ピクシブ百科事典

N700S

えぬななひゃくえす

N700系の更なる進化系。

平成28年6月に発表されたN700系の改良型。SはN700系シリーズの中で最高の車両を意味する“
Supreme"を表している。

主な特徴

  • ATCとブレーキシステムの改良により、地震発生時の緊急停車距離短縮
  • 台車振動検知システムのさらなる向上
  • VVVFの素子に炭化ケイ素(SiC)を採用し、駆動システムの大幅な小型・軽量化
  • 徹底した小型軽量化による適な車両の床下機器配置の実現。これを利用した16両編成の基本設計のまま12両・8両などの様々な編成長に対応
  • 先頭形状はN700系のエアロ・ダブルウィングから更に環境性能を向上させたデュアル・スプリーム・ウィングへ変更
  • 車両搭載の機器監視システムを強化。地上へのデータ送信量の増加
  • より制振性能の高い「フルアクティブ制振制御装置」をグリーン車に搭載
  • 普通車全座席へモバイル機器用コンセントを設置
  • リチウムイオンバッテリー搭載により、従来架線停電時に使用できなくなったトイレが一部号車で利用可能に

など

今後の予定

平成30年3月頃(2018年3月)に確認試験車が落成し、データ収集を行った後平成32年(2020年)から量産車の増備が開始される予定。既に投入が行われているN700Aと合わせて700系を置き換えていくが、2019年度までに700系は全廃となる予定なので、N700Sで置き換えられる700系は少数になると見られている。むしろその頃にはN700系X編成が寿命を迎える頃になるので、もしかしたらN700SでN700スモールAを置き換えることが実現するかもしれない。
なお確認試験車は現在のN700系X0編成のような役割に落ち着くと見られている。

pixivに投稿された作品 pixivで「N700S」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48

コメント