ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アニメ映画君の名は。』に登場する架空彗星
ティアマトメソポタミア神話に登場する蛇身の女神の名前。
物語において重要な役割を担っており、この作品のシンボルのような存在である。

1200周年周期で地球のそばを通過している周期性の彗星で、物語では10月4日に最接近して、と地球の間を通過する。

なお、糸守町にある糸守湖も過去に落下した隕石によって形成された“隕石湖”であるとされており、町の外れにある御神体も、周囲の地形からおそらく落下してきた隕石の一部ではないかと思われるが、このティアマト彗星との関連については不明である。

また、新海監督も言及している通り「ティアマト彗星は人工天体だった」と劇中に明示されている(ただし、誰が何の目的で作り出したものなのかは不明)。これが単なる天然の彗星ではなく人工物である事は「ロッシュ限界を越えていない」のに分裂した事でも示唆されている。

関連タグ

君の名は。

※ここから先は君の名は。最大級のネタバレとなっております。
ネタバレを避けたい方はブラウザバックをお願いします。





























ネタバレ

この映画の顔とも言え、PVやオープニングなどでもその空に舞う天使の如き美しい姿で人々の目を魅了したティアマト彗星。



だが、この彗星にはあの世界の誰もが、そして、映画を観に来た観客の誰もが予想すらしていなかった、恐るべき悪魔が潜んでいた…!!
(※リンク先参照。今作最大級のネタバレに付き、閲覧注意。)


単なるすれ違いものの遠距離恋愛映画だと思われていたこの作品の「敵」は、恋のライバルでも二人を隔てる距離でもない。


この「悪魔」がもたらした、あまりにも残酷な「運命」だったのである。


そして、その「運命」に闘いを挑んだのは、糸守町とは何の縁もゆかりもなかったはずの、たった一人の少年だった…!!








※ 以下、物語の本筋とはまったく関係ないネタバレ





余談

映画の劇場公開時、この彗星の接近を解説するニュースの場面において、背景に描かれた彗星の予測軌道が太陽の手前でターンするように描かれていた。
該当するのは序盤における宮水家の朝ご飯のシーンと、運命の日の朝に瀧が彗星接近のニュースを確認するシーン。

じつは、彗星も天体である以上、公転軌道(太陽の周りを回る軌道)を描く動き(ケプラーの法則。高校物理。教育時期や学校によっては中学で習う場合もある)をとる。つまり彗星である以上、劇中の該当シーンで示されるような軌道はとらない。

そのためSF・理系知識を持つものの中には意識を削がれてしまったものもいたようで、さっそく「と学会」会長として御馴染みな、SF作家の山本弘(と、あと幾人かの理系の作家や学生・生徒たち)に「物語の本筋とは関係ないけれど」という配慮の上での注釈の元、SNSなどでツッ込まれた。山本氏などはこれを根拠に「手抜き」とまで断じていた。

もっとも、先に述べたように「人工天体」であるためその法則に従わない、という解釈も可能ではあったが、上記した該当シーン以外では正常な軌道を描いているシーンもあり、その後発売されたディスクメディアや配信版では、全くそのような手落ちは最初から無かったかのように修正された。

意図して製作されたかは不明だが、ティアマトと天体との関係としては、ハインリヒ・シュリーマンの影響を受けて神話は実在すると考えた考古学者ゼカリア・シッチンが唱えた説に、
「太古の昔、火星木星の間には第5番惑星ティアマトが存在し、アヌンナキという宇宙人が自らの住むニビル星の衛星でティアマトを割って地球と月と小惑星を生み出した」
というトンデモ説もある。

事実は小説より奇なり

グリーンランドのハイアワサ氷河の下にに一万年前と思われる約31kmの巨大クレーターが見つかった。ヤンガードリアス期の原因は彗星か小惑星が衝突した可能性が高くなった。一万年前の遺跡のギョベクリテペにはエンケ彗星の描写があり、彗星の衝突が原因かもしれず、ヤンガードリアス期はナドゥーフ文化の人類の農耕の技術を作ったと思われる。氷河を調べてみるとほかにも七万年前と思われる約37kmの巨大クレーターがあり、世界で三例目にクレーターが接近した場所となった。周期的にくる地震の震源地のようにクレーターが氷河の下にあるため、調べることが出来ないらしい。マジで2つもあって一万年前のクレーターは糸守湖そっくり❗️二つ目は御神体のクレーターにそっくり糸守は本当にあったんだ❗️

真・関連タグ

彗星戦神ツイフォン…同じく、彗星に潜んでいた悪魔。
アクシズ…2つに分割し、一方は地球への落下ルートを辿る点で共通している。
バルファルク…彗星をモチーフとしたモンスター。PVでは青空をバックに赤い残光を引きながら飛翔するという演出があったのだが、それがどこかティアマト彗星を思わせるという声もあった。

関連記事

親記事

君の名は。 きみのなは

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ティアマト彗星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6024604

コメント