ピクシブ百科事典

桐生ダイゴ

きりゅうだいご

桐生ダイゴとは、獣電戦隊キョウリュウジャーの登場人物。
目次[非表示]

演:竜星涼

概要

キョウリュウレッドに変身する。
南海の孤島で獣電竜ガブティラに勝利しキョウリュウレッドの資格を得る。

少年時代は父・ダンテツ(演:山下真司)に連れられて各地を旅し、
その父のようになる事を願い、道中で父と別れた後も一人で旅をしていた。
父との別れの際に渡された、宝石が組み込まれているペンダントを首に下げている。

非常に自信家かつ楽天的な性格で周りを呆れさせることも多いが、同時に人を惹きつけるカリスマ性と器の大きさ、多少のことがあってもへこたれない前向きさを持つ。
愛称は『キング』。本人曰く行く先々で何故かそう呼ばれるらしく、現在は自称もしている。
当初はお互いの素性を明そうとしなかったメンバーも、彼と接するうちに心を開いて結束を強めていった。初対面で「呼ばねえよ!」とばっさり切り捨てた『キング』もすぐに呼び慣れてしまった。
ことあるごとに「戦隊だからな」「それが戦隊ってもんだろ」とチームの在り方を説いたり、仲間同士のすれ違いも観察力の高さから的確なフォローを入れられる善きリーダー像が描かれている。

生身でも戦闘力は高く、「岩烈パンチ」という必殺技を持っている。
また、これまでの旅による人々との交流から、料理や芸術など様々なスキルを体得している様子。
だが、デーボスの戦力強化に対抗するべくキョウリュウグレー修行を受けた際はその万能さが仇となり、克服すべき「弱さがない」ことでそれ以上の成長が望めないと評されてしまった。
自分の弱さが分からないダイゴは、今更どこを弱くするんだと悩むが、恐れもまた弱さということを知ったダイゴは、同時に
『仲間を失う』という恐怖こそ自分の弱さと知る。
これを経て、ダイゴはまた一つ『強さ』を得た。

最終回では、仲間達の地球の真のメロディを受けて単身で蝶絶神デーボスを撃破。氷結城共々爆発に巻き込まれたが、獣電竜に守られ、無事に生還したのだった。

女心にはやや鈍感な面が見受けられ、弥生ウルシェード天野美琴から好意を抱かれていてもあんまり気づいていない模様。

映画仮面ライダー大戦』では風都を襲うバダンを倒すために一人で駆けつけるという見上げたボランティア精神を見せつけ、ガブティラと共に骸骨恐竜討伐に参加。烈車戦隊トッキュウジャー仮面ライダー電王との合体攻撃で白星を挙げた。

ブレイブなアイデア

13話では作戦上とはいえ女装(セーラー服)を披露している。

スタッフ…よくやった!


その姿に「意外と似合う」という評価が多い。

関連タグ

獣電戦隊キョウリュウジャー キョウリュウレッド キングマジキング
一級フラグ建築士 もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな

pixivに投稿された作品 pixivで「桐生ダイゴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1046706

コメント