ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

地球の未来を守るため、辛さや悲しみを乗り越え、命を懸けて戦うスーパー戦隊。


…だが、『激走戦隊カーレンジャー』はメインライターが浦沢義雄だったため、終盤までその気が全く見受けられないほどギャグシーンをふんだんに取り入れた作品になってしまい、他のと比べても路線が逸脱していることからこの名前が付けられた(一応大ピンチに陥ることはあったが)。


カーレン時空に起こった現象

『激走戦隊カーレンジャー』

  • ダップがメンバーたちにカーレンジャーになるよう促すが、最初は「安月給の上でヒーローにはなりたくない」と拒否。
  • そうこうしているうちに敵がいなくなる
  • 宇宙人から地球のことを「チーキュ」、日本を「ニッポンポン」、地球人を「一般市民」と言っている。
  • 宇宙暴走族ボーゾックが話数を経るにつれどんどんギャグ要員と化していく。詳しくはリンク先を参照。
  • 巨大化に必要なものが何故か芋羊羹
  • シグナルマンの警備所として「コバーンベース」をなぜか交通量が非常に乏しい場所に設置する
  • ダップが夏に冬眠した
  • 暴走皇帝エグゾスの提供するアイテムが庶民性バリバリ
  • シグナルマンが家族の前でナンパしようとした(洗脳されていないときに)
  • 次回予告で交通安全の指導をしてくれる
  • UAOH「うあおー」と読む。


...などと、数えてもキリがない。

海賊戦隊ゴーカイジャー

  • モバイレーツ及びゴーカイセルラーの変身ボイスはカーレンジャーの名乗りのイントネーションからとっている。
  • レジェンドとして陣内恭介が登場するが、レッドレーサーの幻影を振り払う
  • 大いなる力を貰う条件として「交通安全の芝居に参加する」こと
  • その中で敵との三角関係による争いに巻き込まれる
  • ゴーカイチェンジしたのはいいものの、レッド以外が専用武器を使うことは一度もなかった
  • ナビィ曰く「役に立たない大いなる力」
  • この回に登場したジェラシットは、しばしばギャグ要員として後作品でも登場する
  • カーレンジャーのメンバーで2回以上変身したのは、レッドとイエローだけ





パワーレンジャー・ターボ

  • タイトルからみて分かる通り何故かターボ。(ターボレンジャーは関係ない)
  • 変身バンクが原作より妙に凝っている
  • この作品のせいで制作側は経営困難に陥ってしまった


機界戦隊ゼンカイジャー』では

基本的にゼンカイジャーは一話につき最低1つの変身用以外のセンタイギアを使用するのだがカーレンジャー当時のノリもそのままで、セッちゃんが当戦隊の話をしているシーンで映っていた画像がズリ落ちたり、(ゼンカイジャーはセンタイギア使用時に使ったギアの戦隊の幻影が出る)力を引き出したイエローレーサー以外はステイシーザーの放ったミサイルに逃げ惑う等やっぱりカーレンジャーである。
但し効果自体は意外と使える物で、イエローレーサーの力を引き出されたガオーンはイエローレーサーの特殊能力もとい志乃原菜摘の職業スキル「激走メカニックばらし」でステイシーザーのミサイルを見事瞬時に解体。10年前とはえらい違いである。

その他、カーレン時空に似ていると言われる現象

上記のとおり令和のカーレン時空というべきものが発生したが、ゼンカイ脳に取り込まれてしまっている。

関連タグ

激走戦隊カーレンジャー
公式が病気
カオス特撮

関連記事

親記事

激走戦隊カーレンジャー げきそうせんたいかーれんじゃー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カーレン時空」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1534

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました