ピクシブ百科事典

萌え

もえ

人や物、キャラクターに対して強く心惹かれたり、いとおしく思う気持ち。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 萌える」の連用形。草木が出る様。 → 萌える
  2. 二次元、もしくは三次元の特定の人物キャラクターに対して用いられる言葉


pixivではほとんど2.の意味で用いられる。

概要

元々は漫画アニメの特定のキャラクターに対する強い感情を表すスラングとして自然発生した言葉らしいが、1990年代から2000年代にかけて徐々に一般にも浸透した言葉である。
使うによってその意味や規模・範囲が違うが、多くは「対象に対してたまらなくいとおしい」感情を抱くことを意味する。

「萌え」の単語の由来は諸説あるが(の記事参照)、遥か昔から「萌え」に相当する感情(萌え袖の記事参照)や、何かを愛しく思う感情を芽が萌え出る様子、何かを愛でる様子を芽に水をやる様子に例える表現はあったとされている。

萌える対象はなんでもありだが、「萌え」は女の子らしさを感じさせるもの、保護欲をそそられるものに使われることが圧倒的に多い。
例えば、少女、小動物、ファンシー・メルヘンチックなデザインなどの、一般的に綺麗、かわいいと形容されるものを連想されやすい。
またらマニアックな領域になると渋いオッサン、漢女ブサかわいい系などに萌えを感じる強者も存在する。
専門的な知識を要する界隈だと世界観、雰囲気、無機物のように、キャラクター以外に使われることもある。

自分が萌える萌えないに関係なく、多くの人が萌えがちなデザインそのものを「萌え」ということもある(前述の萌え絵もその定義でできたもので、大きい目、華やかなアクセサリー、メイド服や巫女服などの、いわゆるステレオタイプに該当するデザインが挙げられる)。

乙女系BLイケメンのキャラクターに感じる感情が「萌え」なのか「燃え」(格好いいものに憧れて、心がエネルギッシュに燃え上がる気持ち)なのかはよく議論され、前述の美少女キャラに感じる「燃え」もわずかながらに存在しているという。

一般にもこの言葉が浸透し「萌え」という概念が「オタク」や「アキバ系」の代名詞となっていくにつれて、ネットスラングとしての「萌え」の利用は徐々に減少・敬遠されるようになり、2010年代後半以降はほぼ死語状態となっている。
現在のネット上では、「このイラストは萌える(動詞用法)」「萌え〜!(感嘆詞用法)」「メガネっ子萌え(ポジティブな意味での付加語)」などと利用することは少なくなりつつあり、逆に「萌え豚」など、(少なからず侮蔑的な意味合いを含む)ネガティブな意味での付加語として使われる事がほとんどになった。

関連イラスト

きゅっ
猫の羞恥心



関連タグ

萌えた 萌える なんか萌える なにこれ萌える
萌え禿げた禿げ萌えた不覚にも萌えた 萌え死ぬ
萌え系
萌え絵 非萌え絵 萌えキャラ キャラ萌え 単体萌え 萌えアニメ 萌えスロ
萌え化 なぜ萌やした
萌えない 萌えてみろ

他の記事言語

Moe Anthropomorphism

関連記事

親記事

感情 かんじょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「萌え」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26912765

コメント