ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本の鉄道における列車の名称の1つ。戦前から長らく使用されている。
1937年(昭和12年)に東京駅 - 神戸駅間で運行を開始した列車に採用されたのが始まりであり(当時は「鷗」と旧漢字表記であった)当時運行されていた「」や「富士」、「」などの補助的性格的な列車であった。1943年(昭和18年)に戦時体制強化に伴い廃止。

戦後の1953年(昭和28年)、京都駅 - 博多駅間を山陽本線・鹿児島本線経由で運転する特急列車として「かもめ」が再び命名される。この時からひらがな表記になる。

1961年(昭和36年)10月のダイヤ改正で80系気動車化され、行先を博多から長崎へと延長。また小倉から分割し宮崎へ行く編成が付属するようになった。(こちらも後に西鹿児島まで延長された)。
1968年(昭和43年)10月、他の長距離列車と振り替えられる形で付属編成の行先を西鹿児島から佐世保へと変更。付属編成は肥前山口で分割併合される形となる。
1975年(昭和50年)山陽新幹線博多駅乗り入れによる長距離列車の再編に際して廃止。愛称としては一時期に消滅する形となった。

1976年(昭和51年)年の長崎本線全線電化に伴う博多ー長崎の九州内電車特急の愛称として再び使用され、現在に至る。
現在はJR九州特急列車愛称であり、1976年からの運転区間は長崎駅から長崎本線(市布経由)と鹿児島本線を通り博多駅まで。
この区間を所要時間約1時間50分で結んでいる。
なお基本的には上記のように博多―長崎の運転であるが、朝や深夜帯においては長崎まで行かず佐賀駅肥前鹿島駅を始発・終着とする「かもめ」が存在する。この場合は「かもめ10〇号」という号数表記となる。
また珍しいダイヤとして1本だけ門司港佐賀行きという列車がある。(2020年3月現在)
門司港6:53→佐賀8:56 かもめ101号

車両は787系885系を使用している。
885系の編成は『白いかもめ』と呼ばれ、所要時間が787系より少々短い。(これは振り子式車両であり線路曲線への減速対策がなされているためである)
787系は車体塗装がグレーであるため、白いかもめと対比する形で俗称が『黒いかもめ』とされている。

平成に入ってから九州新幹線の全線開業迄は783系が運用されており、博多駅から肥前山口駅までの区間で佐世保行きの特急『みどり』を併結していることもあった。

ハウステンボス開業後、一部の「かもめ」はハウステンボス駅行き特急『ハウステンボス』と上記「みどり」との3列車併結として最大14両の長編成で運行していた。
2011年(平成23年)3月11日のダイヤ改正時において、783系の運用がすべて787系に置き換えられ上記の併結運転は全て終了、全運用が「かもめ」のみの単独運転となる。
なお長崎~福岡(博多天神)間は高速バスとの競争が激しい区間のため、値引ききっぷ等で対抗している。

使用車両

現役車両

885系

憧れの運転台~JR九州885系特急電車



787系

ドット絵プロフ画像【787系・アラウンド・ザ・九州】



過去の車両

783系
民営化直後の1989年(平成元年)に投入された。登場初期、一部の列車においてははカフェテリアの営業が行われていたこともあり、登場時には「ハイパーかもめ」と呼ばれていた。

鉄面画 JR九州783系にちりんシーガイア



485系
山陽新幹線開通後、民営化を経てJR世代の車両に交代するまで長らく活躍していた。
JR化後はドーンデザイン研究所水戸岡鋭治デザインの導入により車体が赤く塗装された為「赤いかもめ」と呼ばれていた。

短時間挑戦 2471



今後の予定

N700S

Don't stop KYUSHU


2020年10月28日、2022年秋に開業予定の西九州新幹線(長崎ー武雄温泉間)の愛称も「かもめ」となる計画が発表された

なお今までの在来線特急列車は武雄温泉始発に変更され、博多まで運行される予定。またこれに合わせて武雄温泉で接続する上記の在来線「かもめ」は「リレーかもめ」に改称される。

関連項目

JR九州

西九州新幹線

つばめ みどり ソニック さくら あかつき
485系 783系 787系 885系白いかもめ

関連記事

親記事

列車愛称 れっしゃあいしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「かもめ(列車名)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6832

コメント