ピクシブ百科事典

ティアマト彗星

てぃあまとすいせい

アニメ映画『君の名は。』に登場する彗星。
目次[非表示]

概要

アニメ映画君の名は。』に登場する架空彗星
ティアマトメソポタミア神話に登場する蛇身の女神の名前。
物語において重要な役割を担っており、この作品のシンボルのような存在である。

1200周年周期で地球のそばを通過している周期性の彗星で、物語では10月4日に最接近して、と地球の間を通過する。

なお、糸守町にある糸守湖も過去に落下した隕石によって形成された“隕石湖”であるとされており、街の外れにある御神体も、周囲の地形からおそらく落下してきた隕石の一部ではないかと思われるが、このティアマト彗星との関連については不明である。

また、新海監督も言及している通り「ティアマト彗星は人工天体だった」と劇中に明示されている。

関連タグ

君の名は。








実は…(以下節、ネタバレにつき注意)


この映画の顔とも言え、PVやオープニングなどでもその美しい姿で人々の目を魅了したティアマト彗星。



だが、この彗星にはあの世界の誰もが、そして、映画を観に来た観客の誰もが予想すらしていなかった、恐るべき悪魔が潜んでいた…!!
(※リンク先参照。今作最大級のネタバレに付き、閲覧注意。)









※ 以下、物語の本筋とはまったく関係ないネタバレ





















余談

映画の劇場公開時、この彗星の接近を解説するニュースの場面において、背景に描かれた彗星の予測軌道が太陽の手前でターンするように描かれていた。
該当するのは序盤における宮水家の朝ご飯のシーンと、運命の日の朝に瀧が彗星接近のニュースを確認するシーン。

じつは、彗星も天体である以上、公転軌道(太陽の周りを回る軌道)を描く動き(ケプラーの法則。高校物理。教育時期や学校によっては中学で習う場合もある)をとる。つまり彗星である以上、劇中の該当シーンで示されるような軌道はとらないのだ。
万が一にも現実で彗星にこんな軌道を取られた日には、上記した今作最大のネタバレなどアッサリと民間人レベルで看破されてしまい、日本中は大騒動である。少なくとも本作劇中のような「天体ショーですね」などという安穏とした空気には絶対にとは言わないが高い確率でなりえない。

そのためSF・理系知識を持つものの中には意識を削がれてしまったものもいたようで、さっそく「と学会」会長として御馴染みな、SF作家の山本弘(と、あと幾人かの理系の作家や学生・生徒たち)に「物語の本筋とは関係ないけれど」という配慮の上での注釈の元、SNSなどでツッ込まれた。山本氏などはこれを根拠に「手抜き」とまで断じている。

ただし「架空の物語(ファンタジー)」である以上「そんなことはどうでもいいことで、そういう設定だと飲み込めばいいじゃないか」とする意見ももちろん出ているし、理系の人間が全員、このような指摘をしているわけではない。

上記した該当シーン以外では正常な軌道を描いているシーンもあるため、円盤などの別メディアでは何らかの形で修正される可能性はある。

発売された円盤では全くそのような手落ちは最初から無かったかのように消え去っている。
それはまるで、歴史を変えた代償で変わってしまった瀧の記憶のように。


真・関連タグ

彗星戦神ツイフォン…同じく、彗星に潜んでいた悪魔。
アクシズ…2つに分割し、一方は地球への落下ルートを辿る点で共通している。
バルファルク…彗星をモチーフとしたモンスター。PVでは青空をバックに赤い残光を引きながら飛翔するという演出があったのだが、それがどこかティアマト彗星を思わせるという声もあった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ティアマト彗星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5014272

コメント