ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
アミィ結月
32
アミィ結月とは、『獣電戦隊キョウリュウジャー』のキャラクター。

「どうせキャンデリラが化けてるんでしょ?」

プリンス?その格好、ブレイブが宿ったのね!」


データ

職業女子大生
年齢18歳
一人称???
口癖「ワォ!」
今野鮎莉
テーマソングShow me Call me I'm アミィ!

概要

アメリカ実家の女子大生でメンバーの紅一点

アメリカ滞在中に獣電竜ドリケラと戦う機会を得て見事勝利、キョウリュウピンクに変身する資格を得た。

「TIGER BOY」という、どこぞのダイム族ナイトを連想させる名前のファミレスでバイトをしている。イアンと同じく英語も多用する。

変身前でもかなり強く、特に足技に長ける。ブレイブ2での様子から家でも訓練を欠かさない。


実はかなりのお金持ちの家のお嬢様。それゆえ執事のジェントルには言葉遣い等について口うるさく言われているが、本質はおてんばな暴れん坊娘。明るく優しい面と、他のメンバーに負けず劣らずの暴れっぷりを併せ持つため、何だかえげつなく見えることも(特にブレイブ6のデーボ・ウイルスン戦)。


ちなみに空蝉丸の渾名である「ウッチー」ガブティラ・オーバーチャージモード「ミニティラ」の名付け親。


人間関係

人懐っこい性格のため、メンバーとの関わりも非常に多く、立風館ソウジの笑顔を見ようと試行錯誤したりすることもあった。またラミレス空蝉丸弥生等のような時代や育った環境が違う追加戦士に対しても気遣いをみせ、彼らの橋渡しのような存在となっている。


ダイゴとの関係性

ダイゴとはワクワクすると身体が勝手に動くという部分で似た者同士。最初に正体を明かしたのもアミィだった。

元々は戦隊の仲間という関係性だったが、いつからか彼を意識するようになり、弥生がダイゴに積極的にアプローチしている姿を見て頬を膨らませながら「面白くない」と言う姿も見られた。ダイゴとは物語の終盤に多く行動を共にし、カップルフラグも立った。アミィを演じた今野鮎莉氏によると結婚したらしく、Vシネマではも登場している。


女子力

端的に言うと残念な美人。礼儀作法に疎く、普通にガサツな面もあり、特に足癖が悪い。が、それは自覚しており、足でTVリモコンを操作しているのは「恥ずかしい」と自分で思いつつも辞められないようである(しかしその足の器用さで拘束されている仲間の縄を解き,ピンチを脱したこともある)。トリンからは「戦隊力は高いのに女子力が低過ぎる」と言われているが、ジェントルにきつく躾けられているためなのか、他はガサツでも女性語だけは一応使っている。

また、スピリットベースに私物を置きっ放しにしており、トリンが『らぶタッチ』(キョウリュウジャーの世界に存在する少女漫画)に詳しいのもアミィが置いていった雑誌や単行本を空いた時間に読んでいるためである。

ブレイブ40ではスピリットベースでDVD鑑賞もしている事が判明(当然置きっ放しの上、操作も足でしている)。そのため同話のデーボモンスターであるデーボ・カントックの能力でイメージされた映画は全部彼女が見ていたジャンルの映画であり、ダイゴからは少し怒ったトーンで詰められており空蝉丸からは飽きられている。

巨大化したカントックの能力でイメージされた怪獣映画が出たのも、キョウリュウジンを呼ぶ直前にダイゴが「何も考えるなよ!」と言った直後であった。


本編後の活躍

第32話第33話に登場。

単独で獣電竜達が囚われている場所を探していたが、発見の連絡中にゾーリ魔の大群に襲われ孤軍奮闘する中、連絡を受け駆け付けたプリンスギラに助けられる。

その後、ブレイブを取り戻し変身して仲間たちと合流。共に兜武神デーボスを撃破した。

なお、プリンスに助けられた際「か……アミィさん」と言い直されており、その後彼が名乗った本名を踏まえるとそういうことである可能性が高いが、公式では明言されていない。

なお、そのことを察したイアン達に視線を向けられたものの、当の本人は全く気付いていなかったさすが鈍感…。


本作でも登場。デーボス軍に支配されて20年が経過した世界線では、息子のプリンスがダイゴとの子供であることを空蝉丸に明かした上で彼に託した。

その後、最終決戦の場にも登場。本編と同様にリタ/パピヨンオージャーと共闘するだけでなく、弥生/キョウリュウバイオレットとも10年ぶりに共闘しており、3人でヒルビル・リッチを撃破した。


余談

演者の今野氏は女子大生役だが当時16歳で、高校生のソウジ役の塩野瑛久氏より年下。

2018年7月に女優業を引退しているが、10周年記念の『キングオージャー』客演に際して特別に復帰している。

また、同作品の結月との絡みを期待されていたが変身後のみでの交流となった。


関連イラスト


関連タグ

獣電戦隊キョウリュウジャー キョウリュウピンク

戦隊ヒロイン

鹿鳴館香西堀さくら→家がお嬢様のヒロインつながり。

メイ→先代ピンク恐竜戦士。家が裕福である点が共通。

アスナ→次代ピンク恐竜戦士。家が裕福であること、好奇心が旺盛であること、力が強いことなど、アミィと共通点が非常に多い。


戦隊ピンク

アイム・ド・ファミーユアミィ結月カグラ

「どうせキャンデリラが化けてるんでしょ?」

プリンス?その格好、ブレイブが宿ったのね!」


データ

職業女子大生
年齢18歳
一人称???
口癖「ワォ!」
今野鮎莉
テーマソングShow me Call me I'm アミィ!

概要

アメリカ実家の女子大生でメンバーの紅一点

アメリカ滞在中に獣電竜ドリケラと戦う機会を得て見事勝利、キョウリュウピンクに変身する資格を得た。

「TIGER BOY」という、どこぞのダイム族ナイトを連想させる名前のファミレスでバイトをしている。イアンと同じく英語も多用する。

変身前でもかなり強く、特に足技に長ける。ブレイブ2での様子から家でも訓練を欠かさない。


実はかなりのお金持ちの家のお嬢様。それゆえ執事のジェントルには言葉遣い等について口うるさく言われているが、本質はおてんばな暴れん坊娘。明るく優しい面と、他のメンバーに負けず劣らずの暴れっぷりを併せ持つため、何だかえげつなく見えることも(特にブレイブ6のデーボ・ウイルスン戦)。


ちなみに空蝉丸の渾名である「ウッチー」ガブティラ・オーバーチャージモード「ミニティラ」の名付け親。


人間関係

人懐っこい性格のため、メンバーとの関わりも非常に多く、立風館ソウジの笑顔を見ようと試行錯誤したりすることもあった。またラミレス空蝉丸弥生等のような時代や育った環境が違う追加戦士に対しても気遣いをみせ、彼らの橋渡しのような存在となっている。


ダイゴとの関係性

ダイゴとはワクワクすると身体が勝手に動くという部分で似た者同士。最初に正体を明かしたのもアミィだった。

元々は戦隊の仲間という関係性だったが、いつからか彼を意識するようになり、弥生がダイゴに積極的にアプローチしている姿を見て頬を膨らませながら「面白くない」と言う姿も見られた。ダイゴとは物語の終盤に多く行動を共にし、カップルフラグも立った。アミィを演じた今野鮎莉氏によると結婚したらしく、Vシネマではも登場している。


女子力

端的に言うと残念な美人。礼儀作法に疎く、普通にガサツな面もあり、特に足癖が悪い。が、それは自覚しており、足でTVリモコンを操作しているのは「恥ずかしい」と自分で思いつつも辞められないようである(しかしその足の器用さで拘束されている仲間の縄を解き,ピンチを脱したこともある)。トリンからは「戦隊力は高いのに女子力が低過ぎる」と言われているが、ジェントルにきつく躾けられているためなのか、他はガサツでも女性語だけは一応使っている。

また、スピリットベースに私物を置きっ放しにしており、トリンが『らぶタッチ』(キョウリュウジャーの世界に存在する少女漫画)に詳しいのもアミィが置いていった雑誌や単行本を空いた時間に読んでいるためである。

ブレイブ40ではスピリットベースでDVD鑑賞もしている事が判明(当然置きっ放しの上、操作も足でしている)。そのため同話のデーボモンスターであるデーボ・カントックの能力でイメージされた映画は全部彼女が見ていたジャンルの映画であり、ダイゴからは少し怒ったトーンで詰められており空蝉丸からは飽きられている。

巨大化したカントックの能力でイメージされた怪獣映画が出たのも、キョウリュウジンを呼ぶ直前にダイゴが「何も考えるなよ!」と言った直後であった。


本編後の活躍

第32話第33話に登場。

単独で獣電竜達が囚われている場所を探していたが、発見の連絡中にゾーリ魔の大群に襲われ孤軍奮闘する中、連絡を受け駆け付けたプリンスギラに助けられる。

その後、ブレイブを取り戻し変身して仲間たちと合流。共に兜武神デーボスを撃破した。

なお、プリンスに助けられた際「か……アミィさん」と言い直されており、その後彼が名乗った本名を踏まえるとそういうことである可能性が高いが、公式では明言されていない。

なお、そのことを察したイアン達に視線を向けられたものの、当の本人は全く気付いていなかったさすが鈍感…。


本作でも登場。デーボス軍に支配されて20年が経過した世界線では、息子のプリンスがダイゴとの子供であることを空蝉丸に明かした上で彼に託した。

その後、最終決戦の場にも登場。本編と同様にリタ/パピヨンオージャーと共闘するだけでなく、弥生/キョウリュウバイオレットとも10年ぶりに共闘しており、3人でヒルビル・リッチを撃破した。


余談

演者の今野氏は女子大生役だが当時16歳で、高校生のソウジ役の塩野瑛久氏より年下。

2018年7月に女優業を引退しているが、10周年記念の『キングオージャー』客演に際して特別に復帰している。

また、同作品の結月との絡みを期待されていたが変身後のみでの交流となった。


関連タグ

獣電戦隊キョウリュウジャー キョウリュウピンク

戦隊ヒロイン

鹿鳴館香西堀さくら→家がお嬢様のヒロインつながり。

メイ→先代ピンク恐竜戦士。家が裕福である点が共通。

アスナ→次代ピンク恐竜戦士。家が裕福であること、好奇心が旺盛であること、力が強いことなど、アミィと共通点が非常に多い。


戦隊ピンク

アイム・ド・ファミーユアミィ結月カグラ

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • ほんとうのなまえ

    金桃@パラレルです。先生ウッチーと生徒アミィちゃん(高3)です。パラレルが苦手な方は回れ右でお願いします。何度でも言おう、ウッチーはハイスペックだと・・・!無駄に長文・駄文です、すみません(土下座)。誤字・脱字など、気が付いた際は後程修正します。
  • 食べちゃいたいくらい……

     いつも拝見してますスイーツのイラストに触発されまして、“食べちゃいたいくらいかわいい”を目指してみましたが……下書きの時点で挫折しました(涙)  ウッチーがアミィちゃんを捕食(?)する日はまだまだ先のようです。(寧ろ、捕食される構図しか浮かばない……)
  • 真夏の怪

     百物語のバナーに当てられて、突発的に書いてみました。  ウッチーは昔の人だからオバケの類が苦手だと良いと思います。
  • Tea time story

    Tea time story 17

    お待たせ致しましたー(!?)久々に紅茶王子でこざいます。 ヴァンパイアンに掛かりきりになっていましたが、やっとこちらの世界に戻って参りました。 学園の買い取りを目論む財閥の御曹司の光彦から『許嫁』だと告げられ、困惑しきりのアミィ。しかも、彼の言ったとおり親公認というのは嘘ではないようで―― アミィの将来を救うべく(!?)、イアンを陣頭指揮として仲間達は作戦を打ち立てますが……。 前のお話→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3773898 次のお話→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3868429
  • Cherry blossom

    Cherry blossom2

    キョウリュウジャー。前回の「Cherry blossom」の続きです。前提として緑・黒→桃→赤の一方通行です。   これがどう展開していくのか、そもそも続くのかというところは私自身さっぱりわかりません。   今回は緑と黒のお話。大きな展開や事件があるわけではなく、ただ緑と黒がしゃべってるだけのお話です。 まだそれぞれの性格とか喋り方とかイマイチ掴みきれてなくて、コレジャナイ感があるかもしれません。 タグにはアミィの名も入れましたが、アミィは出てきません。   のっさんディスってんの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、全然そんなことはありません。 って言うか、桃→赤とは別の意味で桃→青?青桃?なんじゃないかと勝手に思ってます。兄妹のような、親子のような感じで「のっさん大好き!」なアミィちゃんじゃないかと。    表紙は前回に引き続き、お借りしました。ありがとうございました。
  • 女子力と鈍感

    空蝉丸にセーラー服を着せたいという欲望のままに書いた作品(笑)まさか、ちょっと腐ってしまうとは・・・。自分でも驚き∑(・д・)!■たくさんの方の閲覧・評価・ブクマ・・・。ありがとうございます!
  • Tea time story

    Tea time story 12

    前回の続きでございます。 イアンが思いも寄らない行動に出て、アミィちゃんはすっかり動揺してしまったようです……。 因みにこちらのお話は、別で描いているヴァンパイアンのお話とは一切関係ありません。分かってるとは思いますが……。 補足として……作中に出てくるダイゴの絶叫系苦手な設定は、まんま中の人のエピソードを採用してあります。分かる人は分かるかな? 前のお話→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3533686 次のお話→http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=3581957
  • 草食恐竜の反撃

    初投稿です!15日のダイアミの日に便乗して、こっそりアップしようと思っていたのにまんまと遅刻しました(汗) 肉食キングと強気なアミィ、頭脳じゃない側だけどどこまでも前向きでブレイブな二人が好きです。
  • 海へ行こう

    soraneko様のリクエストです^^ いつ見てもキング愛されてる(^^)
  • なまえをよんで

    声が出なくなってしまったアミィちゃんと看病するウッチーの話。時間軸はロッソ公演@カーニバルですが、ネタバレはしてない・・・筈です。昨日(11/23)の公演を観に行ったんですが、アミィちゃんの声が全く出なくなってしまっていて物凄く心配になりまして、早く治って欲しいという願いを込めて一気に書きました。どうかアミィちゃんの喉が早く治りますように・・・!!!誤字・脱字など、気付いたら後程修正します。
  • キョウリュウ単品

    今、この時を…

     またまた、久しぶりですが、少し余裕が戻ってきました。もうちっと、書けるようになったらいいなぁ☆ てなことで、何故か『キョウリュウジャー』です^^ 色々あって、スランプに近い感じだったのを、この『戦隊』のパワーが打ち破ってくれそうです。  とりあえず、一押しは雷遣いの戦国生まれの剣士…。でも、最近はどうにも、“伝説の豪剣士”には見えないんだけど;;; それはそれで、面白いから困る。
  • 異邦の夢

     メガテン4の攻略中に何となくパロっぽいモノが湧いたので形にしてみました(一部ネタバレ含みます)。  ……今作の主人公がサムライでポニーテールなんで(笑)  冒頭に流血描写がありますので、御注意下さいませ。
  • ムーンライトドロップス

    読書にはまったお嬢様と、流浪の侍と。 月並みネタでダラダラと長めの割に、落ちてないような落ちてるような…相変わらず切なめ両片思いな空アミでございます。幸せになってほしいよー!(>_<) タイトルと内容が全然噛み合ってなかったので改変してみました!\(^O^)/ うん、こっちの方がしっくりくる笑
  • お茶の師匠と人違い3

     家元さんと御対面しました。怪しい雲行きが更に怪しくなりそうな気配が……。  前の話はこちら( http://touch.pixiv.net/novel/show.php?id=2832093&mode=text)
  • 二人の戦騎

    戦騎への招待状2

     異空間に飛ばされた空蝉丸。一方アミィは空蝉丸を助けにカンブリ魔の待つライブハウスに向かいますが……
  • あなたの名前をまたいつか

    キョウリュウその2。赤桃。というか桃→赤。緑→桃→赤とかおいしいな、とか思ってたら、こんなのできたwwwwww 赤、めっちゃ好きです。笑顔たまらん。
  • 大空高く、投げ上げろ

    第3話以降のイメージで、アミィ、ノッさん、ソウジのおはなし。たぶん、誰もが疑問に思うこと。毎度ながら好き勝手やってますが、少しでもお楽しみ頂ければ幸いですm(_ _)m / 評価&ブクマありがとうございますm(_ _)m
  • 毅き心で

    毅き心で(後篇)

    とりあえず、戦いは終幕☆ 勢い任せのチャレンジ作品にしては結構、巧く纏まったかな、と♪ 自己満足?
  • 君と一緒に強くなりたい

    キョウリュウ。緑桃。緑→桃かな?3話の差し入れシーン絡めてみた。ほんといちいち可愛いんですけどこの二人!もだもだするくらい清純なところがいい。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    著者:湯瀬ライム,原作:杓子ねこ,キャラクター原案:NiKrome

    読む

pixivision

カテゴリー