ピクシブ百科事典

N700S

えぬななひゃくえす

N700Sとは、JR東海が開発した新幹線車両。東海道・山陽新幹線で使われている。
目次[非表示]

注意:この記事は現在進行系の事象を扱っており、誤った情報や速報の書き込みが行われる事があり、それが原因となって編集合戦や誤った記事へと発展する事も度々あります。中立性のある記事を保持する為、事実確認をしてから編集をお願いします。


概要

2016年6月に発表された、東海道・山陽新幹線の新系列車両。N700系以来のフルモデルチェンジ車。
JR東海JR西日本との共同開発だったN700系とは違い、300系以来のJR東海自社開発車両となる。製造は日本車輌日立製作所(※1)。

JR東海編成については、編成記号は300系で使われていた「J」編成を継承、2018年3月に確認試験車(試作車)のJ0編成が落成。海外輸出を含む他路線への導入を視野を含めた360km/h試運転や8両編成(短編成化)試運転、停電時のバッテリーでの自走などデータ収集を行ったのち、2020年2月から量産車の増備が開始された。

2020年7月1日の「のぞみ1号」から営業運転を開始(2007年7月1日のN700系デビューから、ちょうど13年の節目)。「N700系(N700A)」「N700S」の運用自体は原則共通運用であり、本系列で運転する列車については公式Twitterで前日に発表される。しかし、運用上の都合等から急遽N700S→N700系(N700A)に車種変更する場合もある(逆の場合もある)。本系列はデビュー11日目の7月11日よりひかりこだま運用にも入るようになった。
2020年8月1日現在、デビュー初日の2往復を除いて、基本的に東海道新幹線区間内(東京~新大阪間)での運用に留まっている。

今後の計画

  • JR東海では、N700系2000番台X12編成の廃車(日付は2020年7月2日)を皮切りに、寿命に近づいたN700系(初期のX編成)の代替を2020年より順次行っている。
  • JR西日本もN700系・500系の代替車両として、JR東海と同じ本系列を投入する計画を発表。
  • JR九州九州新幹線(長崎ルート)に本系列を導入する計画を発表した。


車両形式について

車両名称は東海道・山陽新幹線車両として定着した、「N700」の名称に、最高を意味する「Supreme」の「S」をつけ、「N700S」とした。車体寸法や搭載機器が全く異なるため、N700系(N700Aを含む)とは別の系列である。
JR東海によると、「N700S」が正式名称で「系」を記載しない表記だが、一部の資料では「N700S系」の表記も使われている。(⇒一例)

すでに新幹線の車両形式自体が枯渇している状況にあったため、本系列は700番台の「73X形、74X形」の形式が割り当てられた(※2)(※3)。

詳細
0番台J編成、JR東海所有の16両編成。量産車。
9000番台J0編成、JR東海所有の16両編成。性能確認車(試作車)。設備が違うため営業運転には入らない。

※2020年8月1日現在、J1~J3編成、J5編成の4編成が営業運転入り。J4編成とJ7編成も製造完了。(※4)


主な特徴

  • ATCとブレーキシステムの改良により、地震発生時の緊急停車距離短縮
  • 台車振動検知システムのさらなる向上
  • VVVF制御装置の素子に炭化ケイ素SiC)を採用し、駆動システムの大幅な小型・軽量化
  • 徹底した小型軽量化による適な車両の床下機器配置の実現。これを利用した16両編成の基本設計のまま12両・8両などの様々な編成長に対応。
  • 先頭形状はN700系の「エアロ・ダブルウィング」から更に環境性能を向上させた「デュアル・スプリーム・ウィング」へ変更。
  • 車体屋根上の高圧引通線を車端部を除いて車体内に内蔵。
  • N700系より若干広い車体を採用。車体断面が異なる形状に。
  • N700系と青帯の先端部のデザインが異なる。
  • 車両搭載の機器監視システムを強化。地上へのデータ送信量の増加
  • より制振性能の高い「フルアクティブ制振制御装置」をグリーン車に搭載
  • 普通車全座席へモバイル機器用コンセントを設置
  • 普通車座席のリクライニングがグリーン車と同じく背もたれと連動して座面が動く構造になっている。
  • リチウムイオンバッテリー搭載により、停電時に時速30km/hでの自走が可能になり、最寄り駅への退避やトンネル内からの脱出が可能に
  • 普通車客室上部にある荷棚の部材には、廃車された700系N700系9000番台から発生するアルミニウム合金をリサイクルして使用。今後廃車される予定のN700系量産車からも流用。
N700系Sメカニズム詳解




脚注

  • (※1):中国高速鉄道の車両製造に際し「中国南車」へ車両製造技術の提供を行った点、2017年に発生したN700系の台車破損重大インシデントにおいて、発生原因が川崎重工業の台車製造工程における構造的ミスであった点から、川崎重工業は東海道・山陽新幹線系統の車両開発から外されている。
  • (※2):700系は71X形・72X形、N700系は76X形・77X形・78X形。
  • (※3):東海道・山陽新幹線の車両形式は、百の位を系列としての名称に割り当てていた(例:300系の東京方先頭車は322形、700系の東京方先頭車は724形。なお0系の場合は2ケタ形式)が、900番台は事業用車に割り当てられるため使用できず、N700系登場の時点ですでに番号が頭打ちになっていた。600番台は未使用だが、本来はE1系に割り当てられる予定だった。
  • (※4):製造メーカーの納入の都合。日立製作所製編成の製造が遅れ、J4編成は7月1日の営業開始までの導入が間に合わなかった。


関連動画

公式CM動画 2020年N700S 7/1デビュー「その先の、笑顔へ。」篇


「Don't Stop JAPAN!」編


使用楽曲 Don't_Stop_Me_Now/Queen


関連タグ

JR東海 JR西日本 JR九州 新幹線
東海道新幹線 山陽新幹線 九州新幹線 東海道・山陽新幹線

関連記事

親記事

東海道・山陽新幹線 とうかいどうさんようしんかんせん

子記事

  • N700S系 えぬななひゃくえすけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「N700S」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10882

コメント