ピクシブ百科事典

創造主デビウス

そうぞうしゅでびうす

創造主デビウスとは、「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャーTHE MOVIE」に登場するキャラクターである
目次[非表示]

概要

CV:てらそままさき

映画『烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャーTHE MOVIE』に登場する本作の黒幕。

その正体は、キョウリュウジャー最終回でその存在が明らかになった暗黒種デーボス(蝶絶神デーボス)を生み出した超越生命体、闇の創造主本人である。

デーボスに命じて地球を破壊しようと試みたがキョウリュウジャーの活躍により失敗したため、自らの手でその野望を達成せんと、側近の紅蓮神官サラマズと共に地球へと飛来した。

しかしデビウス本人は実体のないエネルギー生命体であるため、直接自らが破壊活動できないという事情から、実体化し体を手に入れるまでの仮初の肉体としてギャラクシーラインの宇宙ステーションに憑依。
サラマズにシャドーラインに協力を求めるように命じ、水面下で暗躍する。

肉体が未完成の状態でも地上に落下したステーションの周囲に強固なバリアを張り、ステーション内から一歩も動けなくとも目から放つ光線でギガントキョウリュウジンとトッキュウレインボーをまとめて圧倒、敗走させてキョウリュウジャー全員に重傷を負わせるほどの力を持つ。
肉体の完成後は、人工衛星のような形をした十字槍を自在に振るい、槍からエネルギー弾を放って戦う。

肉体を完成させた直後に、バリアを破ってステーションに乗り込んできたトッキュウ1号キョウリュウレッドと戦う。
ハイパートッキュウ1号のダイカイテンキャノンによる接射ですらほとんどダメージを受けず、エネルギー弾の一撃でキョウリュウレッド・カーニバルに大ダメージを与えるという創造主の名に恥じない強さを見せた。
しかしキョウリュウレッド・カーニバルに羽交い締めにされて動きを封じられ、その隙にライトが「絶対にデビウスを倒す」というイマジネーションでガブティラ獣電池を変化させたキョウリュウジャーレッシャーを装填したダイカイテンキャノンによる、イマジネーションとブレイブを一つにした一撃を受けてステーションごと大爆発する。
それでも完全に倒されてはおらず(「地獄への道連れに」と言っていたことから、ほぼ死にかけだったと思われる)、巨大化してトッキュウジャーとキョウリュウジャーを攻撃するが、駆けつけたスピリットレンジャー、そして利用するだけ利用して使い捨てにしようとしたシャドーラインからも攻撃を受ける。
自身以外の存在を徹底的に見下して地球にいる正義も悪も敵に回した(ダイゴ曰く「全地球を敵に回した」)ことが仇となり、イマジネーション、ブレイブ、そして闇の力を一つにした20連結カミツキブレイブラッシュを受けて肉体を破壊され、抜け出たエネルギー体も直後に爆散して完全に滅び去った。

余談

名前の由来は「デビル(悪魔)」と「メビウスの輪」か。
因みに配下のゾーリ魔の旗印はデーボス軍のマークと変わりないので一見創造主の彼自身が部下であるデーボスの旗印を掲げるのはおかしいようにも見えるが、彼とデーボスの名前はともに「D」ので始まるので大した問題はないと思われる(彼らの関係性を考えれば、むしろデーボス軍の旗印は元々デビウスのものだった可能性すらある)。

関連項目

デーボス軍 創造主(キョウリュウジャー)
大魔女グランディーヌ 邪悪なる意志・・・スーパー戦隊におけるエネルギー生命体繋がり
害統領バッチード・・・旧作の最終話で存在が示唆された悪役繋がり

コメント