ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アブレラ傭兵軍団

あぶれらようへいぐんだん

アブレラ傭兵軍団とは、エージェント・アブレラが宇宙警察を潰す為に組織した傭兵の一団で、別名『最強最悪の傭兵軍団』(イラストはその一人の「ゲド星人ウニーガ」)。
目次 [非表示]

アブレラ「通信回線も全て遮断した。もうお前達にはどうにもならないのだ!」(Episode.50)


概要

エージェント・アブレラことレイン星人アブレラがデカベース占拠計画の為、特殊刑務所から脱獄させて配下に加えた4人の最凶なアリエナイザー達で、別名『最強最悪の傭兵軍団』

地球での累計損失が100億ボーンを超えたことに業を煮やしたアブレラにとっては、まさしく切り札的存在である。


構成員も、4人全員がかつてドギー・クルーガーに捕らえられ、特殊刑務所送りとなる程の極悪犯罪者ばかりであり(※)、全員がマッスルギアの強化版であるハイパーマッスルギアを装備している為、戦闘能力も格段に跳ね上がっている上に、かつて自身を捕まえたドギーが率いる地球署に対する憎しみも強い。


確かにいずれも強力な犯罪者たちであり、ハイパーマッスルギアによって強化はされているものの、イーガロイドのモデルであるウニーガを除いた3人はスワンが人質に取られるまではデカマスター一人に追い詰められていたため、ブリッツのように正攻法で強いとは言い難い集団である(最期もスワットモードではないデカレンジャーに倒されている)。


本編ではクラーン星人ジェリフィスを陽動に利用して手薄となったデカベースにアブトレーラーで乗り込み占拠、そのシステムを掌握すると共に、多数のドロイド怪重機アブトレックスを用いてデカレンジャーを追い詰める。


構成員

名前と姿は海洋生物に由来する。


ゲド星人 ウニーガ

トゲ星人ウニ

声:中井和哉スーツアクター岡元次郎

罪状:様々な特殊犯罪によって特殊刑務所へ収監

ジャッジメント:デリート許可

イーガロイドの開発モデル。剣術特性に優れたマッスルギアを着用している。


ジャーゴ星人 スキーラ

シャコ星人スキュラ

声:篠原恵美

罪状:様々な特殊犯罪によって特殊刑務所へ収監

ジャッジメント:デリート許可

傭兵軍団の紅一点で、銃の使い手。

動体視力が発達しており、スピード特性のマッスルギアによって命中精度を上げている。


ドラグ星人 ガニメデ

かに道楽星人ガニメデ

声:岸祐二

罪状:様々な特殊犯罪によって特殊刑務所へ収監

ジャッジメント:デリート許可

甲羅のように硬い肉体をマッスルギアで強化している。泡が大好き。


ギモ星人 アンゴール

あん肝星人アンコウ

声:園部啓一

罪状:様々な特殊犯罪によって特殊刑務所へ収監

ジャッジメント:デリート許可

超怪力の持ち主で、パワー特製のマッスルギアを着用している。

メカの操縦にも長けており、操縦桿の重いアブトレックスの操縦を担当した。


余談

(※)彼等がドギーに捕まった当時にデリートされなかった理由は不明。考えられる理由としてはデリート許可が下りた途端か、あるいは下りる前に抵抗せずに逮捕され結果的に裁判で生き延びたのか、コイツのように逮捕当時には何らかの理由でデリート許可が下りなかったかである。いずれにせよ脱獄前にはそれらの理由が無くなっていたのか、脱獄罪で帳消しになったらしく、ドギーが彼等と再会して対峙した時点では、既に全員のデリート許可が下りていた。


スーツは全員新規造形ではなく、過去に登場したアリエナイザーのスーツを流用・改造して使い回している。


関連タグ

特捜戦隊デカレンジャー アリエナイザー


エージェント・アブレラ:雇用主


傭兵オーグ:『未来戦隊タイムレンジャー』に登場した傭兵繋がりの犯罪者。


地球救星計画:『天装戦隊ゴセイジャー』に登場した終盤に登場する組織。

関連記事

親記事

エージェント・アブレラ えーじぇんとあぶれら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1431

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました