ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

演:出合正幸(二役)


概要

ブレイブ38で登場した鉄砕の子孫で、見た目は彼に瓜二つ。

なんと彼はアミィラッキューロが愛読している少女漫画『らぶbeぼーる タッチダウン!』の作者「青柳ゆう」であった

いつもファンレターをくれる病気のファン(実はラッキューロ)のお見舞いに行きたいが、自分が男だと知ればファンのイメージを崩してしまうという理由で、アミィに代役を頼んだ。


ちなみにラグビー漫画であるにもかかわらず、タイトルがタッチダウンである事に対して、鉄斎から「トライだろ!」と陰で突っ込まれていたが、『らぶbeぼーる タッチダウン!』の主人公であるおっきーは憧れの大森先輩目当てでラグビー部のマネージャーとして入り、一話で間違えたのでタイトルになっているらしい。

この説明を作中でしたのはトリンでトリンはアミィが置いていった漫画を読んでいたので知っていた。


スピリットが復活しない鉄砕は、真也をグレーの後継者にしようと考えるが、そんな真也の行動に軟弱だと激怒。「真実を告げろ」とファンの下へ向かわせる。そこで真也は女性がデーボス軍に襲われているのに遭遇、果敢にも立ち向かい女性を助けた。

真也は困っている女性を放っておけない性格で、漫画を描き始めたのも高校時代ラグビー部のマネージャー達を励ますためだったという。


真也の熱いブレイブに刺激された鉄砕は、スピリットが燃え上がり復活。キョウリュウジャー達でデーボス軍を撃破した後、改めて真也を後継者にしようと修行用の箱庭を取り出すが、他のメンバーたちに止められた。


そしてブレイブ47にて、鉄砕がラミレスと共に大地の闇に向かうのに伴い、キョウリュウグレーを襲名、前線に赴くこととなった。


「トッキュウジャーVSキョウリュウジャー」にも登場。変身後の姿(声のみ)での登場だったが、創造主デビウス撃退に加勢した。


余談

企画当初から存在していたわけではなく、キョウリュウグレーを継ぐのはジェントルの予定だったが、同じ顔の人物の方が分かりやすいのではないかという理由で設定されたキャラクターである。


関連タグ

獣電戦隊キョウリュウジャー 2代目キョウリュウグレー


鉄砕/キョウリュウグレー:初代


鬼頭はるか:漫画家の戦士。

関連記事

親記事

鉄砕 てっさい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29533

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました