ピクシブ百科事典

目次[非表示]

スペック

所属宇宙警察地球署
全長42.0m
全幅35.0m
全高68.0m
重量12万t
材質アヌビジューム合金


概要

宇宙警察SPDの基地の名称。
一口に基地と言ってもSPDは宇宙警察であるため、宇宙の様々な場所にこの基地が存在する。劇中に登場するのは地球に駐在している地球署である。外壁はアルビシウムで構成されている。

かなり大規模な施設で、デカレンジャー以外にも複数の職員が勤務しているが、49話におけるエージェント・アブレラ及びアブレラ傭兵軍団の襲撃によって、多くの職員たちが命を落としている(この時の惨劇は、デカレンジャーと同時期に放送されていた仮面ライダー剣第1話にて、ローカストアンデッドとその分身である無数のイナゴ達に大半の職員たちが喰い殺され、壊滅したBOARDを彷彿とさせる)。

緊急事態時には脱出するためのポッドや万が一の事態に備えてベース内の全機能をストップさせる緊急停止スイッチも用意されている。
またデカレンジャーが変身するために使用するパトエネルギーはここから送られている。

前面にあるSPDエンブレムからはベースビームを発射することも可能。

内部施設

デカルーム

の頭を思わせる形をしたモニュメントの中にデカレンジャードギー・クルーガーが会議をする時に使う部屋。デカレンジャーにおける基地のメインルームとなる。ドギーには彼専用の特等席があり、センちゃん曰くかなり気持ちいいらしい。メンバーが囲むテーブルにはSPライセンスをセットでき、そのデータをテーブルに立体的に映し出すことが可能。また、周りには様々なコンピュータが設置されているのも特徴。他の内部施設とも連絡できる。
また、デカマシンやパトウイングに直接繋がっているシューターもこの部屋にあり、マシンを使って現場に向かう時はこれを使う。

鉄工所

白鳥スワンがデカマシンなどを整備するために使う場所。そのため、デカマシンの格納庫と隣接している。整備の他にも事件で使われた証拠品などを分析する場でもある。

取調室

捕らえたアリエナイザーや容疑者を尋問する場所。机には小型のコンピュータがある。

留置所

容疑者を収監する場所。暗証番号のシステムがある。

トレーニングセンター

名の通り、トレーニングをする場所。

風呂場

ウメコがよく使用するお風呂場。デカベースと通信できるようになっており、あまりに長いとボスが注意することも。ウメヨ、ウメノスケ、ウメゴロウという3匹のアヒルがいる。ジャスミンテツも使用したことがある。

格納庫

デカマシンパトウイングが格納されている場所。5体のデカマシンと、デカバイク、パトウイングはそれぞれ別の場所で格納されている模様。

駐車場

デカビークルが普段駐車している場所。

地下施設

デカベースの地下にある施設。SPライセンスが認証キーとなっていて、デカベースが乗っ取られた際にはスワンによってデカウイングが格納された。

デカベースクローラー

全長82m
全高44.0m
スピード120km/h

第15話から登場するデカベースの高速移動形態。
ドギーがもしもの事態に備えてスワンに無茶を承知で開発させた移動要塞で、この形態で宇宙を航行することもできる。
機体両側のビーム砲から発射するクローラービームが武器。
この形態は他のデカベースでも使う事が出来る。

デカベースロボ

デカベースが超巨大機動の掛け声で変形した巨大ロボット
詳しくは上記のページを参照。

ネオデカベース

Vシネマ『10 years after』から登場した新たなデカベース。『宇宙戦隊キュウレンジャー』にも登場した。
前述したアブレラの乗っ取り騒動の反省からデカベースロボの頭部が地上に露出し、基地システムの大部分は敵の襲撃に備えて地下に建造されている。

関連タグ

特捜戦隊デカレンジャー

関連記事

親記事

宇宙警察(デカレンジャー) でかれんじゃーのうちゅうけいさつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デカベース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント