ピクシブ百科事典

ティアマト(Fate)

てぃあまと

ティアマトとは、『Fate/Grand Order』で登場した人物。
目次[非表示]

※ここから先は『Fate/Grand Order』七章に関わるネタバレがあります。




































―――かないで―――

―――いかないで―――

―――れないで―――

―――はなれないで―――

―――わたしから、また―――

―――また、わたしをおいていかないで―――

かえってきて―――かえって―――
もういちど、わたしのもとに―――

もういちど―――もういちど―――

いえ―――いいえ―――

もうにどと―――もうにどと―――

わたし を あいさない で

一刻



プロフィール

クラスビーストⅡ
真名ティアマト
性別女性
身長・体重160cm~7400万km2・??kg(測定不能)
出典古代メソポタミア神話
地域メソポタミア
属性混沌・悪
設定担当奈須きのこ
ILLUST山中虎鉄
CV悠木碧


黒い泥もティアマトの身長となる。ただし泥は虚数なので重さは計量できない。反面、体積は無限となる。要は四次元ポケット。

概要


真名

メソポタミア神話における創世の神のひとり、ティアマト

神々は真水であるアプスー、塩水であるティアマトから生み出された。その後、子供である神々は原父アプスーに反旗を翻し世界の支配権を獲得する。この時、ティアマトは子供たちの行為を穏やかに容認した。夫への愛より子供たちへの愛が勝っていた証左である。

しかし、神々は母であるティアマトにさえ剣を向けた。ティアマトは嘆き、狂い、新しい子供として十一の魔獣を産みだし、神々と対決する。戦いの末、ティアマトと十一の魔獣は破れた。神々は彼女の死体を二つに裂き、天と地を造り、これを人界創世の儀式としたという。

創世後に切り捨てられた母胎。生命を生み出す土壌として使われたが、地球の環境が落ち着き、生態系が確立されてからは不要なものとして虚数世界(裏側の世界。並行世界ですらない、生命のない虚数空間)に追放された『母なる海』である。

……生態系が確立した以上、ランダムに生命をデザインする彼女はもう要らない。生命体がこの星に準じた知性を獲得する行程において、もう邪魔者でしかなかったのだ。以後、ティアマトは虚数世界で元の地球に戻るチャンスを待ち続けた。


人理定礎の崩壊、そして聖杯の力によりこちらの世界に帰還を果たしたティアマトは深い微睡みの中にいた。それがマーリンの魔術によるものかはさておき、カルデアの攻撃とそれを誘導したキングゥの手によりその眠りから目覚め、その本能に従って人類掃討に乗り出した。

それは用済みとして捨てられた恨み・憎しみ・悲しみもあるが、もう一度地球の生態系を塗り替え、すべての母に返り咲く『喜び』に耽る行為でもある。

以上の本性をもって彼女のクラスは決定された。
人間に置き去られ、人類史に最も拒絶された大災害、
七つの人類悪のひとつ、『回帰』の理を持つビーストⅡ
創世の女神は偽りの名。母を離れ、楽園を去るという人類最古の原罪が生んだ、究極の母性の体現者である。

人物

人格らしきものは確認できない。

理性をなくしたのか、はじめから理性がないのか、どちらともとれる。
ただ子供を産み、育て、愛でる事だけを存在意義としているが、その産物である人類にこれを否定されたため戦いに乗り出した。
『現人類を駆除しないと自分が殺される』という、いわば『純粋な防衛本能』とも言うべき極めて原始的なシステムで稼働している。

ファム・ファタール

ティアマト


通常の霊基状態。ティアマトの頭脳体ともされ、この状態では自らの手足が封印されている為主動で攻撃できないが、代わりに様々なデバフ効果をもたらす歌を謳う。
ただ歌という手段を用いる関係上、この効果は取り巻きのラフム達にも及ぶという地味な欠陥があり、お互いに有効打を欠いてぐだぐだになることは避けられない。
霊基一覧ではこの状態が登録される。

手足の封印、主人公の夢を介した「もう二度と私を愛さないで」と言う台詞から察するに僅かに残った地母神としての理性で自身の獣性に抗っているのかもしれない。

恰好がかなり際どい。
下半身は最低限隠せる程度のものしか身につけておらず、上半身に至っては危ない箇所を腕で辛うじて隠しているだけである。

巨神状態

「――エヌマ・エリシュ」


(↑イラストの背景部分)
封印が解除された段階、自身の巨体を支えるほど足は発達しておらず『ケイオスタイド』と呼ばれる聖杯の泥と同質の泥を生み出しその上を移動することしかできない・・・と当初は思われていたが角から魔力によって翼を形成し飛ぶという芸当でこれを克服した。

竜状態

絶対魔獣戦線バビロニア


冥界に落とされ追い詰められたティアマトが自身の霊基をジュラ紀にまで回帰させた真の姿。
上記形態の面影を残した顔を持つ人面竜。その姿は恐ろしくも美しくもある。
冥界の天罰を受けてもなお、逆に『ケイオスタイド』で冥界を浸食し地上に脱出しようとするなど底無しとも思える力を持つが、これでもまだ一番弱い状態とのことで、もし地上に戻すのを許せば1日足らずでウルクどころか地球が破滅することとなる。


ティアマト十一の子供

  • 双貌の獣ラフム

詳細はラフムを参照。

  • 知恵者ギルタブリル
魔獣達の司令官。巴御前と相打ちになって死亡している。

  • 竜獣バシュム
「Apocrypha」ではセミラミスによって召喚された。

  • 7つの頭の蛇たちムシュマッヘ
  • 水蛇ウシュムガル
  • バビロンの竜ムシュフシュ
  • 獅子ウガム
  • 獅子犬ウリディンム
  • 悪霊ウム・ダブルチュ
  • 魚人クルール
  • 人牛クサリク

能力

創世神(大地母神)らしく、物理的にも神話的にも欠点のない完全なる存在。
あまりの隙の無さから、Dr.ロマンの分析結果に対してあの英雄王が「ええい貴様ティアマトの太鼓持ちか!」と思わず八つ当たり気味に怒鳴ってしまうレベルである。

その絶大な力はサーヴァント達はおろか後世の神々すら霞むほどで、封印状態のファム・ファタール時でも保有する魔力量は七つ分の聖杯を上回る超々々級魔力炉心と比較することさえままならず、水爆に匹敵する魔力の行使を可能とする。
さらに体内には膨大な生命原種が貯蔵されており、あらゆる生命をほぼ無尽蔵に生み出すことができる。

そして拘束が解かれた時、保有魔力量は星間航行すら可能にするケタ違いのものにまで上昇し、まさに移動する生体工場とも呼ぶべき正体を顕す。
生命を生み出す原初の海そのものにして、惑星規模で既存の生態系を駆逐し新たなものに書き換えるという一種の生体テラフォーミングシステム、それがティアマト神の実体である。

しかし、あらゆる生命を生み出すことができると言っても、ティアマトの行動原理は「生命を生み、育て、愛でること」自体にあり、生み出される生命のデザインはあくまでもランダム。
要するに自分から生まれた生命ならばどんな存在でも構わないわけで、それが地球環境に適合して種として定着・存続できるか否かは、彼女にとっては重要ではない(今の地球上に生息する生物は、かつてティアマトが適当にデザインして産んだ数多の生命の内、たまたま地球に適合して進化してきたものと言える)。

いかなる姿形・性質を持った子供が生まれようと、彼らが自分の傍にいる限り、ティアマトは彼らを等しく自分なりに愛でようとするだろう。
「子を生み、愛する」という母親にとって当たり前のことを(世界を滅ぼしてでも)取り戻したいという切なる願いこそが、ティアマトをビーストⅡたらしめる獣性であり、この無頓着なまでの大いなる母性愛もまた、その獣性の一側面である。

ティアマトの特性において最も特筆すべきは、ティアマトは存在全てが生命の源そのものであるため、『死』という概念を持たないことである。
何よりもティアマトが全生命の母である以上、「地球上に生きている生命体がいる」という事実自体が逆説的に彼女の存在を証明してしまう
つまり、単なる力押しで彼女を「殺す」には、それこそ人類を含めた地球上のあらゆる生物を死滅させなければならず、人類のみの力で倒すことは事実上不可能と言っていい。

もしもティアマトを滅ぼす手段があるとするならば、生命が全く存在しない世界に送り込んでから殺しにかかるか死の概念を持たぬものすら殺せる存在を連れてくる他無い。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
なしA+EXCA++EX-


保有スキル

獣の権能(A)対人類、とも呼ばれるスキル。英霊、神霊、なんであろうと“母体”から生まれたものに対して特効性能を発揮する。これはビーストII本体だけでなく、彼女から生まれた魔獣すべてに付与される。
単独顕現(B)単体で現世に現れるスキル。一度顕現してしまえば七日に渡りインド洋を塗り替える。顕現してからは休む事なく魔獣たちを生み出し、人類を食い尽くす。反面、ビーストⅡ本体は海そのものなので陸地にあがる事はできない。人類掃討は子供である魔獣たちの仕事となる。また、このスキルは“既にどの時空にも存在する”在り方を示しているため、時間旅行を用いたタイムパラドクス等の攻撃を無効にするばかりか、あらゆる即死系攻撃をキャンセルする。
生命の海(EX)ビーストⅡは生命を生み出す海そのものである。地球創世記の真エーテルを循環させている為、この海の中では魔力は無限に供給される。黒泥に囚われ、海中に沈んだ者は自己改造、生態変化、生態融合、個体増殖といったスキルがランダムに付加される。海から地上に出る際にはビーストIIと細胞クラスでのギアス……塩基契約(アミノギアス)しなければならず、自動的に人類の敵になってしまう。
怪力(A++)超怪力とも。魔物としての能力。自身の筋力を向上させる。ほぼ最上級のもの。黒泥を体とし、竜体として現れたティアマトの筋力は巨人のそれである。
自己封印(C+++)ビーストⅡを縛る自傷の縄。人類の集合無意識から「もういらない」と追放されたことを嘆き、憎む彼女だが、深層意識では「それも仕方のないこと」と受け入れている。だが、その根源が『母』である彼女は最後の最後で人類の庇護に回りたい、という欲望を持っている。このスキルはそれがカタチとなったもので、彼女は常に自身を封印している。その痛みは全体HPの半分を毎ターン受けているに等しい。稀に取り乱して海から出ようとすると、封印は瞬間ダメージを90%まで高めてこれを戒める。+++が付いているのはその為だ。
ネガ・ジェネシス(A)ビーストⅥが持つ『ネガ・メサイヤ』と同類のスキル。現在の進化論、地球創世の予測をことごとく覆す概念結界。これをおびたビーストⅡは、正しい人類史から生まれたサーヴァントたちの宝具を無効化をしてしまう。
自己改造(EX)黒い生命の海を用いて自分の霊基を作り替える。通常の霊基状態(ファム・ファタール)から、全長60メートルを超す竜体に成長する。竜体になったティアマトはランクA++以下の攻撃を無効化する。


宝具

ティアマトは宝具を持たない。あえて言うならば、中心にある頭脳体が宝具と言える。

活躍

Fate/GrandOrder

※ここから先は『Fate/Grand Order』七章に関わる重大なネタバレがあります。











魔術王ソロモンにより虚数世界から地球に引き戻される。
聖杯をエルキドゥの遺体に埋めキングゥとして再生し、自身を触媒にケツァル・コアトルジャガーマンゴルゴーンを召喚したが、自身の本体はペルシャ湾でマーリンによって眠らされる。

眠ったまま、キングゥが捕獲し生命の海に放り込んだ牛若丸を取り込んで先兵に改造している内に、自らの代理として感覚を共有していた複合神性ゴルゴーンが倒された事で、その死を利用してついに目覚める。
夢の中に居るサーヴァント・マーリンの本体を抹殺すると、海を浸蝕して黒泥・ケイオスタイドに変え、そこから大量のラフムを放出。彼らに「旧人類の行動を学習しろ」「旧人類を殺害しろ」と命じ、キングゥから回収された聖杯を使って完全復活を成し遂げ、ウルクへ侵攻を開始する。

途中のケツァル・コアトルや復活したゴルゴーンなどの足止めを物ともせず、ウルクを黒泥で埋めつくすも、自分の意思で行動したキングゥの『人よ、神を繋ぎ止めよう』によって一時的に拘束され、そこをイシュタルによってウルクごと撃ち抜かれ冥界に落とされる。

創世神としての権能で冥界の天罰を恐れず、冥界を浸食しながら飛び出そうとするが、アヴァロンから再び現れた花の魔術師によりケイオスタイドの権能を阻害される。
続いて、人知れず特異点にやってきていた「死」により角翼を切断されると同時に死の概念まで付加され、そのまま神の霊格も強制的に一般サーヴァントの霊基に降格。
さらに"一切の慢心を捨てた"全盛期の英雄王も加勢し、彼らの猛攻を受けたことでついに力尽き冥界の底へと落下して大爆散。人類悪となった原初の女神はついに討滅され完全に消滅した。

ティアマトによって引き起こされた災厄は、それまでの特異点はおろか「TYPE-MOON」シリーズ全体から見ても屈指の深刻さであった。彼女が生み出す黒泥とラフムによってメソポタミア世界の人口は瞬く間に減少し、文字通り人類滅亡の危機に瀕した。
彼女が登場してからのストーリー展開の絶望感は筆舌に尽くし難いものと言え、討ち滅ぼされて人理定礎が復元された後も、ウルク第一王朝とそこに住まう命の衰亡という運命そのものはついに変わらなかった事もあり、多くのプレイヤーの心はガンガンへし折られていった。

関連人物

エヌマ・エリシュ

甘い水(淡水)の名を冠する、ティアマトの伴侶である神。
また「深淵」を意味する「アビス」の語源とも言われる。

ティアマトが天命の書板と軍勢を与えた第二の夫。
後述するキングゥはこの名が元となっている。

ティアマトを死に追いやった英雄。
Grand Orderでは「マルドゥークの斧」というキーアイテム名として登場。

Grand Order

カルデアのマスター・人理の救済者として、神々すら絶望する存在と対峙する事になった一般人。
七章プロローグでは上記台詞で夢として干渉している。その真意は…

自らを虚数空間から引き揚げた黒幕。
グランドサーヴァントの一人だが、これは本来なら彼女を退治する側の存在であるはずだった。
また、『ファム・ファタール』は彼が贈った名であり、彼女の核を見抜いている。

彼女の子供にあたる神々。

冥界に安置されていたエルキドゥの遺体に、ソロモンから与えられた聖杯を心臓として組み込んで生み出した新たな子。マシュ曰く合成魔獣。
自身のために精一杯働いていたがその実は自身の復活のための駒に過ぎず、復活のためにラフムを使って聖杯を奪い取った。
だが最終的にはその行いと、ラフムという「人類の悪性だけが凝縮され形を成したようなバケモノ」の存在に絶望し、そしてさらに賢王ギルガメッシュから贈られた激励とウルクの大杯により先代と同様に「天の鎖」としての矜持を見出した彼によって、一時間という短くも痛恨の足止めをさせられ、死の運命が急速に近づくこととなる。

歌声しか発さない彼女が唯一喋った言葉は彼の名前であった。

余談

企画段階では彼女がレイドイベントのボスとして登場する予定だったらしく、海の擬人化で、混沌の海に溶ける絶世の美女として描かれ、強力な魔獣を生み続けるジェネレーターとしての役割だったらしい。
また、山中虎鉄氏も「最終形態は元々はマップに存在する構築物としてデザインしていた」らしく、実際に行われたレイドイベント様子から考えるに、何かが違っていれば彼女はバブみを抱かれながら、12時間程で200万回以上ぶん殴られ、ひたすら素材を剥ぎ取られ続けるという超カオスな状況が起こっていたのかもしれない…

また、アニプレックスプラスにより人類悪権現Tシャツなるものが作られたが、それをティアマトに着せた絵もある

例のTシャツ




関連イラスト

ティアマト
ティアマト



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント ビースト(Fate)
グレートマザー 大地母神 おかあさん

間桐桜黒桜):ティアマトのデザインコンセプトは「桜系ヒロインの究極形」である(桜の派生キャラの1人であるBBは地母神を取り込んだと言われておりティアマトに桜系ヒロインの設定が逆輸入されたと思われる)。
キングプロテア:規格外の巨人、「あらゆる神話に共通する大母神のエッセンスから創られた」という設定がティアマトを想起させる。
ネロ・カオス:彼女のケイオスタイドにネロ・カオスの「創生の土」との類似点を指摘するものがいる。

かわいい/美少女:プレイヤー及びまとめサイトにおけるファム・ファタールの評価
ティアマト自身の存在は初期のFGO解析で判明しており、プレイアブル化を望む声も多い。
ただし、マテリアルには我らがマスターも人類七十億分の一、当たり前の抹殺対象とまで明記されてしまっている。
人類に倒されるべき絶対悪」である以上、可能性は無いに等しいと思われる。
しかし、メインストーリー第二部ではティアマトの含まれる汎人類史に喧嘩売ってくる連中が敵として登場するため、第一部で既に“死を与えられている”彼女の召喚が必要になって来る可能性はあると思われる。

母性は原初のエロス:正にその如く。生命の母への『回帰』は彼女の獣性であり、『悦び』でもある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ティアマト(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2053701

コメント