ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ひゅうが(列車)

ひゅうが

かつて国鉄で運行されていた京都駅~都城駅間の急行列車、大阪駅~宮崎駅間の特急列車、JR九州が運行している宮崎県内を走る特急列車の愛称。ちなみに前者二つは漢字表記で後者はひらがな表記。
目次 [非表示]
  1. 1960年~1968年まで運行されていた京都駅都城駅間の夜行急行。「日南」に愛称統合され消滅。
  2. 1968年10月のダイヤ改正で誕生した大阪駅宮崎駅間の気動車特急。のちに電車化されたが1975年3月ダイヤ改正で廃止
  3. 2000年のダイヤ改正で誕生した延岡駅南宮崎駅宮崎空港駅を結ぶ電車特急。

急行「日向」の概要

運行区間京都駅-都城駅
運行路線東海道本線/山陽本線/鹿児島本線/日豊本線
車両スハ43系10系客車など
運行期間1960年6月~1968年10月

1960年6月、京都駅大分駅間の夜行急行「くにさき」を都城駅まで延長して「日向」と改称。誕生当時は京都駅~熊本駅間の急行「天草」と併結されていたが同年10月から単独運転となった。

当時の南九州は観光やハネムーンのメッカであり1965年10月ダイヤ改正で誕生した新大阪駅宮崎駅間の「夕月」共々乗車率が高かった。1968年10月改正で「夕月」共々「日南」に統一され愛称は後述の新設気動車特急に転用された。


特急「日向」の概要

データ

運行区間大阪駅-宮崎駅
運行路線東海道本線/山陽本線/鹿児島本線/日豊本線
車両キハ80系/485系
運行期間1968年10月~1975年3月

1968年10月のダイヤ改正(ヨンサントオ改正)で大阪駅佐世保駅宮崎駅を結んでいた気動車特急いそかぜの宮崎編成を「日向」と改称。小倉駅までは西鹿児島駅行きの特急なはと併結運転をしていた。

1973年10月ダイヤ改正で「なは」が電車化されたため、「日向」は単独で運転をすることになったが、その「日向」も1974年4月ダイヤ改正で電車化された。

1975年3月ダイヤ改正で山陽新幹線博多駅まで延伸開業したため廃止された。

なお、漢字表記の「日向」の愛称はその後も日豊本線内の臨時急行の愛称に用いられている。


特急「ひゅうが」の概要

データ

運行区間延岡駅-南宮崎駅/宮崎空港駅
運行路線日豊本線/宮崎空港線
車両783系5両(南福岡列車区)/787系6両(南福岡列車区)/4両(大分車両センター)

日豊本線宮崎県内区間のみを走る列車でにちりんの区間便にあたり、宮崎県の海側を南北に結んでいる。

1989年のダイヤ改正で延岡駅南宮崎駅間の快速「ひむか」が設定されたが、2000年のダイヤ改正で「にちりん」の本数が削減された際に、宮崎県内区間を補完する目的で「ひゅうが」が運行開始され「ひむか」は廃止された。その後「にちりん」が再び増発されたため現在の「ひゅうが」は「にちりん」の運行がない時間帯に6往復が設定されている。

延岡駅発は5本が朝(残り1本は深夜)、延岡駅行きは全便が夕方以降の運転でありホームライナー的な性格を持つため普通車はすべて自由席となっている。

現在では「にちりん」およびきりしまと共通で使用されており、787系4両編成が使用される便はワンマン運転となっている。


停車駅

延岡駅 - 南延岡駅 - (門川駅) - 日向市駅 - (都農駅) - 高鍋駅 - 佐土原駅 - (宮崎神宮駅) - 宮崎駅 - 南宮崎駅 - 宮崎空港駅

()内の駅は一部の列車が停車


愛称の由来

「日向」と「ひゅうが」の愛称は表記の違いこそあれども旧律令国名の日向国に由来している。さらに言えば「ひむか」も日向国に由来している。


関連タグ

日向/ひゅうが

JR九州

川内エクスプレス(列車) 快速ひむか にちりん


国鉄

彗星 夕月

いそかぜ かもめ

なは…気動車特急時代の併結相手

はまかぜ…元々は「日向」編成を利用して誕生した列車

関連記事

親記事

にちりん にちりん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 226

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました