ピクシブ百科事典

糸守町役場総辞職隕石

いともりまちやくばそうじしょくいんせき

ティアマト彗星を『シン・ゴジラ』の内閣総辞職ビームにちなんだ呼び方である。

以下君の名は。最大級のネタバレにつき閲覧注意!

(ネタバレ回避スペース)

















































星が降った日



ティアマト彗星は地球に最接近した際にはるか上空で突如として分裂を起こし、その破片の一つが直径40mもの隕石(後述の資料によれば隕鉄の可能性が高い)となって日本の糸守町に落下、文字どおり町を壊滅へと陥れた
これは完全な球体(まずありえないが)だとすれば実に3万3500立方m、重量は10万t以上ということになり、ビキニ水爆の倍の威力があったとされるツングースカ大爆発の隕石より一回り小さいという驚くべきサイズである。しかも作中では空中爆発せず直接山肌に着弾していたため、核攻撃に匹敵するほどのエネルギーが生じたのは間違いない。

しかし、糸守町役場に対する直接的な被害の規模は劇中のシーンのみでは確認しにくく、また少なくとも町長である宮水俊樹は災害から生還出来た模様(あくまでも隣接自治体の図書館に保管されていた「糸守町彗星災害犠牲者名簿目録類」を見た限りであるため、断定はできない)。仮に町役場も無事だったとすれば、ティアマト彗星は役場の存在意義である糸守町を壊滅させたことで間接的に総辞職に追い込んだ要因となっていたということになる。

小説版ではより踏み込んだ描写がなされている。
それによると、秒速30㎞で着弾したことにより1㎞四方が一瞬で消滅。5㎞先でもマグニチュード4.8の揺れを観測し、わずか15秒で爆風が到達した。役場や高校などは倒壊を免れたものの、町の主要な部分が壊滅的な被害を受け水没したことや、住民人口の3割以上が一度に死亡したことなどが重なり、また災害後に町の残存部分からの転出希望者が続出し、町外への人口流出が止まらなかった事もあって町政の維持が困難と判断され、隕石災害から14ヶ月後、地方自治体としての糸守町は消滅してしまったとされている(おそらく周辺自治体に吸収合併されたものと推察される。本来は糸守町が保管すべき公的資料である上記名簿目禄類が隣接自治体の図書館に収納・管理されていた事実がそれを裏付けている)。

なお瀧と三葉の尽力によって成し遂げたクライマックスにおける生存ルートの場合でも、国の主導により周辺自治体等への大規模な移住プログラムが実行されたとされており、どちらにせよ町長以下全役場職員が糸守町役場としての職を辞せざるをえない運命は変わらなかったということになる。

関連項目

君の名は。 ティアマト彗星 糸守町
内閣総辞職ビーム ウルク王過労死魔獣
2013年10月4日 - ティアマト彗星の破片が糸守町に落下した日。ちなみに時刻は20時42分だったとされる。

pixivに投稿された作品 pixivで「糸守町役場総辞職隕石」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137715

コメント