ピクシブ百科事典

新海誠

しんかいまこと

新海誠は、日本のアニメーション作家・映画監督。
目次[非表示]

概要

日本のアニメーション作家・映画監督。本名は「新津誠(にいつ まこと)」。
1973年2月9日、長野県南佐久郡小海町に生まれる。実家は地元の有力な建設会社である株式会社新津組を経営している。
幼少期からSF作品を好み、小学生のころはスピードスケーター部、高校生のころは弓道部に所属していた。

中央大学文学部在学中からゲーム会社である日本ファルコムでアルバイトとして働き、卒業後に入社。パッケージビジュアルやオープニングムービーなどを制作するかたわら、自主制作アニメの制作を開始する。

2000年、『彼女と彼女の猫』が第12回CGアニメコンテストにてグランプリを受賞。2001年に日本ファルコムを退社し、フリーとなったあと、一人ですべてを製作した25分の短編アニメ映画ほしのこえ』が一躍脚光を浴び、文化庁メディア芸術祭星雲賞などで多くの賞を受賞した。

その後、2004年に初の長編アニメである『雲のむこう、約束の場所』、2007年に連続短編アニメ『秒速5センチメートル』、2011年に長編『星を追う子ども』、2013年に中編『言の葉の庭』が劇場公開される。

2016年、『君の名は。』は東宝が配給する夏のアニメ映画として全国公開され、興行収入250億円を超える大ヒットを記録。前作『言の葉の庭』の興行収入役1.5億円から100倍以上のジャンプアップを果たし、一躍その名が全国的に知られることになった。
2019年には『天気の子』が公開され、前作の人気もあって早くから注目を浴びた。

アニメやゲームのほかにも、複数の企業CMの製作に携わっている。好き。

作風

緻密で美しくクオリティーの高い風景背景の描写を得意とし、演出や作風とともに高い評価を得ている。作風としてはSFを下地としながらも、抒情的な表現、男女の心理的な距離や、すれ違いを描く切ないストーリーに定評がある。また、村上春樹の作品に強い影響を受けていると語っている。
制作では業界ではまだ主流ではない絵コンテの段階の絵をつなげて音声を入れた「ビデオコンテ(Vコンテ)」を作り、アフレコや音楽、SEなどを入れる際の指標にしている。しかもそのときの全キャラの声を監督が一人で演じる。

『秒速5センチメートル』以降は小説の執筆も行っており、『君の名は。』においては映画公開に先駆ける形で小説が発売された。

代表作


関連イラスト

五等分の花嫁【新海誠作品】



関連動画

監督作品

新海誠監督作品&『君の名は。』特報(2015年12月)


新海誠監督作品&『天気の子』スペシャル予報(2019年7月)


タイアップCM

Z会クロスロード(2014年2月)


大成建設「シンガポール」篇(2018年9月)


関連タグ

アニメーション監督 映画監督 新海誠監督作品のカップリング

外部リンク

関連記事

親記事

アニメーション監督 あにめーしょんかんとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「新海誠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29309114

コメント