ピクシブ百科事典

暴走皇帝エグゾス

ぼうそうこうていえぐぞす

暴走皇帝エグゾスとは、『激走戦隊カーレンジャー』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:小林修

概要

第37話「恐怖の大宇宙ハイウェイ計画」から登場した悪の皇帝。
ダップの故郷であるハザード星の正義の星座伝説と対を成す悪の星座伝説の力を持つ悪の支配者で、スピード違反当たり前、交通事故起こし放題な「恐怖の大宇宙ハイウェイ」建設を目論む宇宙の地上げ屋。ダップは過去に一度彼を見た事があるらしく、ボーゾック以上の脅威として警戒していた。

ボーゾックに属しておらず、暴走族でもないが彼らと同じく地球を「チーキュ」と呼ぶ。
その力は非常に強大で、左手からは作戦に失敗したボーゾックをお仕置きする電撃を放つほか、クルマジックパワーの源である5つの車型星座を飲み込んでしまうほどの計り知れないスケールを持ち、その大きさは地球は愚かバリバリアンが野球ボール程度の大きさでしかない。なお大きさは自由に変えることが可能で、劇中では流星を握りつぶして若返りパックを作ったり恒星BB弾程度の大きさに成程超巨大化を果たしている。
その最大能力は、宇宙に満ちる邪悪なエネルギーを吸収する事で何度でも生き返ることができるという点で、邪悪なエネルギーさえあれば何度でも再生が可能。
1+1を3と答えるレベルのバカ者ぞろいなボーゾックとは異なり非常に知略に長けている一方、宇宙の悪人たち向け雑誌「宇宙ランド」を発行したり、宇宙宅配便を普通に使うなど庶民的な面もある。

一方のボーゾックは終盤まで「ボーゾックのファンで色々物をくれる気前のいいオッサン」程度の認識しかなかった。

劇中での活躍

自身の目的である宇宙ハイウェイ建造予定地にハザード星や地球を始めとした惑星が点在していることを邪魔に想い、ボーゾックに「占い師スゾグエ」名義で「ハで始まる星を滅ぼすといい事がある」という年賀状を送りハザード星を間接的に滅ぼし、そのまま地球へ送ろうとしたが偶然にもそのままボーゾックが地球へ行ったため、ボーゾックに任せて静観を決め込んだ。
しかしいつまでたっても地球が滅びないことに業を煮やし、吸い込んだ者を洗脳する五色のガスでシグナルマンの故郷であるポリス星全域を洗脳し、シグナルマンをボーゾックと組ませる作戦を慣行。作戦が失敗しボーゾックがスランプに陥ったタイミングで彼らの前に姿を現し、宇宙ランドの付録である巨大ロボット、ノリシロン-12や応募者全員サービスの景品である陸・海・空の覇者を与え、ボーゾックの侵略に手を貸すことになった。

作戦はことごとく失敗していったものの、100万年に一度発生するという酒樽座の流す酒で全ての星座が酔っぱらう現象を利用し、5つの車型星座を飲み込んで封印。カーレンジャーを無力化させた。
同時に展開されていたノリシロン-最終を使った作戦でボーゾックがカーレンジャーを倒したのを見届け、バリバリアンをゴミ捨て場として炎上させて地球にぶつけて花火にしてしまおうと企んだ。
しかし落下したバリバリアンはボーゾック達に鎮火させられ失敗。自ら地球破壊を企てたが、ゾンネットによって自らの悪事を宇宙中に暴露されてしまい、手駒であったボーゾックが離反してしまう。
カーレンジャー達にバリバリアンを腹部に撃ちこまれ大爆発を起こしたが、宇宙の邪悪なエネルギーを吸収し、最終形態エグゾス・スーパーストロングにパワーアップ。
右腕の剣や口からのビーム、両手のエネルギー波でカーレンジャーとボーゾックを圧倒。接近戦でVRVロボを完封し、ビクトリーツイスターをも平然と素手で受け止め。VRVロボの自爆にも耐えきった。
その自爆で出来たわずかなスキを突いて放たれたRVロボの「激走斬り・ハイパークラッシャー」で腹に風穴を開けられたが、傷口に邪悪なエネルギーを吸収して回復。そのままRVロボを秒殺してしまった。

しかし総長ガイナモによって賞味期限が切れて腐った芋長の芋羊羹を食べさせられてしまった事で腹を下し、邪悪なエネルギーがすべて漏れ出して縮小してしまう。
最後の悪あがきとして火炎弾で反撃したものの、カーレンジャーの最終技「カーレンジャー来るマジックアタック」を受けついに滅ぼされた。

関連タグ

激走戦隊カーレンジャー ラスボス

コメント