ピクシブ百科事典

彗星

すいせい

太陽系内の天体のひとつで、氷や塵でできている。楕円軌道を描き、太陽に近づくと溶けて尾を引く姿になる。列車や爆撃機の名称にも用いられた。
目次[非表示]

爆撃機についてはこちら

天体の彗星

星空に輝く。


太陽系内の天体の種類の一つで、でできたもの。軌道が太陽に近づくと溶けだして発生したコマ(大気のようなもの)や尾が大きく輝く。
多くが太陽系の周囲を周回しており、短いものでも数十年単位、長いものだと数百年単位で周回を繰り返している。
一過性の非周期型も存在し、実はこのタイプの方が観測された数では多い。

流星のように空を瞬時に横切ったりすぐに消えたりはしない。もちろん寿命も存在し、周回を繰り返す中で自身を構成する氷塵が一定まで融解しきると、自身の速度や太陽風の影響に耐えられなくなって砕け散る。また何かしらの原因で、周回軌道から外れることもあると考えられている。

1994年に観測された「シューメーカー・レヴィ第9彗星」は、木星に衝突したと考えられ、うちその破片の一つの衝突痕は地球一個分に相当するとまで言われている。

彗星は“凶つ星”か

占星術では東西を問わず、古くから彗星は凶運の星として恐れられてきた。
実際、歴史上の大事件の前後に彗星の飛来周期が重なることは多く、古くは王族や貴人の死の前兆、大乱や病魔の蔓延に関連付けられた。
インド中国占星術では彗星を『計都星(けいとせい)』、西洋では『ドラゴンズテイル』と呼び、その出現を恐れたという。
一方、彗星の出現は「地上への天からの警告」とも考えられ、地上の秩序が乱れ、天が何かしらの裁定を下そうとしている前触れとも解釈された。

著名な彗星

ハレー彗星 百武彗星 ヘール・ボップ彗星

列車愛称の「彗星」

いい日 旅立ち


国鉄JRグループが運行した夜行列車に付けられた愛称。天体の彗星にちなむ。寝台特急の「彗星」は1968年から2005年まで京阪神と日豊本線方面を結ぶ列車として運行された。
なお、20系14系14系15形24系24系25形583系と国鉄が設計・新製したすべての寝台特急用車両が使用された列車である。

関連タグ

別名

箒星/ほうき星 コメット

天体関連

太陽系 小惑星 カイパーベルト

列車関連

寝台特急 寝台列車 夜行列車
あかつき なは 明星 富士 日豊本線

その他

赤い彗星 シャア・アズナブル
ツイフォン グモリー彗星 ティアマト彗星
バルファルク

pixivに投稿された作品 pixivで「彗星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 941050

コメント