2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

N700S

えぬななひゃくえす

N700SはJR東海が開発した新幹線車両。JR西日本・JR九州も導入し、東海道・山陽新幹線と西九州新幹線で運用。
目次[非表示]

概要

その先の、笑顔へ。
かもめ、飛ぶ!


東海道・山陽新幹線(イラスト左)と西九州新幹線(イラスト右)で活躍する新幹線電車
2016年6月に東海道・山陽新幹線向けのN700系以来のフルモデルチェンジ車として発表された。よく間違えられるが、N700系(N700A)とは完全な別の系列である
2020年7月より営業運転を開始している。

製造は日本車輌日立製作所(※1)。JR東海JR西日本との共同開発だったN700系とは異なり、300系以来のJR東海自社開発車両となった。
JR西日本JR九州でも導入されている。詳細は後述。

2021年に鉄道友の会ローレル賞を受賞。また、車両とグリーン車用シートが、2021年度グッドデザイン賞(日本デザイン振興会主催)に選ばれた。

N700Sグリーン車 背景素材



略歴

2018年

  • 3月に確認試験車のJ0編成(9000番台)が落成。同月10日に報道公開を行い、20日より試運転を開始した。海外輸出を含む他路線への導入を視野を含めた360km/h試運転や8両編成(短編成化)試運転、停電時のバッテリーでの自走などデータ収集を行った。

2020年
  • 2月に量産車第1号であるJ1編成(0番台)が落成。7月のデビューまでに5編成製造予定だったが、コロナ禍の影響で4編成(J1~3、5)の登場となった。
  • 7月1日より運用開始。N700系と共通運用で、順次本数を増やしていった。初日以外は基本的に東海道新幹線内の列車を中心に運用された。

2021年
  • 3月13日から、JR西日本所属のH編成(3000番台)が運用開始。2編成を導入。
  • 4月20日より運行開始のJ13編成から、11号車の車椅子スペースを6席へ増やした。これにより座席数が1323席から1319席へと変更。窓側にも車椅子スペースを設置したのは、当形式が初。なお、J1~J12編成は2席のまま運用予定。
  • 12月22日には、JR九州西九州新幹線向けのY編成(8000番台)が日立製作所にてお披露目。他のN700Sとは違い、6両編成。

2022年
  • 3月12日に7号車にある喫煙ルームを廃止し、テーブルやコンセントなどを備えるビジネスブースへ改装。5月9日から一部編成にてサービスを開始している。
  • 9月23日、西九州新幹線開業。Y編成がかもめとして運用開始。

2023年以降
2023年度~2026年度に掛けて製造される19編成は、多目的ルームの窓位置変更や、車椅子スペースのコンセント位置の変更等のマイナーチェンジが行われる予定。


主な特徴(共通項目)

  • ATCとブレーキシステムの改良により、地震発生時の緊急停車距離短縮。
  • 台車振動検知システムのさらなる向上。
  • 主変換装置のスイッチングモジュールに炭化ケイ素(SiC)製素子を採用し、許容温度を向上させ大幅な小型軽量化を実現。
  • 徹底した小型軽量化による最適な床下機器配置の実現。具体的には従来主変圧器と主変換装置の同時搭載が不可能であったが、これを可能にした。車種削減により16両編成の基本設計のまま12両・8両などの様々な編成長に対応。
  • 先頭形状はN700系の「エアロ・ダブルウィング」から更に環境性能を向上させた「デュアル・スプリーム・ウィング」へ変更。ライト周辺を盛り上がらせ整流作用を向上させている。
  • 車体屋根上の高圧引通線を車端部を除いて車体内に内蔵。
  • N700系より若干広い車体を採用。車体断面がN700系より角ばっている。
  • N700系と青帯の先端部のデザインが異なる。
  • 車両搭載の機器監視システムを強化。地上へのデータ送信量の増加。
  • より制振性能の高い「フルアクティブ制振制御装置」をグリーン車に搭載。
  • 普通車全座席へモバイル機器用コンセントを設置。
  • 普通車座席のリクライニングがグリーン車と同じく背もたれと連動して座面が動く構造になっている。
  • リチウムイオンバッテリー搭載により、停電時に時速30km/hでの自走が可能になり、最寄り駅への退避やトンネル内からの脱出が可能になった。
  • 主電動機の磁極数を増やし、固定子鉄心を小型化することで軸方向スペースの捻出と軽量化。捻出したスペースはブレーキライニングと歯車装置の改良に充てられている。
  • 歯車装置を従来のはすば歯車からヤマバ歯車に変更することで軸方向の振動を低減、大幅な静粛性向上と軸受の耐久性・整備性向上を実現した。
  • 普通車客室上部にある荷棚の部材には、廃車された700系N700系から発生するアルミニウム合金をリサイクルして使用。2023年度からは、車体の一部にもリサイクルしたアルミニウム合金を使用する。
N700系Sメカニズム詳解


  • また、J0・J15編成にはモニタリング用の架線検査装置装備が搭載されている。


各社の導入状況と仕様

JR東海

N700S
新たな "のぞみ" 生まれる
NOZOMI-Supreme
N700S デビュー1周年


前述の通り2016年6月に開発を発表、2018年3月に試作車(9000番台・J0編成)が完成し、2020年7月1日より量産車(0番台)が営業運転を開始した。

16両編成で、基本的にN700系と設備を合わせている。塗装もN700系を引き継いだ白い車体に青い帯だが、前頭部のデザインが異なる(Sをイメージしたデザイン)編成番号は『J』で、0番台を名乗る。
2026年度までに量産車59編成導入予定であり、製造から約12年で寿命を迎えたN700系2000番台(X編成)を順次置き換えている(2020年7月2日よりN700系2000番台の廃車・解体が進んでいる)。
なお、試作車(9000番台・J0編成)は、量産車(0番台)と設備が異なる(後述)ため、営業運転には入らず、2020年7月以降も試験走行に徹している。(N700系9000番台・X0編成が2019年2月に廃車になり、後を継いでいる。)

JR西日本

JR東海と同一仕様の16両編成が2020年度に2編成導入され、2021年3月13日のひかり594号より運用開始。編成番号は『H』で、3000番台を名乗る。
また、西日本管内限定運用の500系・700系7000番台(レールスター)の代替車両として、本系列の8両編成仕様車の投入が計画・予定されているが、2022年4月現在詳細の発表はない。

JR九州

N700S 8000番台 西九州新幹線「かもめ」
長崎かもめ[新幹線化]
地を駆ける夢


2020年10月28日、建設中の西九州新幹線に本系列を導入する計画を発表)、2021年12月22日に第1編成が公開され、2022年1月6日から11日にかけて、山口県から長崎県大村車両基地へ輸送された。5月10日より試運転を実施。
同年9月23日の同線開業にあわせ運用開始予定。

東海道・山陽新幹線向け車両とは仕様が異なり、本番台の特徴は以下の通り。

  • ベース車両はJR東海のN700Sだが、法手続き上は九州新幹線800系の構造装着変更の扱いで車両確認を受けた。
  • 普通車のみの6両編成で、車番は8000番台とされた。なお、16両編成の車両とは形式の付け方が異なる(後述)。編成番号は「Y」。
  • 九州区間における35‰急勾配の走行に対応するため、全車両電動車となる。下り勾配走行時にのみ起動する抑速ブレーキも装備。編成が短いため、一部機器は車内に機器室を儲け設置。
  • 16両編成に搭載されている車体傾斜装着や床下ヒーターなどは、最高速度・環境の違いから非搭載とした。
  • 外観デザインは水戸岡鋭治氏が担当。車体色は純白をベースに、JR九州コーポレートカラーの赤を床下やアクセントに入れた。同氏が手掛けた他の車両と同様、英字ロゴやシンボルマークが描かれる。
  • 高級車をイメージした黒一色や、白や赤の単色も検討されたが、最終的に紅白のデザインが選ばれた。800系と似た配色なったが、明るい赤色の面積を増やした。
  • 列車名は在来線特急の「かもめ」を継承し、800系のデビュー当初のように毛筆字で「かもめ」の文字が車体にレタリングされている(当時のJR九州社長青柳俊彦氏が書いたもの)。
  • 内装は「和」の要素を取り入れる。座席は1~3号車指定席(2+2列)、4~6号車自由席(2+3列)。3号車に車椅子スペースを設置。所要時間が短いため喫煙ルームは設置されない。
  • 800系と同様に検査装置を搭載可能な編成があり、Y1、3に軌道検査装置、Y2編成に架線・信号設備検査装置を必要に応じて搭載できる。

その他



車両形式について

車両名称は東海道・山陽新幹線車両として定着した、「N700」の名称に、最高を意味する「Supreme」の「S」をつけ、「N700S」とした。車体寸法や搭載機器が全く異なるため、N700系(N700Aを含む)とは別の系列である。JR東海によると、「N700S」が正式名称で「系」を記載しない表記だが、一部の資料では「N700S系」の表記も使われている。(⇒一例その1一例その2)

すでに新幹線の車両形式自体が枯渇している状況(※2)にあったため、車両1両ごとにつけられる形式名がややこしいことになっている。

  • 東海道・山陽新幹線で使用されている16両編成(0番台J編成、3000番台H編成)は、700系(71X形・72X形)とN700系(76X形・77X形・78X形)に使用されていない「73X形・74X形」の形式が割り当てられた。このため、N700系より新しいのに番号が若返っている。
  • 西九州新幹線向け8000番台Y編成は上記とは異なり「72X形」を名乗っており、一見すると700系と同じ形式番号になっている(ただし700系に8000番台は存在しないため、番号の重複は起きていない)。このようになった経緯について公式発表はされていないが、書類上は前述の通り800系の構造変更とされている。

番台詳細編成数(2022年5月現在)
0番台J編成、JR東海所有の16両編成。量産車。増備中(※)
3000番台H編成、JR西日本所有の16両編成。2編成(2021年現在)
8000番台Y編成、JR九州保有の6両編成4編成(予定)
9000番台J0編成、JR東海所有の16両編成。性能確認車(試作車)。量産車とは設備が違う(後述)ため営業運転には入らない。1編成

(※)2026年までに59編成を予定。製造時期により若干仕様の違いがあるが、全て0番台でJ1編成からの通番。

試作車(9000番台)と量産車(0番台)の違い

  • 先頭部の台車カバー形状
  • 床下機器の位置やカバーの分割を変更
  • 試作車は16号車の検電アンテナが旧型のまま
  • 試作車は2、15号車の屋根上にパンタ設置準備工事がある
  • 試作車はパンタグラフに投光器とカメラがある
  • 一部車両の屋根上の滑り止めの形状を変更
  • ロゴマークの濃さ(量産車の方が濃い)
  • 試作車には3号車山側の喫煙ルームの窓が無い
  • 量産車は10号車海側の業務用室の窓が無い
  • 量産車は11号車の車椅子対応席のシートピッチ(窓間隔)が広い



運用

東海道・山陽新幹線

2020年7月1日より運用開始。初日はのぞみ1号→26号(J1)、のぞみ3号→46号(J3)の2往復。
COVID-19の影響で日立製作所製分の製造が遅れ、J1~3、J5編成の4本での運用開始となった。
N700系(N700A)と共通運用で、デビューより2ヶ月間は公式Twitterにて運用を公開し、それ以降は東海道新幹線各駅やJR東海テレフォンセンターにて当日の運用を問い合わせができた。基本的に東海道新幹線内の列車に充当され、デビュー11日目からはひかりこだまの運用にも使われている。

2021年3月13日のダイヤ改正より、本系列の運用を一部固定化するダイヤが組まれた。いずれも東海道新幹線完結列車で、こだま3往復、ひかり1.5往復、のぞみ4.5往復(当時)。これら列車以外のN700S充当列車は非公開とされ、問い合わせ対応も終了した。

しかし、前述の通り車椅子設備の違いやビジネスブースの有無など設備が違う編成が増えたため、2022年5月9日より再び運用を公開。現在はJR東海公式サイト内で「毎日運用固定」「本日限り充当」2種類の時刻表が用意・掲載されている(⇒運行ダイヤはこちら)

西九州新幹線

2022年9月23日の同線開業と同時に運用開始。
列車名は各駅停車タイプ・速達タイプ共に全てかもめで、47本全列車に使用される。

脚注

  • (※1):これまでは川崎重工業も長らく東海道・山陽新幹線系統の車両開発・生産に関わってきた。が、中国高速鉄道の車両製造に際し、現在の「中国中車」へ車両製造技術の提供を行った点、2017年に発生したN700系の台車破損重大インシデントにおいて、発生原因が同社内の台車製造工程における構造的ミスであった点などによりJR東海との関係が悪化、安全や技術特許防護の観点から同社は本系列をもって東海道・山陽新幹線系統の車両開発から外される事となった。参照記事
  • (※2):東海道・山陽・九州新幹線の車両形式は、百の位を系列としての名称に割り当てていた(例:300系の東京方先頭車は322形、700系の東京方先頭車は724形。なお0系の場合は2ケタ形式)が、900番台は事業用車に割り当てられるため使用できず、N700系登場の時点ですでに番号が頭打ちになっていた。600番台は未使用だが、本来はE1系に割り当てられる予定だった。


その他

新幹線変形ロボ_シンカリオン

N700Sのぞみ
シンカリオンZ N700Sのぞみ


タカラトミーより、新幹線がロボットに変形するシンカリオンN700Sのぞみおよび、シンカリオンZ_N700Sのぞみの2種のおもちゃが発売された。

  • 前者は1号車・5号車・16号車の3両で変形し、ノーマルモードとドラゴンと合体し武装強化したスプリームモードがある仕様で、玩具オリジナルの機体(アニメ1期終了後かつ、営業運転開始前だったのでアニメや映画には登場しなかった)。
  • 後者は同アニメ2期の放送に合わせて発売された。先頭車両2両変形の他、HC85系とZ合体(手脚の装換)する機能がある。

関連動画

2020年7月1日営業1番列車「N700S 出発式」

鉄道新聞社YouTubeチャンネルより

公式CM動画 2020年N700S 7/1デビュー「その先の、笑顔へ。」篇


「Don't Stop JAPAN!」編 (8月1日より公開)


使用楽曲 Don't_Stop_Me_Now/Queen

Queen公式YouTubeチャンネルより

CM

JR東海のCMずらし旅』の最後にN700Sの走行シーンが流れる。
イメージキャラクターに本木雅弘を起用。地方各地を旅するシーンが描かれる。
キャッチコピーは「ひさびさ旅は新幹線!」「旅は、ずらすと、面白い

madoくん



関連タグ

JR東海 JR西日本 JR九州 新幹線
東海道新幹線 山陽新幹線 西九州新幹線 東海道・山陽新幹線
ずらし旅

関連記事

親記事

東海道・山陽新幹線 とうかいどうさんようしんかんせん

子記事

  • N700S系 えぬななひゃくえすけい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「N700S」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「N700S」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38493

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました