ピクシブ百科事典

星を追う子ども

ほしをおうこども

『星を追う子ども』は、2011年5月7日公開の日本のアニメ映画。
目次[非表示]

少年は憧れ、少女は旅立つ。
それは、“さよなら”を言うための旅。

概要

前作『秒速5センチメートル』から4年後の発表となった新海誠制作のジュブナイルアニメーション映画。制作に2年をかけており、2010年11月に製作が発表された。
ロンドン滞在中に脚本を書いており、幼い頃に読んだ児童書(『ピラミッド帽子よ、さようなら』乙骨淑子)が製作のきっかけになっていると語っている。

他の新海作品とは大きく作風が異なり、ファンタジー要素の強い作品となっているのが特徴。また、キャラクターデザインや絵柄・各描写等、随所にスタジオジブリ作品を意識した要素が数多く見受けられるが、これは「日本のアニメの伝統的な作り方で完成させてみる」という新海監督の拘りからだったらしい。ファンからはしばしば「ジブリのパクリ」等と揶揄されることもあるが、監督自身も「ある程度自覚的にやっているという部分もある」とコメントしている。

メインターゲットとして想定していたファミリー層からはまずまずの評価を得られたものの、従来の新海作品のファンの間ではこれまでとはあまりにもかけ離れた作風から賛否両論となり、こうしたこともあってか興行的には失敗に終わり、新海監督作品の中では唯一の赤字作品となってしまった(ただし、観客動員数は前作を超えている)。

ストーリー

ある日、父の形見の鉱石ラジオから聴こえてきた不思議な唄。
その唄を忘れられない少女アスナは、地下世界アガルタから来たという少年シュンに出会う。2人は心を通わせるも、少年は突然姿を消してしまう。「もう一度あの人に会いたい」そう願うアスナの前にシュンと瓜二つの少年シンと、妻との再会を切望しアガルタを探す教師モリサキが現れる。そこに開かれるアガルタへの扉。3人はそれぞれの想いを胸に、伝説の地へ旅に出る―。

登場人物

アスナ(渡瀬明日菜
- 金元寿子
山間で育った少女。
母と二人暮らしのため、年齢よりもしっかりしているが寂しさも感じている。
少年シュンとの出逢いにより、冒険に旅立つことになる。

シュン / シン
声 - 入野自由
アスナと出逢う少年シュンとその弟シン。アスナと出逢い世界の魅力を知ったシュンはある日突然彼女の前から姿を消す。
その後、兄の残したものを引き取りにきたシンはアスナと逢うことに。

モリサキ(森崎竜司
声 - 井上和彦
アスナが通う学校に赴任してきた国語教師。
若い頃に妻を亡くした教師はもうひとつの顔を持つ…。

関連イラスト

星を追う子ども
星がくれたもの

pixivに投稿された作品 pixivで「星を追う子ども」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 207899

コメント