ピクシブ百科事典

地球救星計画

ちきゅうきゅうせいけいかく

地球救星計画とは、3つの組織を渡り歩いて来たブレドラン改め救星主のブラジラによる恐るべき破滅の計画。
目次[非表示]

概要

宇宙虐滅軍団ウォースター地球犠獄集団幽魔獣機械禦鏖帝国マトリンティスに続き、第45話から登場した第4の悪しき魂

上記の3つの組織を渡り歩いて来たブレドランの正体にして元護星天使である救星主のブラジラとその配下のダークヘッダー達による恐るべき計画である。

正確には組織とは言い難く、劇中でも正式名称は述べられていなかった(そもそも存在していないと思われる)が、テレビ朝日の公式サイトではブラジラとその配下のヘッダー達のカテゴリーとしてこの名称が用いられている為、当記事もこれに倣い組織と言う前提で解説して行く事を予め前置いておく。

その目的

目的は一言で言えば地球のスクラップ&ビルド。即ち人間の手によって醜く汚染され、食い潰され、蝕まれて滅び行く運命に在る地球を一度跡形も無く破壊し、ブラジラ自らが救星主として星を新たに創り直すのがこの計画の目指す所である。そうして新たに創造した星の命を導く者、有り体に言えば神に成り代わろうと言うのが彼の最終目標なのだ。

ネガー・エンド

地球救星計画の要の儀式こそネガー・エンドである。これは配下のダークヘッダー達をそれまでの戦いで強まって行ったゴセイジャー達のゴセイパワーによって倒させる事「ネガー・エンドの楔」と言う楔に変えて打ち込み陸海空を汚染。そして地球の力が最も弱まるとされる皆既日食の日に3本の楔を起動させる事でそのまま地球の核まで到達させた後、仕上げのダークゴセイパワーを流し込む事で地球を護星界諸共粉々に粉砕するまでがこの儀式の流れである。

全てが終わった後、破壊された地球の残骸からまた新たに地球を創造し、神としてすべての命を支配する事こそこの計画の最終段階と言える。

本拠地

救星要塞ラビリンネル

ロボゴーグの死を以て滅んだマトリンティスの拠点である機械要塞ターミネルをブラジラが改装した拠点。改装と言っても外見的な変化は無く、マトロイドの製造工房を兼ねた司令室を飾っていたマトリンティスのエンブレムを自身のエンブレムに差し替えただけである。

所詮は仮初めの拠点に過ぎなかった為、洗脳が解けたゴセイナイトが攻め込んで来た際にブラジラは用済みとして爆破し、そのまま破棄した。

構成員

救星主のブラジラ

コスプレのブレドラン


本計画の主導者にして元護星天使。
詳細は当該記事にて。

ダークヘッダー

こいつらかわいい



救星主のブラジラによって超進化させられた悪のゴセイヘッダー。
詳細は当該記事にて。

グラディオンヘッダーのダークゴセイナイト
洗脳されたゴセイナイト。
この姿の名前の由来は『ダークナイト』。

余談

初登場が45話とかなりの終盤だった事もあり、壊滅までの登場期間が全6話スーパー戦隊シリーズの組織の中では最短。

組織として見た場合、元締めであるブラジラとダークヘッダー達は一応主従関係に在るだろうが、決して逆らわずに主の命令に従うだけである上、ブラジラが腕に着けて使う装備品になったり儀式に必要な道具になったりと言うダークヘッダー達の性質を考えると、組織のボスとその配下と言うよりラスボスとその動くアイテムと言う見方も出来る。
地球救星計画自体がそもそも組織ではないと言ってしまえばそれまでだが、こうした視座に立って見ると両者の関係はお世辞にも組織的とは言い難い物が有る。

関連タグ

天装戦隊ゴセイジャー 悪しき魂 ブレドラン

pixivに投稿された作品 pixivで「地球救星計画」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16

コメント