ピクシブ百科事典

マイク星人クロード

まいくせいじんくろーど

マイク星人クロードとは、『特捜戦隊デカレンジャー』に登場するアリエナイザーである。
目次[非表示]

「姉さんは元気そうに見えるけどこのまま放っておいたらあとわずかしか生きられないんだ!何と言われようと俺は姉さんを助ける!俺がやるしかないんだ!」
CV:辻本佑樹

概要

全ての住民が歌が好きなマイク星人のアリエナイザー
普段は人間に変身し、マイク星人テレサとアパートで平凡に暮らしていた。

幼い頃宇宙船の事故で両親と死別し、テレサと二人きりで暮らし猛勉強の末若くして医者となったが、自分をずっと支えてくれたテレサが宇宙放射線の強い鉱山惑星ガイガミュラでの重労働の結果不治の病に侵されあとわずかしか生きられなくなったため、特効薬を作ろうと青い花を人間の体に咲かせるという人体実験を繰り返し、7つの惑星で特定の栄養素を抜き取り数十人を殺害したアリエナイザーとなった。

実験の結果、地球の若い女性が最適な物質を持っている事が解ると青い花を次々と咲かせて栄養素を抜き取って殺害。
だが遺留品から犯行が露見し、姉の恋人であるホージーに追及され「7つの惑星において人体実験を重ね数十人を殺害した罪」でデリート判決を受けたが隙を見て逃亡。
出会いがしらの女子高生に触手を伸ばし、青い花を植え付けようとしたが後ろからホージーに銃殺された。

その後、姉テレサは弟の罪を懺悔するため、出家した。

マイク星人は水分があれば頭の触手から種子を出して花を咲かせる能力を持つ。
その為『花咲か爺さん』のおとぎ話はマイク星にはないらしい。

余談

東映刑事ドラマの代表作の一つを彷彿とさせる彼ら姉弟の悲劇性を強調するためか、前述の通り巨大戦には雪崩れ込まず、恒例の「ジャッジメント」の描写も普段のマンガチックとさえ言えるものではなく比喩表現的な描写になっていた。
アリエナイザーの大半は、かなりの外道で同情しようのない極悪人が多数だが、彼の場合は他の方々と比べると、多少同情出来ると言う点があるかもしれない(とは言えやった事は許される行為ではないが)

関連タグ

アリエナイザー 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「マイク星人クロード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222

コメント