ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

彗星

すいせい

太陽系内の天体のひとつで、氷や塵でできている。楕円軌道を描き、太陽に近づくと溶けて尾を引く姿になる。列車や爆撃機の名称にも用いられた。
目次 [非表示]

個別記事


天体の彗星

星空に輝く。

太陽系内の天体の種類の一つで、でできたもの。華やかな見かけとは裏腹にその石炭よりも黒い」マイナス230℃以下の冷たい天体である。軌道が太陽に近づくと氷(揮発性物質)が溶けだして塵を巻き込みながらジェットとして噴出し、コマ(大気のようなもの)や尾が大きく輝く。彗星核の性質はしばしば「汚れた雪だるま」と形容される。

多くが太陽系の周囲を周回しており、短いものでも数十年単位、長いものだと数百年単位で周回を繰り返している。

一過性の非周期彗星も存在し、実はこのタイプの方が観測された数では多い。

彗星の「氷」は「水(H2O)の氷」とは限らない

天文学的な意味での「氷」は様々な種類の揮発性物質の総称として使われる。彗星から揮発し放出されるガスには、水、二酸化炭素、一酸化炭素、アンモニアなど様々な成分が含まれている。

それぞれの物質は異なる温度(=太陽からの距離)で揮発を始め、例えば一酸化炭素の放出は多いが水は少ないなど彗星ごとに個体差があるため、彗星の明るさの予測が困難な原因になっている

彗星から放出されるガスや塵は実際には非常に希薄だが、彗星の周りの宇宙空間はそれよりもはるかに希薄で真空に近く、ガスや塵の流れを妨げるものがほぼ存在しないため、広大な広がりを持った尾が発達し、暗黒の宇宙を背景にその様子を観測することができるのである。


流星のように空を瞬時に横切ったりすぐに消えたりはしない。もちろん寿命も存在し、周回を繰り返す中で自身を構成する氷塵が一定まで融解しきると、自身の速度や太陽風の影響に耐えられなくなって砕け散る。


太陽への接近距離が近い彗星で初回の接近でいきなり崩壊して消滅してしまうこともある。

近年では大彗星と期待されながら太陽接近時に粉々に崩壊して関連グッズクラッシャーと化した非周期彗星のアイソン彗星 (C/2012 S1)が記憶に新しい。


公転周期の短い周期彗星は頻繁に観測できるので一見目立ちそうだが、揮発性物質の枯渇が早く進み、勢力が衰えるのも早く、暗く目立たない彗星になりがちである。この種の彗星としては公転周期3.3年のエンケ彗星が代表的。それとは逆に非周期彗星は太陽に接近した経験のない「新鮮」な彗星が多く、大量の揮発を生じて大彗星になりやすい。ハレー彗星は周期彗星かつ大彗星という稀有な例である。


彗星は基本的に多孔質で自己重力も非常に弱く物理的に脆い存在であり、氷が融け切った彗星は大抵が崩壊するが、運よく崩壊せずに残るものもある。これは「枯渇彗星核」や「彗星・小惑星遷移天体」と呼ばれ、もはや彗星としての活動を示すことはなく観測上は小惑星と区別がつかなくなる。

周期彗星の場合、楕円軌道で惑星の軌道を横切る軌道を取っているため、惑星と接近して重力により軌道が大きく変わることがしばしばある。その際に惑星に衝突したり惑星に捕獲されて衛星になったり、加速されて太陽系外へ飛ばされたりして周期彗星でなくなったり消滅したりすることが多い。周期彗星の数が非周期彗星よりも少ないのはこのことが一因になっている


1994年に発見された「シューメーカー・レヴィ第9彗星」は、木星に接近した際に木星に捕獲され、さらに木星を周回している間に多数の破片に崩壊して、最終的に木星に次々と衝突して消滅した。その破片の一つの衝突痕(衝突雲)は地球一個分に相当する直径にまで拡がった。


彗星は“凶つ星”か

占星術では東西を問わず、古くから彗星は凶運の星として恐れられてきた。

実際、歴史上の大事件の前後に彗星の飛来周期が重なることは多く、古くは王族や貴人の死の前兆、大乱や病魔の蔓延に関連付けられた。

インド中国占星術では彗星を『計都星(けいとせい)』、西洋では『ドラゴンズテイル』と呼び、その出現を恐れたという。

一方、彗星の出現は「地上への天からの警告」とも考えられ、地上の秩序が乱れ、天が何かしらの裁定を下そうとしている前触れとも解釈された。


著名な彗星

ハレー彗星 百武彗星 ヘール・ボップ彗星 オウムアムア


列車愛称の「彗星」

いい日 旅立ち

国鉄JRグループが運行した夜行列車に付けられた愛称。天体の彗星にちなむ。

急行「彗星」

東京駅大阪駅間で1949年9月改正で新設された17・18列車が源流。1950年11月改正で「彗星」の愛称が与えられた。なお正式名が付くまで関西では「銀河」に対して「流星」と呼ばれていたらしい。

1957年10月には全車寝台列車化され、1962年5月からビュフェ式食堂車オシ16形「サロンカー」が連結されるなどしたが1964年10月の東海道新幹線開業で廃止された。

1963年10月~1964年9月に存在した「銀河」「彗星」「明星」「月光」「金星」「あかつき」「すばる」の東海道寝台急行七兄弟のうち、「明星」「月光」「あかつき」とは関西(山陽)~九州間の夜行特急として再び同僚になっている。


特急「彗星」

関西圏日豊本線経由で南九州を結ぶ列車として急行「夕月」「日向」があったがこれとは別に1968年に20系客車を使用し新大阪駅宮崎駅間を結ぶ東海道新幹線との接続も兼ねた新設の寝台特急として誕生した。

1970年には都城駅まで延長され、新たな宮崎駅発着列車や急行「べっぷ」を格上げした大分駅発着列車もラインナップに加わり1974年には最大となる5往復に成長した。同じ関西発着特急の「あかつき」と共に14系24系24系25形といった「ニューブルートレイン」が優先的に投入された。

1975年3月の山陽新幹線全線開業に伴い大分駅発着と宮崎駅発着の各1往復が削減され3往復になる。大分駅発着便に583系が投入されたが1978年10月改正で25形に変更された。

その後も削減を繰り返し1980年10月改正で大分駅発着便、1984年2月改正で宮崎駅発着便が廃止され誕生当初からの都城駅発着便のみとなる。

1986年11月改正で14系15形が投入されるが1994年10月改正で25形に戻る。

1995年4月改正で南宮崎駅~都城駅間が廃止される。

JR発足後も高い乗車率を誇っていたが設備が陳腐化し1980年代から押されていた新幹線・航空機・フェリー・格安の夜行バスに圧倒され乗車率も激減。2000年3月に「あかつき」と併結され京都駅発着となり再度15形化される。

しかし、低乗車率に歯止めが掛からず2005年3月改正で廃止された。


余談

  • 20系・14系・14系15形・24系・24系25形と国鉄時代に設計・新製されたすべての寝台特急用客車が使用された列車として「あかつき」「はやぶさ」「富士」も該当するが583系も使用されたのは「彗星」だけである。
  • 国鉄線内で蒸気機関車が牽引した最後の定期特急列車でもある。1973年5月9日の上り列車において車両運用の都合上、DF50ではなくC57が重連で牽引した記録が残っている。ちなみにこの年の4月、奥羽本線福島駅新庄駅間にて土砂崩れが発生したため特急「あけぼの」が東北本線陸羽東線経由で迂回運行し小牛田駅~新庄駅をC58が重連で牽引している。
  • 1975年3月改正から2000年3月改正までは神戸駅に停車し(関西始発の列車では珍しく)三ノ宮駅を通過する唯一の列車だった。

別名・表記ゆれ

箒星/ほうき星 コメット


関連タグ

天体関連

太陽系 小惑星 カイパーベルト 隕石 光芒  流れ星(流星)


列車関連

寝台特急 寝台列車 夜行列車

あかつきなは明星月光きりしま:関西~九州間の夜行特急の同僚たち

富士日豊本線経由ブルトレ繋がり


彗星が題材の作品など

題名

彗星のアルナディア 彗星列車のベルが鳴る 生物彗星WOO ムーミン谷の彗星

ガイア幻想紀


作中用語

彗星「ブレイジングスター」 白色彗星帝国 ペガサス彗星拳


作中用語(架空の彗星)

ギャラクティック・ノヴァ(「星のカービィ」に登場)

グモリー彗星(「ドラゴンボールZ」に登場)

ツイフォン(「ウルトラマン」に登場。関連: 彗星怪獣ドラコ彗星戦神ツイフォン

ティアマト彗星(「君の名は。」に登場)

ギャレオリア彗星(「勇者王ガオガイガー」に登場)


キャラクター名

CNo.105BK彗星のカエストス 彗星のブレドラン 彗星ローラ

赤い彗星シャア・アズナブルの異名)

バルファルク

関連記事

親記事

天体 てんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1777074

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました