ピクシブ百科事典

ラスボス

らすぼす

最後の壁として立ちはだかる存在のこと。「ラストに登場するボスキャラクター=ラストボス」の略語である。
目次[非表示]

元々はゲーム関連用語だったが、現在は「最後に立ちはだかる最強の存在」的な意味合いで、何にでも用いられている。

ネタとして、2010年代以降の小林幸子を指すことも多い。

pixivでは主に版権のラスボスキャラクターに付けられることが多いが、題材自体がラスボスではなくとも圧倒的な存在感を放ち、到底勝てる気がしない、まさにラスボスのような雰囲気を放つイラストにもこのタグが付くことがある。

概要

その歴史は古く、いつ言葉として定義されたか、何をもって最古とするかは定かではないが、
たとえば1986年に創刊されたファミコン通信(現・ファミ通)の誌上では、同年発売されたドラゴンクエストの最後の敵・竜王のことをラスボスとは当時は呼んではなく、少なくとも1985年に始まったファミコンブーム以前にはなかったものと思われる。

「コイツがラスボス」と見せかけて実は真のラスボスが存在するというパターンも数多く存在している(例としてドラゴンクエスト2では表向きのラスボスはハーゴンだが、最後の敵はシドー)。

「ある条件を満たす」、「選んだ主人公」、「分岐ルート」などの条件により、ラスボスが変わるゲームも存在する。例として挙げられるのは「真・女神転生」、「サガフロンティア」、「聖剣伝説3」など。この場合、通常のプレイにおけるラスボスでもエンディングを見ることができ、条件を満たすことで別のラスボスと別のエンディングを見ることができる作品の場合、「表のラスボス」と「裏のラスボス」と呼ばれる場合もある。裏のラスボスと隠しボスとの違いに明確な差は無いが、その後にエンディングがあるか無いかが一種の判断材料になるかもしれない。

なお、シリーズ物におけるゲームシリーズにおいては、「ラスボス達で構成されたチームと戦うボスラッシュ」という物はかなり稀だが、スピンオフ作品では過去のシリーズのラスボスが勢揃いする作品というものも結構存在する場合もあり例として「真・女神転生デビルチルドレン」、「ドラゴンクエストモンスターズ」、「ディシディアファイナルファンタジー」などが挙げられる。

スピンオフ作品で登場した場合、敵として戦うだけでなく、プレイヤーが使用可能な作品も存在するが、ストーリーにはそこまで絡まなかったり、性能も他のキャラクターと大きな差が無い程度だったりのファンサービスの一種である場合が多い。

何かのゲームでラスボスだったキャラクターが、同じ会社の出した別作品に通常のキャラクターとして登場することもあり、珍しい場合ではひとりのキャラクターが同シリーズの主人公とラスボスのどちらも経験したことがあるという場合もある(例としてはスーパーロボット大戦におけるシュウ・シラカワなど)。

格闘ゲームにおいては当然ながら基本的にラスボスは使用できないという作品が多い。
しかしプレイヤーキャラクターでありながら最後に戦う相手でもあるというキャラクターは多く、通常は使用できないが家庭用移植版などで限定的に使用可能になっているという場合を除いて、ストーリー上はラスボスではあっても、プレイヤーキャラクターのひとり扱いとしてラスボス扱いされないことも多い(ストリートファイターシリーズにおけるベガや、ギルティギアシリーズのI-NOなど)。しかし、この場合はプレイヤーが使用する際と比べてラスボス用に性能が大きく向上していることが多く、プレイヤー使用時と区別してボスverやボス版等と呼ばれることもある。

コンピューターゲームにおいては1981年にアメリカで発売されたPC向けRP「Wizardry」(アップル2)に、既に現在のラスボスの定義にほぼあてはまると言ってよい「ワードナ」が存在しており、ラスボスと呼べる存在はコンピューターゲ-ム黎明期から存在していた。

漫画やアニメにおいては明確に定義されているわけではないが、いわゆるスーパーロボットもの(マジンガーZゲッターロボなど)では敵の組織の親玉=ラスボスと実質的に定義されている場合が多い。

リアルロボットなど、敵の大将を倒すことではなく戦争そのものがテーマとなる場合はラスボスの定義が異なる。例えば機動戦士ガンダムの場合だとギレン・ザビが敵の総大将に該当するが、一兵士である主人公(アムロ・レイ)との接点がほとんどなく、直接戦う機会が無いため、実質はアムロのライバルであるシャアが搭乗するMSジオングが作品内におけるラスボス扱いになっている(一年戦争を題材にしたアムロとなってガンダムを操縦するようなゲームでは、ラスボスは大抵これである)。一方、逆襲のシャアではそのシャア・アズナブルが組織の総大将にもなっているので、搭乗するMSのサザビーと合わせ名実ともにラスボスとなるなど、扱いは作品によりまちまちである。

他の作品の場合でも、主人公らが最後に戦った敵がラスボス扱いとなる場合が多い。ただし敵組織の壊滅した後の残党や、ラスボス戦後のオマケイベントとして発生するライバルとの闘い、隠しキャラなどが最後の敵として登場した場合(例:仮面ライダーWエナジー・ドーパントなど)はラスボス扱いにはならないこともある。また、最後の締めくくりとして味方と戦う場合(例:遊戯王武藤遊戯闇遊戯など)もラスボス扱いにはならない。

主に型月作品において時折あることだが、主人公(プレイヤー)が最後に戦う相手がそのストーリーの黒幕だと限らない場合もあり、その場合最後に戦う相手を指してラスボスと呼ぶか、それともストーリー内における黒幕を指してラスボスと呼ぶかによってそのストーリーのラスボスが変わるという場合もある。この場合、黒幕と呼べる相手を倒すことで一定の問題を解決したが、最後の後始末だったり、黒幕が残した何らかの要因によって発生した敵であったり、黒幕とは全く関係ない別の敵性存在だったりが最後の相手として立ち塞がるという場合が多い。

FGO第二部第二章におけるスルトスカサハ=スカディや、空の境界における荒耶宗蓮、型月作品以外では寄生獣における後藤浦上等が具体例にあたる。

ネタとしてのラスボス

完璧なヒロインの系譜


ときめきメモリアルのヒロイン、藤崎詩織に対してラスボスと呼ぶ人も多いが、これは攻略パラメータが高く設定されておりクリア条件が非常に厳しく、また他キャラにはない不動の存在(ある名前でゲームを始めると他の女の子は好感度が高い状態から始まるのに対し詩織だけ好感度が普通の状態で始まる)であり、発売当初からラスボスと呼ばれていた。また、ときメモ対戦ぱずるだまでのラスボスはこの人なので(本人シナリオ除く)、そういう意味でも間違ってはいない。
そして他シリーズでも攻略の難易度が高いキャラをラスボスと呼ぶこともある。

焼き払え


現在の「ラスボス」で元ネタは2chで話題となったある現象から。
紅白歌合戦に出場した小林幸子の衣装が、FFシリーズやロマサガシリーズ等のラスボス戦(アルティミシアサルーインハリ・ハラ等)とあまりにも酷似していたためにネット上で話題になった。この現象に閲覧者達が吹きまくり、ゲームの画面と合成したコラ画像の投稿祭りへと発展(そのほとんどどれもが全く違和感が無かったのだからどうしたものか)。

その影響は『ラスボス』でグーグル検索をかけると、ページ上部の関連画像の箇所に他のどのマジゲームラスボスをも差し置いて紅白歌合戦でのド派手衣装で熱唱する小林幸子閣下の画像がトップで一時期表示されるほど。この現象が話題となり、某掲示板では「これはまだ第一段階だから成長するとヤバイ」「倒してもケンちゃんと融合するから倒せやしねぇ」等、RPGのラスボスネタを付け足されるなどで盛り上がり、正に『勝てる気がしない』そのままのイメージが引き起こした一幕だったと言える。

そして2015年の紅白歌合戦、とうとうNHKも小林幸子のことを「ラスボス」というキャッチフレーズで呼称してしまった

当の本人はというとネットやゲームに疎いため、スタッフに知らされるまで自分がネット上で"RPGのラスボスに似ている"などと呼ばれていた事など一切関知していなかったという。ラスボス呼ばわりされたり、合成画像を流行らされたりしたという、自身を取り巻くそんな流行について、スタッフに知らされその由来を教えてもらった際に「『いいじゃん! ラスボス小林幸子』『ラスボス幸子、いいね! いいね!』的な流れになっちゃった」と振り返っている。更に「怒らないのか?」といった周囲の反応に対しては「そんなことじゃ怒んないですよ、おもしろいんだから(笑)」とインタビューで返している。

どうやら当の本人も公認の上、ノリノリで面白がっている様子である。現在はネットユーザーの多く集う動画投稿サイト、ニコニコ動画にも活動の幅を広げている。

様々なラスボス

ストーリーモード等本編とは別に、ゲーム全体におけるラスボスも存在している。星のカービィシリーズのソウルが良い例。大抵は隠し条件や裏ルートで開放されやすい。

その星は、キカイじかけの夢をみたか



音ゲー関連では、最高難易度を持つ曲の中で特に一番難しい曲がラスボス扱いされるようだ。太鼓の達人シリーズの「2000シリーズ」、初音ミクProjectDivaシリーズのcosMo@暴走Pの曲等。そちらに関しては、キャラクターではなく再録しやすいためか上記の「ラスボス達で構成されたボスラッシュ」という物も比較的作られやすい。

初音ミクの激唱(EXTREME)
【初音ミク】 Sadistic.Music∞Factory



長期に渡って連載・放送が行われている作品では、シナリオの区切りとなる大ボスがこの扱いをされやすい。

ソーシャルゲームにおけるラスボス

ソーシャルゲームでは期間ごとにストーリーやイベントが配信されるため、各イベントごとのボスをそのイベントのラスボスとすることもある。ただし、ストーリー全体におけるラスボスというのも存在するためそのあたりの棲み分けが重要。

ラスボス担当

演出上の特別な意図や意外性などを狙わない限りは、キャリアが長く知名度と実力のあるベテラン俳優声優が、物語中のラスボス役を担当するパターンが殆どである。このため映画ポスターなどの宣伝素材は、ラスボスを演じている役者が、真ん中の一番後ろに配置されているパターンが非常に多い。元ネタ原作を知らないと、ラスボス担当が誰であるかでネタバレになったりもする。

声優では男性の場合大塚明夫やその父大塚周夫のような凄みのある低音声のベテランないしはかつての主役級が担当するケースが多く、ラスボス担当声優としては古くは野沢那智内海賢二塩沢兼人青野武藤原啓治が、最近では前述の大塚明夫のほか、池田秀一田中秀幸中尾隆聖菅生隆之島田敏中田譲治石田彰櫻井孝宏森川智之子安武人などが多数演じていることで有名である。一方で女性声優ではラスボスと称されるキャラクターが少なかったこともあり、『銀河鉄道999』でプロメシュームを務めた来宮良子がおおよそ最初とされ、これ以後母親・祖母、そしてかつてのヒロイン級のイメージが強いベテランが務めることが多く、前述の来宮良子のほか、最近では堀江美都子潘恵子榊原良子島津冴子土井美加川村万梨阿伊藤美紀井上喜久子らが挙げられる。

作品によっては善玉系のイメージが強い声優がラスボスを務めることがあり、その最たる例がサクラ大戦シリーズ家中宏(『サクラ大戦』)、神谷明(『サクラ大戦2』)、高山みなみ(『サクラ大戦3』)、山寺宏一(『サクラ大戦活動写真』)、置鮎龍太郎(『新サクラ大戦』)、赤羽根健治(『新サクラ大戦 the animation』)と挙げられる。

関連タグ

中ボス 隠しボス ピクボス ラスボス(笑) 真のラスボス
勝てる気がしない 魔王 大魔王  スーパーヴィラン

小林幸子 

仮面ライダーシリーズのラスボス一覧スーパー戦隊シリーズのラスボス一覧プリキュアシリーズのラスボス一覧ニチアサのラスボス一覧。

関連記事

親記事

ボスキャラ ぼすきゃら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラスボス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15546218

コメント