ピクシブ百科事典

エージェント・アブレラ

えーじぇんとあぶれら

「特捜戦隊デカレンジャー」に登場するアリエナイザー(惑星間宇宙犯罪者)。
目次[非表示]

「私を倒して終わりと思うな!この宇宙に人類がある限り絶対に犯罪は無くならない!
 誰の中にも私と同じ欲望があるのだ!」

CV:中尾隆聖 演:岡本美登

概要

雨が大好きなレイン星出身の死の商人。宇宙一頭がよいと言われるレイン星人の中でも特に優れた頭脳を持っているが、その知性は全て悪事と金儲けのために使われている。
脳以外すべての部分を改造したサイボーグで、頭部にシリンダー状のカプセルを被った奇妙な恰好をしているが、その内部は脳を守るための培養液で満たされている。
黒いマントからは衝撃波を発生させ身を守ったり、無数のコウモリになり姿をくらましたりすることが可能。自身の戦闘力も高く、腕からの電撃や火球を放つ。 しかし裏で悪事を働くのが本業な為か、テレビ本編中最強という訳ではない。実際デカレンジャーと戦闘になった回数は44話、最終話と少ない。
また、通常形態はきちんと腕が存在しており、飛行形態に変化すると腕とマントが同化して翼になるという仕組みである。

宇宙犯罪者アリエナイザー達に巨大ロボ「怪重機」や戦闘員「ドロイド」の販売・レンタルを行う他、様々な武器を売りさばいて荒稼ぎしてきた結果、多くの銀河や星が滅びる事態を招いてきた。金儲けの為に時には顧客のアリエナイザーや善良な宇宙人すら利用し、捨て駒に使う事も辞さない。
また巨大化保険のサービスも行っており、実験と称したジューザ星人ブライディの巨大化やビリーザ星人ヴィーノに巨大化に必要な体力増強剤を渡している。
表立って行動する事はほとんどなく、アリエナイザーの派手な暴れっぷりの陰で暗躍し続けてきたため、デカレンジャーも中盤を過ぎるまで、その存在を把握できなかった。

宇宙全体としては後進の惑星である地球をマーケットにしようとするも、デカレンジャーにより次々とビジネスや顧客のアリエナイザーを潰される。そして被った損失額が100億ボーンを越えるに至り、遂に堪忍袋の緒が切れ、商売度外視で自ら地球署壊滅に乗り出した。
多数のドロイドや凶悪な傭兵軍団を率いてデカベースをジャックし、デカベースロボで街を破壊したばかりでなく、それによっておびき寄せた宇宙警察の主力部隊を、衛星軌道上に仕掛けた大規模な罠で一掃することを目論むという、積もりに積もった私憤晴らしとしてはあまりにも大掛かりな暴挙を働いた。宇宙警察の信用失墜と壊滅を狙った前代未聞の大犯罪であった。
しかしバン達デカレンジャーの決死の活躍により、デカベースを奪還された末に「銀河消滅及び惑星間戦争における大量殺人の罪」でデリート判決を受け、ディーバズーカでデリートされた。

成り行き上、物語最後の敵=ラスボスになってはいるが、全ての黒幕というわけではなく、彼の関与しない犯罪やアリエナイザーも作中には多数登場する。アブレラも数あるアリエナイザーの一人でしかなく、上述した彼の最期の言葉通り、彼をデリートしても犯罪は無くならず宇宙警察の活動が終わるわけでもない。
あくまでデカレンジャーの敵は特定の組織ではなく、「宇宙に蔓延する全ての犯罪」なのである。

宇宙一頭のいいレイン星人はその頭脳を駆使し、技術を次々と開発し星を発展させた。同時にドーピング(決して悪いものばかりではない)などで肉体の強化も行って来た。
そのようにして長い歴史の中で超進化を繰り返していく中、レイン星人は皆違った見た目になり、皆違った理由で星を離れるようになってしまった。そのためレイン星人程統一性のない宇宙人は存在しない。宇宙警察が当初彼の出身惑星を特定できなかったのもこのためと思われる。彼以外のレイン星人が登場していない(近年の作品ではない為、種族名の流用が無い限り同族が登場する確率は低い)のでやや説得力に欠け、統一感の無さなら寧ろヘルズ3兄弟も大概である。

後続作品にて

『マジレンジャーVSデカレンジャー』ではインフェルシアを飛び出した冥獣人デーモンのアボロスを弟子に迎えていたことが判明した。後述の再登場が可能だった為、アブレラの着ぐるみ自体はこの時期でも残っていたはずだが、アボロスとの共演シーンは撮られていない。

『劇場版海賊戦隊ゴーカイジャー 空飛ぶ幽霊船』では、ロスダークにより怨念が呼び寄せられ、イーガロイドらを引き連れてゴーカイジャーを襲撃した。

『特捜戦隊デカレンジャー 10YEARSAFTER』では、カイト・レイドリッヒの手によってクローンとして復活しており、デカレンジャーに復讐すべく巨大化して襲い掛かるも、デカブレイクが操縦するライディングデカレンジャーロボが駆け付けたことで妨害され、ジャッジメントクラッシュとジャスティスフラッシャーの連続攻撃を受けてあっけなく倒された。

余談

通常、スペシャルポリスによるデリートはアリエナイザーを一片の細胞すらも残さずに消し去るのだが、先述のように『10YEARSAFTER』にて彼のクローンが登場していた。そのことから、アブレラの生前に彼と接触したカイトがその細胞を採取し、それを基に培養・改造して作り出したものと思われる。とはいえ、アブレラの唯一生身である脳から摂取できたあたり、両者の合意があったのかもしれない。

脚本の荒川稔久は初期のインタビューで「徐々にアブレラの背後にある組織を出していく」と語っていたが、最終的にはアブレラ自身が黒幕と言う事になった。断末魔のセリフはその設定の名残である。また、実際に海外版では彼の背後にボスがいたりする。

名前の由来はumbrella(英:傘)。種族名のレイン星人(英:雨)や彼が劇中で使っていた金額の単位・ボーン(英:骨。恐らく傘の骨とかかっていることから、レイン星の通貨単位と思われる)と併せて、蝙蝠傘に引っ掛けたネーミングである。
また、「レイン星人アブレラ」の本名(「街を引き起こされた悪事に曇らせ、嘆き悲しむ人々の涙雨に泣き濡れる中咲き誇る蝙蝠傘」の意か)は事件が解決した際のバンの決め台詞「これにて一件コンプリート!メガロポリスは日本晴れ!!」(「街が取り戻された平和に晴れ渡り、人々に笑顔が戻った光り輝く晴れ空なら蝙蝠傘はもう必要ない」の意か)と対句になっているととれるかもしれない。

声を担当した中尾隆聖氏は『電子戦隊デンジマン』26話にて吹雪豪役で俳優としてゲスト出演しており、スーパー戦隊シリーズへの出演は24年ぶりとなる。また、6年後の『天装戦隊ゴセイジャー』では流感のウチュセルゾーの声を担当した。

関連タグ

特捜戦隊デカレンジャー アリエナイザー
レイン星人アブレラ(表記ゆれ。公式サイトの紹介ではこの表記も名前として併記されており、作品終盤でアブレラの正体が明らかになった際宇宙警察側はこの名称で呼称している描写もあった)
闇商人ビズネラスーパー戦隊シリーズにおける「死の商人」悪役繋がり
晦正影:声の人つながり

デズモゾーリャ←エージェント・アブレラ→絶対神ン・マ

関連記事

親記事

アリエナイザー ありえないざー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エージェント・アブレラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3971

コメント