ピクシブ百科事典

真・女神転生デビルチルドレン

しんめがみてんせいでびるちるどれん

女神転生シリーズの一つ。略称は「デビチル」で、タグとしてはそちらの方が浸透している。
目次[非表示]

概要

マルチメディア インテリジェンス トランスファーが制作、アトラスから販売されたGBソフト及び、そのアニメ版と漫画版。

年齢・小学生層をターゲットにしている女神転生シリーズ。
悪魔との交渉は分かりやすく、悪魔デザインはかわいらしくアレンジされているが、オーディンクー・フーリンなど本家シリーズと同じデザインの悪魔もいる。
既存の女神転生シリーズと比べ、所謂萌え悪魔も多数登場する。

2000年11月17日にゲームボーイカラー対応ソフトとして発売された「黒の書」・「赤の書」以降「白の書」、「光の書」・「闇の書」、「炎の書」・「氷の書」がリリースされている。

また、「黒の書」・「赤の書」を原作とするテレビアニメ『真・女神転生デビチル』が、2000年10月から2001年9月の間CBC・TBS系列で放送され、「光の書」・「闇の書」を原作とする『真・女神転生Dチルドレン ライト&ダーク』が、2002年10月から2003年9月の間テレビ東京系列で放送された。

コミックボンボン』とのタイアップ、及び藤異秀明による漫画化もされた。全5巻。
こちらは非常に暴力描写や死亡描写が多く、「児童誌のベルセルク」とまで呼ばれている。
2013年にはKCデラックスより新装版も刊行されている。こちらは全3巻。

また、トレーディングカードゲームも発売されている。

でびちる
集合



ゲームシステム

仲魔にした悪魔は「デビライザー」(デビルライザーガン)と呼ばれる銃に封印し、これにより持ち運ぶことができる。
ソフトのバージョンごとに、最初に使える悪魔が異なる。
最初に使える悪魔は、主人公の「パートナー」として扱われる。
パートナーはストーリーが進行することで進化するほか、パートナーごとにフィールド画面で使用できる能力が設定されている。

書ごとに主人公が違い、性能の違うパートナーを与えられる。
ストーリーも、一部リンクするものの違うストーリーを追うかたちになっている。
特に初期に発売した「黒の書」・「赤の書」は、合体システムが違うといった試みが見られている。しかし基本的なシステムは、女神転生シリーズそのままである。

・戦闘

パートナーと、デビライザーの一番上に配置されたデビルが戦う。
デビライザーはキングライザーと合わせて二丁存在するため、あらかじめメニュー画面で使いたい方をセットしておく必要がある。※GB世代のみ。GBA世代は両方とも使い三体同時に使役する

オーソドックスなコマンド式だが、毎ターンの初めに話すコマンドで敵デビルと交渉が可能。交渉は味方デビルが行い、相手と同じ属性、同じクラスだと成功しやすい。
コマンドを実行するとランダムなアイコンが出現し、「♡」や「♪」で止まると契約・回復・マッカorアイテム譲渡をしてくれる。
反対に「怒り顔」や「泣き顔」で止まると会話打ち切り・一方的な攻撃・逃走をされてしまう。もし失敗しても、次のターンには再度話すコマンドを選べる。

バトル系のコマンドは通常攻撃のほか、MPを消費する魔法、HPを消費する必殺技、アイテム、コール(パーティ入れ替え)が出来る。
コール(パーティ入れ替え)は手持ちリストの上から順番にしか出来ないため、並び順そのものが戦略になる。
また、セットしていない方のデビライザーに配置したデビルは、パートナーと入れ替える形で参戦させられる。

属性相性に陰陽五行の相克を採用しているのが特徴。ざっくり言うと強→弱として、木→土→水→火→金→木と日⇄月である。強弱関係にない場合は全て等倍。
氷や風、電撃属性を連想できるデビルもいるが、それぞれ水、木、金に分類されている。
なので例えば、パッと見はジャックフロストにアギ(火の魔法)が有効に感じるが、実際は苦手相性なため注意。

また、魔法や必殺技の割り当ては以下の通り。

属性スキル(魔法・必殺技)名
ザン系、ソニックブーム、メガサイクロン等
マグナ系、ガイアバスター、グランドブレイク等
ブフ系、コールドボイス、アイシクル等
アギ系、ファイヤーブレス、闇の炎等
ジオ系、サンダーボルト、さばきのイカズチ等
ハンマ系、てんちゅうさつ、ライトスピア等
ムド系、デスブレス、ギロチンブレイド等
※GBA世代は属性の名称がほぼ一新されており、氷属性が追加されている(水属性とは別)。
「電撃魔法のジオが木に強く、水には等倍」など、仕組みを理解していないとピンと来ないかもしれない。

味方とザコ敵のパラメーターは対等なので、相性が悪いとザコ戦でも一撃死する場合があり、難易度は高めといえる。
ボスはレベルが頭一つ抜けておりパラメーターも高く、HPMPが底上げされているため余計に勝つことが難しくなる。

・育成

戦闘で経験値が得られるが、これは主人公のレベルに対応しており、上がるほど高レベルのデビルを召喚できるようになる。
パートナーは悪魔合体でレベルを上げられる。
それ以外の仲魔は訓練所に預け、一定数の戦闘をこなすとパラメーターを伸ばせる(実害はないが、レベルは変わらない)。そのため仕様上、育成中のデビルは攻略に使えない。

ちなみに訓練所では必殺技を覚えさせる事も出来る。必要な戦闘回数は一律3回。
パートナー用の必殺技も習得可能で、破格の性能を持っている。こちらはその場で覚える。

・合体

怪しい館で、いわゆる悪魔合体が出来る。

種類      内容
混血合体違うデビル同士を掛け合わせ、別のデビルを作り出す。合体後は素材の持っていた魔法を継承できる。※例外あり
混血合体(赤の書) 一体目に選んだデビルをn段階ランクアップさせる(二体目のレベルで変動)。組み合わせによってはランクアップが起こらず、一体目のパラメーターが伸びる。ランクアップが起きた場合のみ魔法の継承が可能。
純血合体同じデビル同士を掛け合わせ、パラメーターの上昇や技の習得が出来る。回数を重ねるとランクアップするデビルもいる。
マソウ合体マソウアイテムを使い、デビルに新しいスキルを覚えさせられる。
化石合体化石を3つ使い、新たなデビルを入手出来る。組み合わせによって結果が変わる。
※黒の書は混血合体のみ。マソウと化石合体は光・闇の書から。

スキル継承時、必殺技と弱点属性のものは継承不可。また日属性はンダ系とデカジャ、バッドステータス系月属性はカジャ系とデクンダ、回復系がそれぞれ継承不可。

混血合体では稀に合体事故が起こり、ミュート種族を仲魔にする事ができる。※赤の書を除く

ゲームシリーズ

真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書

次々デビルを乗り換えてスピード攻略がしやすい「黒の書」と、じっくりデビルを育成する事が可能な「赤の書」が同時発売され、「ソウルハッカーズ」の要素をも盛り込んだ意欲的な作りは、子供向けとは言えゲームシリーズファンをも納得させる作りとなっていた。

後に初代PlayStation用にリメイクされ、グラフィックやBGMにアレンジが加えられたほか、一部イベントにCVが実装された。デビルやバトルネットの種類も増えている。
一本のソフトに黒・赤の両方が収録されており、ゲーム開始時にどちらの書で遊ぶか選択する。

TVアニメ化、マンガ化、トレーディングカードゲーム化、とメディアミックス展開も行われ、それぞれ一定の人気を博した。
(これらは登場人物や物語等の基本設定こそ共通しているものの、ゲーム、アニメ、マンガそれぞれに接点は無く、独立した別作品となっている。)

真・女神転生 デビルチルドレン 白の書

真・女神転生 デビルチルドレン 光の書・闇の書

キャラクター・世界観を一新し、作品名も一部改変され「真・女神転生Dチルドレンライトアンドダーク」シリーズ(通称Dチル・海外での販売を考慮し“デビル”と書かなかった)がGBAで発売される。
GBAシリーズ一作目となる「光の書・闇の書」が発売され、前作同様アニメ&カード&漫画連載のメディアミックス展開が成された。

真・女神転生 デビルチルドレン パズルdeコール!

真・女神転生 デビルチルドレン 炎の書・氷の書

真・女神転生 デビルチルドレン メシアライザー

「炎の書・氷の書」は攻略本のデビル出現場所データが丸々半分誤植で埋められていたという、ぞんざいな扱いだったという。

この四作品ではGB版の合成システムがより高度に進化しているものの、どのメディア媒体でもその全容が紹介されていないという事もあり、女神転生シリーズファンの間でも、ゲーム内容に関しては充分に周知されているとは言い難い不遇の作品である。

登場キャラクター

GB世代

甲斐刹那
要未来 
クール 
ベール 
高城ゼット/ゼブル 
甲斐永久
エレジー
葛羽 将来
王城 嵩治
クレイ 
レイ
ハーミル 
パク

GBA世代

ジン
アキラ 
ランド 
ゲイル
レナ
アミ

デビル

デビチルシリーズにおける悪魔の総称。本家同様神や天使もデビルの一種として扱われる。
本家シリーズに登場する悪魔がデビルとして登場しているが、中には黄道十二宮の天使アムシャ・スプンタスラヴ神話ブラジル神話アイヌアボリジニの伝承など本家にもほぼ登場しない出典の悪魔も出ており子供向けとは思えないマニアックっぷりである。後にダグザのように本家に登場する悪魔もいる。
童話から「カグヤひめ」や「ぶんぶくちゃがま」などが出演しているのも特徴。

また特定の神話には登場しない本作オリジナルの悪魔が存在しており、その大半は一般公募でデザインされた悪魔である。
以下はその一欄である。

  • GB世代に登場
    名称デビダス(ゲーム内説明)
    コトダマ話した事を本当にするすごい力を持ったデビル。ふだんはしずかな森に住んでいる。
    ヴァン美しすぎる素顔を隠すためにお面を着けている謎のデビル。
    ヴァンオーお面を常に着けているため誰も素顔を見たことが無いヴァン族の支配者。
    スカルクラウンお気に入りのボールに乗って追いかけて来る危ないデビル。強力な魔法を操る。
    ブラックラジャーデビルの呪いで心を無くした魔界で1番の斧の使い手。
    ニタニタいつもニタニタわらっている不気味なデビル。その笑い声は大地をも揺るがす。
    デービーくん強力な火炎バズーカを背中に担ぎ熱いハートで相手を倒すロボットデビル。
    いっかくドラゴン燃える体があまりにも熱くなりすぎて真っ白に輝くドラゴン。
    ばけモグラ魔界の力で巨大化した大きなモグラ。つぶらな瞳の視力は0.1しかない。
    ノーチラス深い海の中に住むオウムガイ。魔界の力で大きくなった。性格はとてもおとなしい。
    ソーマロウソクを正しい順番で点けると現れるロウソクのデビル。
    テツギツネ鉄の体と鉄の心を持つ狐のデビル。戦いが好き。
    キュースパー何でも吸い込んでしまう大きくなると全てを噛み砕く牙を持つデビル。
    カマザル捨てられていた釜に入って出られなくなった猿のデビル。手に持っている鎌で戦う。
    ハート良い魂と悪い魂がいつもバランスを取っているデビル人の魂を抜き取ってしまう。
    インディーつぶらな瞳がとてもキュートなデビル。額の目は水の中でもよく見える。
    スウィート甘い物がとても大好き昼間は寝ているのんびりデビル。背中のバッグはお菓子で一杯。
    アクアクラウド水を汚す人は許さない汚れた水から生まれたデビル。水の中を飛ぶように泳ぐ。
    プルトーほかのデビルにも恐れらている大きな鎌を持った死神のデビル。
    グリーン エム半分人で半分植物だけど人の心を持たない。
    フラワーキラー花の香りと美しさで人間のを誘い込み襲う花のデビル。
    チルチル炎の中に住むデビル。心は情熱に燃えている。
    バイキング戦いに敗れて海に沈んだ海賊と船のデビル。
    キルダンテ人間の悲しみに最高の喜びを感じるデビル。
    レモンチ腐ったレモンの種から生まれたデビル。足が速い。
    おくびょうタマゴ強そうなデビルを見るとすぐ殻に閉じこもる憶病なデビル。
    キノコぼうし100年生きて知恵を身に付けたキノコのデビル。念仏を唱えながら歩き回る。
    ロスト無くしてしまった物への思いが集まって生まれたデビル。人を困らせるのが好き。
    シャドウ大天使の影だったがある時大天使から離れた影のデビル。
    レクイエム死んだ人間の魂を鎮める歌を歌う優しいデビル。

  • GBA世代に登場
    名称デビダス(ゲーム内説明)
    デビルレイコン人間に退治された悪いデビルの魂。1体じゃ弱いからいつも何体か集まってから攻撃してくる。
    ルシファフロストフロスト族のピンチに魔界に舞い降りる伝説のフロスト。その力はルシファーに勝るとも劣らないらしい・・・。
    デリー心優しい人間の前にだけ姿を見せる珍しいハートの双子デビル。いつも仲良く遊んでいるらしい。
    ドルン誰よりも速く走ることを夢見て毎日トレーニングを欠かさない真面目なデビル。言葉使いは変!?
    クロックス時計のパーツを寄せ集めて鉄壁の防御を固める正義のデビル。手から出るビームはとっても強力。
    ラセン風の精霊界に住む精霊王。とても気難しくて寂しがりや。珍しい物が大好き。
    ガアーン幻をみせて人間の心を試す不思議なデビル。不気味な顔をしているが決して悪いことはしない。
    ラルー月の光を守っている心優しい神さま。夜中になると月から舞い降りてきて悪いことをする人間を懲らしめる。
    オオジタ大きな舌を出し人間を舐めまわしてビックリさせるのが大好きなデビル。大きな舌は触るとヤケドするほど熱い。
    テークシス失われた古代の力をもつ謎のデビル。魔法も技も得意で戦いにおいて負けたことがないと噂される・・・。

用語

デビルチルドレン

人間と悪魔の血を引くハーフデビル。デビルの使役や自己治癒能力を持ち、世界の運命を決定する力を持つ。
また、人間と天使のハーフであるエンゼルチルドレンも存在し、同様の能力を持つ。

メシアのツノ&メシアのヒトミ

魔界のゲートを開くアイテムで、それぞれ7個ずつ存在。
ツノとヒトミを組みあわるとノルンのカギになり、世界の運命を決めるときに使う。
どう考えても最重要アイテムなのだが、黒・赤の書の黒幕が2000マッカで特に忠誠心のない部下に譲っている。※2000マッカ=ハンバーガー約11個分

デビライザー

仲魔を入れておける拳銃型の召喚器。書によってデザインが異なる。
入りきらない分はヴィネセンター(デビル保管所)に送られる。

キングライザー

キングクラスのデビルも扱える第二のデビライザー。
魔王や大天使、特定のデビルの長などがキングクラスに該当するが、意外なところだとザントマンが分類されている。

ヴィネコン

デビライザーの管理、マップ・デビダス・NOTE(用語集)の閲覧、CDの再生が出来るノートパソコン。
アニメでは魔界に通じるゲートを開く道具で、「ゲートオープン、魔界へゴー!」が定番のフレーズになっていた。

魔王

強大な力を持ったデビルで、各魔界のトップ。
魔王達の更に上に立つのが大魔王
GB世代では「マオー」「ダイマオー」表記だった。

魔界

デビルが住み、魔王の治める世界。極端な環境である事が多い。
魔界の中心はセントラルランドで、大魔王ルシファーが仕切っている。
人間界は地上と呼ばれる。

ディープホール

暗黒の魔界で、トップクラスのデビルが出現する。
一度入ると二度と出られないと言われており、罪を犯したデビルがここに落とされる。
赤・黒の書では裏ダンジョンでもある。

デビダス

デビル図鑑。ステータスとスキル、解説が載っている。
スキルは純血合体で得られるものも載っているため、黒の書しか持っていないと混乱するかも。

デビホン

魔界のケータイ電話。電波が届いていればヴィネセンターにアクセスできる。
友達と会話もできるが、パターンが非常に少ない。

マッカ

お金。本来は魔界などの通貨だが、デビチルでは普通に人間界でも流通している。

ミュート

合体事故で召喚されるデビルの種族で、レベルの割に強力なスキルを覚えている。
黒の書では合体事故でしか仲魔にできないが、赤の書では一部がザコ敵として通常エンカウントする。

バトルネット

ヴィネセンターから挑戦できる腕試しバトル。
勝つと特典が貰えることもある。

ラジエルの書

どこかの魔界に隠されており、更にとあるデビルに解読して貰う必要がある。
内容は謎解きになっていて、解けば最強クラスのデビルを仲魔に出来る。

余談

・キツネのナマモノ

なんと漫画家柴田亜美がファミ通編集者と一緒に「ドキばぐ」での姿で悪魔「キツネのナマモノ」「ネコのナマモノ」として登場している。…が、ネコのナマモノは問題ないのだが、柴田をモチーフにした「キツネのナマモノ」は実は本来は「タヌキ」なのにその容姿を勘違いされてキツネ扱いされてしまっていた。

・クールの罠

先述の通り、黒・赤&白の書では氷属性っぽい悪魔も全て水属性に分類される。
しかし「黒の書」の最序盤で、パートナー(クール)が対プチフロスト戦で「炎の魔法、アギで倒せるぜ!」と助言してくるという引っ掛けがある。確かにアギが弱点とは言ってないが……
この誤解を引きずったまま水属性のボスに挑むと必要以上の苦戦を強いられるのは言うまでもない。よりにもよってそいつらは氷の怪物巨大雪だるまという、いかにも火に弱そうな外見をしている。

・強そうなor弱そうなデビル

敵デビルと遭遇したときに、「強そうなor弱そうな○○が現れた!」と出るが、これは主人公のレベルで判定される。訓練所に入り浸っていると必然的に戦闘回数が増えるため、ラスボスや裏ボスでも「弱そうな」と表示される場合がある。

関連動画



関連タグ

女神転生 メガテン Dチル アトラス メガテン100users入り コミックボンボン

関連記事

親記事

真・女神転生シリーズ しんめがみてんせいしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「真・女神転生デビルチルドレン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 365020

コメント