ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ディーリボルバー

でぃーりぼるばー

ディーリボルバーとは、特撮テレビドラマ『特捜戦隊デカレンジャー』に登場する武器の一つ。
目次 [非表示]

概要編集

物語後半より登場する、スワットモード専用の共通装備の一つ。

銃身の上下に備わったピストン式の2門の砲口と、空気中のイオンを取り込む役割を持つ金色のリボルバー部分が特徴のビームマシンガンで、リボルバーの回転によって吸収・転換したイオンエネルギービームを、交互に伸縮する砲口から高速連射することが可能。その威力は一度の発射で縦列した大型戦車3台を貫通・破壊せしめるほどである。


通常のビームの他にも、命中後に体内で爆発するスパルタン弾や殺傷力の低いゴム弾など、状況に応じて異なる種類の弾丸を使い分けることもできる。さらに、SPライセンスを銃身の後部にセットすることで、デカベースから膨大なパトエネルギーが供給され、単体でもアリエナイザーをデリートできるだけの火力を叩き出す。コアが剥き出しの状態であれば、接近しての発射により巨大隕石を破壊することさえ不可能ではない。

このように本来の用途である銃撃戦においても高い実力を発揮するが、デカメタル製の銃身の強度を活かし、敵に叩きつけて多大なダメージを与えるなど、接近戦においても同様に優れた性能を示す他、デカウイングロボへの搭乗時にはファイナルバスター射撃時にも活用される。


基本的に各人に一挺ずつ配備され、両手持ちを前提とした共通装備であるが、状況に応じて別のメンバーのものを借り、二挺同時に発射することも可能であり、作中でも実際にデカブルーレッドのディーリボルバーを併用し、スマスリーナ星人ニカレーダに対して同時攻撃を繰り出している。

また、発射時の反動の大きさゆえにスワットモードの装着者以外には使用が許可されていないが、後年制作されたOV『特捜戦隊デカレンジャー 10YEARS AFTER』では、クライマックスの戦闘においてネオデカレッドが使用していたディーリボルバーをデカブルーが弾き飛ばし、デカグリーンがキャッチしてネオデカレッドに攻撃を加えたこともある。


備考編集

TVシリーズの後日談に当たるOV『魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー』にもスワットモード共々再登場しているが、同作では銃撃音がTVシリーズのそれとは異なっている。


放送当時発売された玩具も、特徴的な砲口のピストン可動とリボルバーの回転、それにSPライセンスとの連動を再現しており、単品での販売の他にもSPライセンスとのセット版「デカレンジャー スペシャルウェポンセット」が、少数生産ながら発売されている。

SPライセンスは後年、「戦隊職人」レーベルより再商品化がなされているが、こちらは当時品をベースにしつつも本体部に改修が加えられていることもあり、そのままディーリボルバーにセットすることは不可能となっている。


『デカレンジャー』の英語版ローカライズ作品『パワーレンジャー・S.P.D.』にも、「デルタエンフォーサー」の名前でディーリボルバーが登場している。

前述の通りSPライセンスをセットする原典とは異なり、同作ではオリジナルのアイテムである「キャプチャーカード」を、エンフォーサー内に増設されたスロットに縦方向に装填し、銃撃によってモンスター(アリエナイザー)などをカード内に拘束するという、日本のスーパー戦隊シリーズで言えば『未来戦隊タイムレンジャー』の圧縮冷凍に近いスタイルが採られている。


関連タグ編集

特捜戦隊デカレンジャー スワットモード


パイルトルネード:『特救指令ソルブレイン』に登場する装備の一つ。こちらもディーリボルバーと同様に、ピストン式の2門の砲口を上下に備えた銃火器で、初期装備との組み合わせにより強力な攻撃が可能という点でも共通項が見られる

関連記事

親記事

スワットモード すわっともーど

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました