2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

トッキュウジャー

とっきゅうじゃー

トッキュウジャーとは、特撮ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』の略称、およびその劇中に登場する戦隊の名前である。本項ではチームについて記述する。
目次[非表示]

【変身いたしまァ~ス!】
『トッキュウチェンジ! はァッ!!』
【白線の内側にィ下がってェ、お待ちくださいィ!】

【トッキュウ1号! トッキュウ2号! トッキュウ3号! トッキュウ4号! トッキュウ5号! トッキュウ6号! トッキュウ7号!】

「勝利のイマジネーション! 烈車戦隊! トッキュウジャー!!」
「出発、進行!!」

メンバー

初期メンバーは幼なじみであるという以外は謎に満ちた5人組。追加メンバーの虹野明は元々敵勢力所属の人外である。
戦闘のプロというわけではなく、ほとんどのメンバーは成り行きで戦っている。
名乗りは原則本人は行わず、アナウンス音声(CV:山口勝平)が駅名のように戦士名を呼称するのが特徴。集合名乗りのポージングはChooChooTrain風。

便宜上のリーダーはメンバーを引っ張っていくライトという事になるが、ライト曰く、それぞれが強みを持っているのだから、状況に応じてリーダーを変えればいい=全員がリーダーという意識のため、明確なリーダーはいない。

名前変身者デフォルトカラー
トッキュウ1号ライトレッド
トッキュウ2号トカッチブルー
トッキュウ3号ミオイエロー
トッキュウ4号ヒカリグリーン
トッキュウ5号カグラピンク
トッキュウ6号虹野明オレンジ
トッキュウ7号車掌パープル(バイオレット)

その他戦士
名前変身者デフォルトカラー
チケット6号チケットオレンジ
トッキュウ0号カグラ・トカッチ・ミオ順にピンク・ブルー・イエロー
トッキュウ-100号ライトレッド
闇のトッキュウ1号????ブラック
虹のトッキュウ1号????レインボー

※マンネンヒツシャドーの能力「採点」により0点と-100点を付けられた姿


アイテム

トッキュウジャーに力を与える鉄道模型型アイテム。
トッキュウチェンジャーにセットすることで変身および烈車の召喚を行う。

ベルトのバックル。
初期メンバー5人のものは烈車に乗り込むためのICカードレインボーパスを装着できる。
6号のものにはレインボーパスがないため、ただの銀色のマークである。

初期メンバーの装備

初期メンバーの変身アイテム。
召喚ボタンを押すと、地面に改札が現れ烈車が召喚される。改札の向こうには見えない壁があり、ベルトのバックルであるトッキュウパスを通さなければ通ることができない。

5人の共通武器。銃型の「ウチマスモード」と剣型の「キリマスモード」に変形可能。
変形機能のある初期メンバーの共通武器は、炎神戦隊ゴーオンジャーのマンタンガン以来6年ぶり。

個人武器

レッド専用の武器。

ブルー専用の武器。

イエロー専用の武器。

グリーン専用の武器。

ピンク専用の武器。

5人の固有武器を合体させた巨大バズーカ。

ハイパートッキュウジャーの専用装備

必殺技の際に使う大型キャノン。

6号専用装備

変身アイテムで、レインボーパスの機能も兼ねている。

誘導棒モチーフの武器。

烈車

巨大マシン

技など

  • 連結

彼らは各メンバーがの腰に手を当てる事で電車ごっこよろしく連結する事ができ、ライオンインベスを押せるほどのパワーを発揮でき、第12話では連結パンチという技も披露している。

詳細は該当ページを参照。

  • トッキュウジャーサファリ
劇場版で登場した姿で、サファリレッシャーを使って5人が変身した姿。
1号はライオン、2号はイーグル、3号はワイルドキャット、4号がアリゲーター、5号がパンダの力を得ており、各々が動物に由来した武器を有するが、5号のみ全身がパンダ化した姿となっている。
必殺技はモチーフになった動物のオーラを次々に放つ『レインボーラッシュ・サファリパーク』。

  • ヘッドランプ
ヘッドランプを操作すれば暗闇を照らすことが出来、光の苦手な相手を穴から引き摺り出す事も可能。

  • なりきりけん玉ガール
5号がけん玉の姿に変化し、4号がトンネルアックスでシュート。

  • トカグラコンビネーション
2号が5号を抱きかかえて回転し、敵に投擲する。
ネーミングセンスがなんともいえないのはトカッチクオリティ。

  • イマジネーションブレイブフィニッシュ
『トッキュウVSキョウリュウ』で使用。
トッキュウブラスター・ウチマスモード、獣電ブレイブフィニッシュ、雷電残光、トルネードビームを一斉に放つ。
この時両戦隊のレッドは別行動していた為に不参加。

  • 20連結カミツキブレイブラッシュ
『トッキュウVSキョウリュウ』で使用。1号から6号までのトッキュウジャーとレッドからシルバーまでのキョウリュウジャーに加え、利害の一致で協力したシャドーラインの4幹部が一斉に攻撃を放つ。

  • ウチマスガール
『行って帰ってきた』で使用。子供5号と大人5号によるトッキュウブラスターの銃撃。

関連記事

烈車戦隊トッキュウジャー

烈車鬼:トッキュウジャーを歪めたデザインとする戦隊怪人









ここから先は第32駅の重大なネタバレを含みます。







正体

初期メンバー5人は、レインボーラインの総裁の力によって、肉体を大人まで急激に成長させられた子供であることが第32駅で判明した。
物語当初記憶の大半を失っていたのは、大人化した際のショックによるもの。
彼らに幼い頃以外の記憶がないのも、思考に子供っぽさが残っているのも、本当に子供なので大人の記憶を持っている筈が無く、思考も大人びているという部類。

これは、子供の強いイマジネーションを持ちつつ闇への耐性の強い大人の体を持った理想的な戦士とするためであった。が、この矛盾をはらんだ処置によって「数々の経験を積む中で成長していく」という本来ならばプラスとなる事が「本当の姿である子供に戻る際の障害になる」という事態が発生してしまい、トッキュウジャーの5人が厳しい選択を迫られる展開となってしまった。

実年齢は初期メンバー5人は小学校四年生の10歳。ただし、三十駅でミオが誕生日を迎えている事でわかるとおり、第一話時点で全員が10歳の誕生日を迎えている訳ではなく、最終駅のラストまでに全員が誕生日を迎えているという記述が無い。
つまり、全員の平均年齢が9歳からスタートしたいう、昭和・平成通して最年少の戦隊チームとして誕生。ここに実年齢不詳の明が加わった事で平均年齢最年少の戦隊チームではなくなったが、確実な実年齢が全員わかっていない(ドギー・クルーガーなどの宇宙人やマジトピアのヒカルなどが該当)昭和・平成戦隊組の中では最年少という事が確定している。
はたして、平均年齢一桁の戦隊チームが今後出るのだろうか。

関連記事

親記事

レインボーライン れいんぼーらいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トッキュウジャー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「トッキュウジャー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1893982

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました