竜が生きた時代の名前を捩ったもの、キョウリュウジャーはレギュラーキャラ全員の苗字名前でアナグラム
  • 公式で擬人化したキャラがいる。


アバレンジャーとリュウソウジャー

  • 変身アイテムブレス型。
  • 1号ロボはティラノの頭部が前方にくる。
  • ティラノサウルスが人語を話せる他、「ティラー」と言う(爆竜ティラノサウルスは人語を話す際の語尾に、ティラミーゴは鳴き声)。
    • 映画も含めれば、キョウリュウジャーも含まれる。
    協力者が一般人。
    • 彼らの住居地が拠点となり、そこで寝泊まりする点も共通。
  • 警察戦隊に逮捕されたことがある。ゴーカイジャーやキュウレンジャーも同様の逮捕があり、警察戦隊とのコラボとの定番。前後作品が警察戦隊だったゆえの共通点とともいえる。
    • アバレンジャーは初期三人、リュウソウジャーはブラックとグリーン。


キョウリュウジャーとリュウソウジャー

  • 初期メンバーのカラーが
  • 名乗りに一部共通のフレーズが入る。
    • キョウリュウジャーの「○○の勇者」、リュウソウジャーは「○○の騎士」。
  • 名乗りの最後にレッドが決め台詞を言う。
  • 右腕に武装をする(アームド・オンと竜装)。
  • それぞれのキーアイテムは恐竜の力を宿したもので、一部は特殊な効果を発揮することが出来る。
    • 重力を操る:アーケノロンとオモソウル
    • 催涙ガス:オビラップーとクサソウル
    • 対象を膨らませる:プクプトルとプクプクソウル
    • 対象を増やす:フタバインとフエソウル
    • 対象の目を回す:グルモナイトとマワリソウル
  • 武器はキーアイテムを恐竜型の口に飲み込ませて使う。
  • アイテムがよく喋る。
  • 変身音が陽気。
    • キョウリュウジャーは本人達がサンバダンスを踊る。
    • リュウソウジャーは周りのリュウソウルが盆踊りをする。
  • 1号ロボの配色が
  • キーアイテム(獣電池とリュウソウル)を相棒に投げるとそれが巨大化する。
  • ロボの操縦方法がトレース式。
  • EDダンスでは恐竜(獣電竜と騎士竜)も一緒に踊る。
  • 劇場版では福井県の恐竜博物館がロケ地となっており、テレビ版EDでもそこでダンスをする点も共通。
  • ブルーとブラックのスーツアクターが同一人物。
  • 本編監督が坂本浩一監督のエピソードがある。
  • (偶然かもしれないが)レッドを演じている俳優が、同じ事務所の先輩後輩。
  • 放送年のプリキュアシリーズ作品が高橋晃がキャラクターデザインを担当した作品となっている


各作品の恐竜の種類

守護獣・獣騎神ジュウレンジャー) → 
爆竜・武鋼竜アバレンジャー) → 普通の進化過程で機械生命体
獣電竜キョウリュウジャー) → 後天的なサイボーグ
騎士竜リュウソウジャー) → 古代人類が生み出した人工的な生命体

守護獣、獣電竜は意思疎通(守護獣の場合、大獣神になると喋るが)、爆竜は人間界の言葉を喋る。騎士竜は全員意思疏通可能だが、人間界の言葉を喋るのは一部のみ。

各恐竜のモチーフ

括弧内はモチーフになった戦士の名前。
デザインの幅を広くするため古代哺乳類や幻獣なども含まれている。

恐竜

獣脚類

時代による恐竜研究が大いに反映されており、守護獣ティラノザウルスの姿勢が当時考えられていた「ゴジラ型」だったのが、爆竜ティラノサウルスでは「バランス型」になり、獣電竜ガブティラは更に羽毛が生えている。

いずれも特殊な立ち位置のキャラクター。

周飾頭類

ティラノサウルスと並んで、必ず採用されるモチーフの1つ。


竜脚類

どの作品でも1番巨大で、他のメカの纏め役。

鳥脚類


装盾類

アバレンジャーではサポートメカ、キョウリュウジャーでは番外戦士のパートナー、リュウソウジャーではメイン戦士のパートナーというようにどんどん立ち位置が良くなっている。


恐竜以外のモチーフ

翼竜

翼竜だが採用される頻度が高めのモチーフ。


鰭竜類


単弓類


海棲爬虫類


頭足類


爬虫類


古代哺乳類


幻獣


創造恐竜

オリジナル恐竜は何らかのモチーフはあるが公式では明記はされてない。
※はモチーフと思われる生物。

その他戦隊の恐竜型巨大メカ

獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ

韓国でのキョウリュウジャーの続編に当たる。


恐竜スーパー戦隊以外

上記4戦隊以外にも恐竜型メカが登場する戦隊は多い。そして所有者が追加戦士の場合やはり死に関連する要素が登場する。『スーパーヒーロー大戦Z』に登場した必殺技「獣電ブレイブストライクエンド」では一部がエフェクトとして登場する。


関連イラスト

恐竜スーパー戦隊大決戦!赤きティラノ戦士達!荒れるぜダイノ魂!!
恐竜スーパー戦隊



関連タグ

恐竜 恐竜戦隊 スーパー戦隊 スーパー戦隊シリーズ 平成戦隊 令和戦隊

ティラノサウルスを主題とする作品一覧 恐竜戦士の死亡フラグ

戦隊モチーフ繋がり
忍者スーパー戦隊 動物スーパー戦隊 拳法スーパー戦隊 車スーパー戦隊 職業スーパー戦隊 民族スーパー戦隊 高校生戦隊 兄弟戦隊 和風戦隊

関連記事

親記事

動物スーパー戦隊 どうぶつすーぱーせんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「恐竜スーパー戦隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16877

コメント