2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本の鉄道における列車の名称(列車愛称)の1つ。戦前から現在まで長らく使用されている。

サイドビュー ~ 「かもめ」の系譜
かもめ



戦前

1937年(昭和12年)に東京駅神戸駅間で運行を開始した列車に採用されたのが始まりであり(当時は「鷗」と旧漢字表記であった)当時運行されていた「」や「富士」、「」などの補助的性を持った列車であった。1943年(昭和18年)に戦時体制強化に伴い廃止。

関西~九州間特急時代

戦後の1953年(昭和28年)、京都駅博多駅間を山陽本線・鹿児島本線経由で運転する客車特急列車が「かもめ」と再び命名される。この時からひらがな表記になる。

1961年(昭和36年)10月のダイヤ改正で80系気動車化され、行先を博多駅から長崎駅へと延長。また小倉駅から分割し宮崎駅へ行く編成が付属するようになった。
1965年(昭和40年)10月のダイヤ改正で宮崎編成が「いそかぜ」として独立。付属編成の行き先が西鹿児島駅(現・鹿児島中央駅)に変更される。
さらに1968年(昭和43年)10月のダイヤ改正では

  • 「かもめ」西鹿児島編成→「なは
  • 「いそかぜ」宮崎編成→「日向
  • 「いそかぜ」佐世保編成→「かもめ」佐世保編成

となり、長崎編成と佐世保編成は肥前山口駅で分割併合される形となった。
1975年(昭和50年)3月のダイヤ改正で山陽新幹線博多駅乗り入れによる長距離列車の再編に際して廃止。愛称としては一時期に消滅する形となった。

九州島内特急時代

1976年(昭和51年)年の長崎本線全線電化に伴う博多~長崎の九州内電車特急の愛称として再び使用。1976年からの運転区間は長崎駅から長崎本線(市布経由)と鹿児島本線を通り博多駅まで。この区間を所要時間約1時間50分で結んでいる。

ほとんどの列車は博多~長崎間の運転であるが、朝や深夜帯においては長崎まで行かず佐賀駅肥前鹿島駅を始発・終着とする「かもめ」が存在。当該列車は「かもめ10〇号」という号数表記で長崎発着の列車と区別している。

  • また、珍しいダイヤとして1本だけ門司港駅佐賀駅行きという列車がある(2020年3月現在)。門司港6:53→佐賀8:56 かもめ101号
  • 2011年3月のダイヤ改正までは783系による、佐世保駅行きの特急『みどり』と、ハウステンボス駅行き特急『ハウステンボス』と連結した14両の長編成で運行した列車もあった。
  • 長崎~福岡(博多天神)間は高速バスとの競争が激しい区間のため、値引ききっぷ等で対抗している。
2022年9月22日に運行終了。

新幹線開業後

2022年9月23日に西九州新幹線が部分開業。列車再編・運行区間変更が行われることになった。

愛称路線主な運行区間使用車両
かもめ西九州新幹線長崎駅武雄温泉駅N700S
リレーかもめ長崎本線佐世保線武雄温泉駅~博多駅・門司港駅885系787系
かささぎ長崎本線肥前鹿島駅~博多駅・門司港駅885系787系783系

  • 『リレーかもめ』と『かもめ』は武雄温泉駅で接続し、同一ホーム上での乗り換えとなる。かつての九州新幹線(リレーつばめつばめ)と同じ方式。『リレーかもめ』の下り列車は『長崎行き』、新幹線『かもめ』の上り列車は『博多行き』をそれぞれ行き先として表示し、両者の一体感を出す。
  • 『リレーかもめ』のうち5往復は、『みどり』として佐世保駅まで運行。このため、従来の在来線特急『かもめ』と『みどり』では独立した付番となっていた号数表示が、『リレーかもめ』(および接続する新幹線『かもめ』)と『みどり』(および併結する『ハウステンボス』)では連番となる。
  • 『かささぎ』は、従来の『かもめ』の博多駅~肥前鹿島駅間を大幅減便の上で存続させる形で新設される特急列車で、1日7往復と佐賀駅発着の上り2本・下り1本を運行。

西九州新幹線運行形態

各駅停車タイプ…25本
嬉野温泉通過…12本
嬉野温泉・新大村通過…7本 合計44本(22往復)
新大村~長崎区間列車…3本

使用車両

西九州新幹線

N700S8000番台

かもめ、飛ぶ!
地を駆ける夢


2022年9月23日の西九州新幹線部分開業時から運用開始。
JR東海が開発したN700Sを西九州新幹線仕様に変更した6両編成で、1~3号車が4列の指定席、4~6号車が5列の自由席。

在来線特急時代の車両

885系

憧れの運転台~JR九州885系特急電車
鬼滅の鴎


2000年3月11日より運用開始。
通称『白いかもめ』
振り子式車両で、曲線区間でのスピードアップを実現した。このため、他の車両より所要時間が短い。
近年は鬼滅の刃(2020年)や呪術廻戦(2021年)などのラッピング車両も走らせることがある。
2022年9月22日まで運用。

787系

ドット絵プロフ画像【787系・アラウンド・ザ・九州】
787系


1994年3月1日より運用開始。
1996年に一度運用から撤退。2001年3月~10月の間だけ運用復活。2011年3月、「リレーつばめ」廃止に伴い、再び「かもめ」に使用されるようになった。
通称『黒いかもめ』
2022年9月22日まで運用。

783系

HYPER SALOON 783
783系擬人化


1989年より運用開始。
通称『ハイパーかもめ』で、一部の列車においてははカフェテリアの営業が行われていた。
リニューアル前は、有明用車両とは塗装が一部異なっていた。
前述の通り、かつてはみどり・ハウステンボスと連結した14両の運行も行っていた。
末期は、佐賀駅始発の1本のみに使用。
2022年9月22日まで運用。

485系

短時間挑戦 2471
JR九州485系特急電車


1975年の山陽新幹線開通後、長崎本線の特急として民営化を経てJR世代の車両に交代するまで長らく活躍していた。JR化後はドーンデザイン研究所水戸岡鋭治デザインの導入(リニューアル)により車体が赤く塗装されたため「赤いかもめ」と呼ばれていた。
2000年3月10日まで運用。

キハ80系(キハ82系)

82系
センシティブな作品


1953年~1975年、京都駅~博多駅の山陽本線特急時代に活躍した気動車。

蒸気機関車

C57
菊の季節に桜が満開だ!!


1937年~1943年、東海道本線の特急「鴎」として活躍。C57C59などが有名。


停車駅

西九州新幹線

(リレーかもめ接続) - 武雄温泉駅 - (嬉野温泉駅) - (新大村駅) - 諫早駅 - 長崎駅
※()内の駅は一部の列車が通過
武雄温泉駅で、博多駅方面へのリレーかもめが接続。このため、新幹線の行先表示も「博多行き」となっている。(武雄温泉到着時のみ「武雄温泉行き」表示に変わる。)
なお、かもめ64号のみ、リレーかもめ64号門司港行きに接続するが、車両の案内は「博多行き」、駅の案内は「門司港行き」と表示される。(参照)

なお、車両側面の列車名表示は、各駅停車タイプが青色、1駅通過タイプが赤色、2駅通過タイプが黄色で、東海道新幹線のこだま・ひかり・のぞみと同じ色分けをしている。
試運転時は全て黄色で、開業初日は2駅通過タイプも赤色だった。

在来線時代

門司港駅 - 門司駅 - 小倉駅 - 戸畑駅 - 黒崎駅 - 折尾駅 - 赤間駅 - 福間駅 - (吉塚駅) - 博多駅 - (二日市駅) - 鳥栖駅 - 新鳥栖駅 - 佐賀駅 - (肥前山口駅) - 肥前鹿島駅 - 諫早駅 - 浦上駅 - 長崎駅
※()内の駅は一部の列車が停車

余談

「概要」でも触れたとおり、「かもめ」は長らく山陽本線の特急に使われた由緒ある愛称であるが、山陽本線は海沿いを走る区間は意外と少ない。そのため、山陽本線の特急の愛称に「かもめ」が採用されたとき、作家の内田百閒は「特別急行『からす』と云った方がよかったかも知れない」と皮肉っている。

脱線事故

2003年7月18日21時45分頃、長崎本線肥前長田駅小江駅間を走行中の「かもめ46号」が、線路上に落ちてきた直径約80cmの岩石に衝突し、脱線転覆した。車両は線路横の田んぼに転落し、乗客36名が重軽傷。
当該車両は885系SM3編成で、前頭部は原型を留めないほど潰れており、現地で解体された。半年後に4~6号車の3両が代替え新造され復帰。

関連項目

長崎ルートの特急列車

長崎発着系統佐世保発着系統ハウステンボス方面福岡・佐賀県内完結
列車名リレーかもめかもめみどりハウステンボスかささぎ


その他

JR九州 特急 列車愛称 長崎本線 西九州新幹線
つばめ ソニック さくら あかつき いそかぜ なは 日向
485系 783系 787系 885系白いかもめ

関連記事

親記事

列車愛称 れっしゃあいしょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16139

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました