ピクシブ百科事典

キャスター(Fate)

きゃすたー

キャスターとは『Fate』シリーズにおける魔術師の英霊。
目次[非表示]

概要

魔術師(Caster)の英霊。由来はおそらく「spellcaster」(まじない師、呪文を唱える人)。
魔術を得意としており、魔術師としては聖杯戦争中最強格。中には神代の魔術を扱うものもいる。
半面、他のサーヴァントに対しては白兵戦能力で大きく劣るものが多い。
特に三大騎士クラス(セイバー、アーチャー、ランサー)とライダーは、固有スキルとして対魔力能力を有している事から大幅に不利が付くため、ことサーヴァント戦に関してはアウェーであることも多い。その為、せっかく召喚したのにハズレ扱いするマスターもいる。同じ魔術師という点でマスターと役が被っているというのがマイナスに働くことも。

自陣での防衛戦や強力な魔術、高い魔力、そして権謀術数の数々を利用した謀略戦など、戦術的なサーヴァント戦よりも戦略的な行動に適したクラスである。
またマジックアイテムの制作やマスターの強化など、マスターの支援に関しては他のクラスよりも優秀であり、必然的にマスターとの連携が求められる。

クラス別スキル

陣地作成魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
道具作成魔力を帯びた器具を作成できる。


基本ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運
EECAB


Fate/stay night

caster


黒いローブを纏った、いかにも魔女然とした女性。
詳しくはキャスター(Fate/staynight)を参照。

Fate/Zero

涜神の徒


カエル顔の大男。「恐怖には鮮度がある」と語るように自ら進んで凶行を行う。
詳しくはキャスター(Fate/Zero)を参照。

Fate/EXTRA

EXTRAにはキャスターがプレイヤー側と敵側の計2人存在する。

プレイヤーのキャスター

これぞ九重


ピンク色の髪に狐耳と尻尾、独特の形状をした青い和服の呪術師。通称「キャス狐」。
詳しくはキャスター(Fate/EXTRA)を参照。

敵のキャスター

誰かの為の物語


マスターのありすとそっくりの姿をした、黒いドレスの少女。
詳しくはアリス(Fate/EXTRA)を参照。

Fate/EXTRA-CCC

FGO中心まとめ2


見た目は子供、中身は大人な童話作家。
口を開けば罵詈雑言ばかりだが、その人物の核心を突く言葉でもある。
詳しくはキャスター(Fate/EXTRA-CCC)を参照。

Fate/EXTELLA

アルキメデス


ムーンセルが「SE.RA.PH」のセキュリティを一任した「聖杯戦争に参加しないサーヴァント」。
詳しくはアルキメデス(Fate)を参照。

Fate/strange Fake

Fate/strange Fakeには二人のキャスターが登場する。

偽キャスター

キャスター


世界的に有名な作家。「原典よりも強力な宝具の贋作を作る」特殊能力を持つ。
詳しくはキャスター(strangefake)を参照。

真キャスター

プレラ―ティ


道化師のように振る舞う少年。マスターのフランチェスカとは同一存在らしい…?
詳しくはフランソワ・プレラーティ(Fate)を参照。

Fate/Apocrypha

赤陣営と黒陣営にそれぞれ一人ずついる。

赤陣営

シェイクスピアおじさん


飄々と振舞う戦わない演劇作家。常に刺激的な物語を求める狂言回し。
詳しくはシェイクスピア(Fate)を参照。

黒陣営

アヴィケブロン先生!


青いマントとボディースーツを身に纏い、目も口もない仮面で顔を隠した男。
多くのゴーレムを鋳造し自由に操る「カバラ魔術」の使い手。
詳しくはアヴィケブロン(Fate)を参照。

Fate/Prototype

真名は『stay night』のキャスターと同一でありキャラ造形も同じ。

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ

【Fate】雨の日


長身で中性的な顔立ちの青年。
高名な錬金術師でありながら、魔術師らしからぬ人格者として振る舞うが……。
詳しくはキャスター(フラグメンツ)を参照。

コハエース

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚

FGO帝都聖杯奇譚だ〜!


サングラスをかけてスーツを纏った、自身を「悪魔」と名乗る金髪の男性。
詳しくはキャスター(帝都聖杯奇譚)を参照。

Fate/Grand Order

第1部 Observer on Timeless Temple

Rune


アルスターの戦士。本来ルーンの使い手だったがドルイドとして召喚された。
詳しくはクー・フーリン(キャスター)を参照。

ラクガキ


万能の天才と呼ばれた画家、発明家。FGOのナビゲーターやアイテム屋も勤める。
Fate世界でも史実通り男性であったはずだが、ここでは美しい女性の姿となっている。
詳しくはダ・ヴィンチちゃんを参照。

死神のための葬送曲


数々の名曲を生み出した天才音楽家。
詳しくはヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Fate)を参照。

FATE


三国志の知将、諸葛孔明
魔術師ロード・エルメロイⅡ世を依り代とした「疑似サーヴァント」。
詳しくは諸葛孔明(Fate)を参照。

Girls Order Vol.2


「魔女」と呼ばれる前のコルキスの王女メディア。純粋無垢で可憐な少女として召喚された姿。
詳しくはメディア・リリィを参照。

センシティブな作品


有名な契約悪魔の名を持つ道化師風の人物。
「生まれついてのサーヴァント」と自称するが、その性格は残酷さを極める。
詳細はメフィストフェレス(Fate)を参照。

KAIJU(魔神)を倒すぞ!


世界で初めてプログラミングの可能なコンピュータの原型「解析機関」を発明した『蒸気王』。
蒸気機関による巨大な鎧を身に纏っている。
詳しくはチャールズ・バベッジ(Fate)を参照。

センシティブな作品


突然変異で生まれ落ちた魔術師にして神智学者たる女性。
根源とも解される高次の存在と接触し、世界に「オカルト」という概念をもたらした人物。
詳しくはエレナ・ブラヴァツキー(Fate)を参照。

トーマス・エジソン


電球をはじめ多くの技術を実用化、普及させ人々の生活を変えたメンロパークの魔術師。
世界に名高い「発明王」だが、何故か頭がライオンに……?
詳しくはトーマス・エジソン(Fate)を参照。

戦士


インディアン・アパッチ族の誇り高き戦士が、かつてシャーマンとして過ごした頃の姿。
詳しくはジェロニモ(Fate)を参照。

センシティブな作品


経の原典を求め、国禁を破ってまで天竺への長い旅を続けた僧侶。
本来はサーヴァントとして呼べないが、人理焼却の危機に際して召喚に応じる。
詳しくは玄奘三蔵(Fate)を参照。

センシティブな作品


古代エジプトの魔術女王
クトゥルフ神話等に登場する「ニトクリスの鏡」や、兄弟の仇に復讐した逸話等で有名。
詳細はニトクリス(Fate)を参照。

ぼくらのおうさま


古代メソポタミア文明、ウルクを王として治めた時期のギルガメッシュ
アーチャー時と根本は同一だが、落ち着いた精神性となっている。
詳細はギルガメッシュ(キャスター)を参照。

花の魔術師


グランドクラスのキャスターのひとり。
かつてアーサー王を導いたとされる伝説の魔術師にしてキングメーカー。人間は愛さないが、その営みを深く愛するという半夢魔。
詳細はマーリン(Fate)を参照。

再演


グランドクラスのキャスターのひとり。
七十二の魔神を従える魔術の祖にして、キャスターの中のキャスターたる魔術王。
詳しくはソロモン(Fate)を参照。

センシティブな作品


平安時代を代表する女流作家のひとりであり、日本最古の長編小説を紡いだ女性。
詳細は紫式部(Fate)を参照。

第1.5部 Epic of Remnant

センシティブな作品


千夜一夜物語』の語り手。
とにかく死を恐れており、生命の危機を回避するためならば手段を選ばない。
詳細は不夜城のキャスター及びシェヘラザード(Fate)を参照。

辺獄


英霊剣豪』の一人。
饒舌で軽薄な陰陽師。他者の苦痛と絶望を弄んで愉悦する外道。
安倍晴明を自称しているが…?
詳細はキャスター・リンボを参照

センシティブな作品


魔女メディアの姉弟子にして叔母。
鷹の翼の衣装を纏った、神話に名高き誘惑と堕落の魔女。
グイグイ行く童顔肉食系女子
詳細はオケアノスのキャスター及びキルケー(Fate)を参照。

センシティブな作品


近未来観測レンズ『シバ』の名前の由来となった、人と魔神の血をひく神秘の女王。
商売やお金儲けを愛する生粋の商人。此度はとある人物との再会を求め現界した。
詳細はミドラーシュのキャスター及びシバの女王(Fate)を参照。

第2部 Cosmos in the Lostbelt

アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ


共にある"怪異"によって氷の魔術を操る少女。
永久凍土の地より訪れた皇族の末裔。
詳細はアナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ(Fate)を参照。

キャスター師匠?


雪と氷の魔術を操るいかにも女王然とした女性。
北欧神話の女神が影の国の女王と習合された存在。
詳細はスカサハ=スカディを参照。

陳宮さん実装おめでとう✨


飛将軍呂布が信頼した参謀にして軍師。効率的な捨て駒戦術を得意とするサディスト。
詳細は陳宮(Fate)を参照。

アスクレピオス


かつて死者の蘇生すら成し遂げた、「医神」と呼ばれるギリシャ神話の医師。
詳細はアスクレピオス(Fate)を参照。

イベント限定サーヴァント

ハロウィーーン!


2015年のハロウィンイベントにて登場。
聖杯の欠片を使いキャスターにクラスチェンジしたエリザベート・バートリー
詳しくはハロウィンエリザを参照。

v(*'ω'*)v


2016年の水着イベント「カルデアサマーメモリー」にてキャスターにクラスチェンジしたマリー
何と、ビーチバレーで戦う。キャスターとは一体……。
詳しくはマリー・アントワネット(水着)を参照。

センシティブな作品


2017年の水着イベント「デッドヒート・サマーレース!」にてクラスチェンジした皇帝ネロ
詳細はネロ・クラウディウス(水着)を参照。

センシティブな作品


2018年のハロウィンイベント「神秘の国のONILAND!!〜鬼の王とカムイの黄金〜」にてキャスターにクラスチェンジした酒呑童子
魔女っ子ものにありがちなお供を付け、「護法少女」を名乗る。
詳しくは酒呑童子(キャスター)を参照。

未実装のサーヴァント

明智さん


イベント「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」にて暗躍したサーヴァント。
日本史有数の裏切り者として知られ、一説では江戸を設計した僧になったとも言われる男。
詳しくは奄美少将を参照。

コラボイベントにて登場

センシティブな作品


コラボイベント「Fate/Accel Zero Order」に登場。
聖杯の器であり、母性の英霊として顕現した特異な存在。
詳しくはアイリスフィール(天の衣)を参照。

落書


魔法少女紀行 〜プリズマ☆コーズ〜」より登場。
手に持つステッキの力を用いて戦う魔法少女
なお、「Fate/stay night」の鬼畜ロリとは同一存在ではあるが、同一人物ではない
詳細はイリヤスフィール(プリズマ☆イリヤ)を参照。

美遊・エーデルフェルト


魔法少女紀行 〜プリズマ☆コーズ〜」より登場。
イリヤの親友であり、もうひとりの魔法少女。
とある平行世界における願望器の力を持った女児・神稚児の末裔。
詳細は美遊・エーデルフェルトを参照。

ジーク


コラボイベント「Apocrypha/Inheritance of Glory」にて参戦。
無から自我に目覚め、英雄の想いを受け継ぎ、幻想へと至ったホムンクルスの少年。
詳しくはジーク(Fate/Apocrypha)を参照。

Fate/Requiem

ンザンビ


魔術師(キャスター)ではなく妖術師(ソーサラー)を名乗る、愛嬌ある少女の声で話す不気味な女。
黒い肌に白い髪でアフリカンな布を被り、金属の装飾品を身につけている。
詳細はンザンビ(Fate)を参照。

マンガで分かる!Fate/Grand Order

マンガで分かる


うどんにされて食べられたサーヴァント幼生の祟り。目を離すと増える。
「本来のかたち」でないためおにぎりを作るのに特化した能力となっている。
詳細はマンガで分かるキャスターを参照。


その他公式で適性があると明言されている英雄

登場作品真名召喚されたクラス
Fate/Apocryphaセミラミス ※1アサシン
天草四郎※2 ルーラー
Fate/Grand Orderフィン・マックールランサー
新宿のアーチャーアーチャー
シャーロック・ホームズ ※3ルーラー
清少納言アーチャー
葛飾北斎フォーリナー
シグルドセイバー


※1 特殊スキル「ダブルクラス」を付与されキャスターのクラス特性を併せ持った状態で召喚されているため、事実上キャスターでもある。
※2 Apocryphaでルーラーとして呼ばれたため人理にそう記録されたが、本来はキャスタークラスとのこと。ただし本人があまり強い英霊でないこともあって「頑張ってちょっと引っかかるかどうか」の適性らしい。
※3 『Grand Order』ゲーム内では、当初は実際にキャスターとして登場しており、その後カルデアに召喚された際にルーラーに変化したと語られている。

余談

このクラスに属する者たちは魔術師であれ作家であれ学者であれ、義理や忠誠心よりも自身の欲望や嗜好を優先する傾向が強い。そのため馬が合えば他のクラスよりも良好な関係を築けるが、一方で意見を違えれば容赦なく見捨てられてしまうマスターにとって危険度の高いサーヴァントでもある。

実際にこれまで登場したキャスターの内、4人がマスターを裏切っており、そのうち3人がマスターを殺害または死に追いやっている(献身的に黙って尽くしていたが、主にサーヴァントとしての戦闘での強さの問題からマスター側から縁切りされてしまった者もいる)。

その一方で、マスターと真っ当な関係を築き、聖杯戦争で優勝して願いを叶えるところまで到達した者が存在するという実績もある。

FGOではアサシンクラスに対して有利を取れるが、これは初代キャスター初代アサシンの絡みからか。魔術で気配遮断を解いてしまうからという見方もできる。事実、AZOでは孔明アサシンの気配遮断を解いて見せた。

クラス適性について

魔術師だけでなく劇作家童話作家哲学者音楽家発明家医師科学者などの文化人、時には「文学そのもの」までもこのクラスに割り当てられることがある。そのため、シリーズ全体での比率的には生粋の魔術師ではない者の方が多い。
また、ダ・ヴィンチちゃんアマデウス紫式部など、(Fateの世界では)生前本当に魔術の心得があったという設定がされていることでキャスタークラスになった英霊もいる。

とある作家の英霊は自身を「物語るが故にこそキャスターに区分された」と語っている。「呪文を唱える魔術師」のイメージから、「広義の意味で何かを『語る』英霊=文化人の英霊」がキャスタークラスに割り当てられるのかもしれない。これならばお経を唱える僧侶がいる事にも説明が付く。
また、ダ・ヴィンチちゃんのプロフィールには「叡智の偉人であったが故にキャスターのクラスを与えられた……のではない(中略)……魔術の才能をも有していただけの事」とあり、逆に言うと「叡智の偉人(=文化人)」はキャスタークラスの適性を持つということだろう。こちらも「優れた頭脳から知恵や策略を行使する魔術師」のイメージが連想されるためと考えられる。

キャスターのクラススキルに陣地作成と道具作成がある。魔術師の工房・科学者の研究室・軍師の陣など、自分に有利な陣地を作り上げる陣地作成は彼らにとってとても活かしやすいスキルかつ汎用性が高く、自身の戦闘力の低さをカバーできる。といっても物理攻撃を持っているキャスターでもなければ三騎士クラスに勝つのは難しいのだが…。

また、型月世界では魔法と魔術は区別されているが、SF作家の「アーサー・C・クラーク」の名言に「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない」という名言があり、科学者や発明家がキャスタークラスの適性を得ている理由に説得力を持たせる事が出来る。(道具作成のスキルもデフォルトで付いてくる為、正に天職といっていいクラスである。)
補足しておくと、かつて数多に存在していた魔法は科学技術の進歩や神秘が薄れた事で魔術に格下げされた為、的外れという訳でもない。


関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント
魔術師 魔女 作家 文学 芸術家 音楽家 道化師 僧侶
四騎士

関連記事

親記事

サーヴァント さーゔぁんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キャスター(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2111314

コメント