ピクシブ百科事典

源氏物語

げんじものがたり

紫式部による長編小説。最古のライトノベルとか最古の同人誌とかとも言われたりする。
目次[非表示]

日本の11世紀初期(平安時代中期)の長編古典小説。作者は紫式部

概要

「世界最古級の長編小説」であり、時と所によっては「最古のライトノベル」「最古のナマモノ同人誌」等とも言われたりしている。
全54帖という一大巨編であり、貴公子・光源氏の一生とその息子(実際には柏木の子)・の半生、そして彼ら二人を取り巻く数々の女性と恋愛遍歴の綴った恋物語である。(巻数については異説が多く存在)

源氏の魅力的な人物像、そして現実と虚構を巧みに織り交ぜた筋書きは、宮廷女官たちの間で大変な評判となり、『夜半の寝覚』『狭衣物語』などの模倣作が続出した。一条天皇藤原道長も、『源氏』を愛読したと伝えられている。

恋愛というある種人間の不変のテーマを扱った作品であることから、近年でも小説ドラマ漫画、さらに恋愛ゲームの題材になるなど、様々なかたちで創作の素材になっている。

寝取られ(藤壺)、ヤンデレ(六条御息所)、ロリコン(若紫)と、現代の萌え要素が1000年以上前のこの時代に既にして完成していたことは、特筆に値する。なお、主人公の光源氏は、義母を父親から寝取ったり、幼女をハイエースした事については、話の中で、きっちりエグい報いを受けているので、ネタにする際は注意が必要。

政治に関する詳細については作中では少ししかでない。これは紫式部は女房というであったため源氏物語には沢山の名前付きの女房が出てくる。

受容史

平安時代末期には既に古典化しており、歌人や貴族の基礎教養となり、莫大な数の注釈が作られていた。同時に、当時広まりつつあった仏教的価値観から「色恋沙汰の絵空事を記して多くの人を惑わした紫式部は地獄へ落ちた」という考えが生まれ、「源氏物語」と紫式部を供養する「源氏供養」が行われた。猥褻な書物扱いする意見も、既に室町時代には見られている。当時は写本に頼っていたうえに、原著者の身分(下級貴族の女性)があまり高くなく、内容的にも(純粋な娯楽であった初期には特に)権威が低かったため、本により内容は異なり、中には紫式部以外の人物の二次創作が混入していると見られるセットもあった。

江戸時代には宗教書以外の商業出版が始まり、庶民でも裕福な者は『源氏』に触れる事ができるようになった。特に挿絵や脚注などを入れて分かりやすくまとめた『絵入源氏物語』は広く流布した。幕府の公式の学問であった儒学では漢土崇拝の風潮が強く、『源氏』のような日本の物語文学は「好色淫乱の書」などと言われてまともに取り上げられなかったが、日本固有の文化を評価する国学により実証的な『源氏』研究が始まった。現在の評価が固まったのは、国学者の本居宣長が、源氏物語を道徳的に解釈するのは間違いで、人間の純粋な気持ち、すなわち「もののあわれ」を描いたものなのだ、と主張したことによる。

明治時代には貴族や寺院が所蔵していた写本が外部に多く出回るようになり、専門家の校訂を経た、より原文に近いと思われる形の刊本が広まった。大正期以降には現代語訳も出されるようになった。昭和初期には光源氏×藤壺中宮の二次創作や上演が禁止された時期もあったが、今では様々な作品のモチーフに使われている。

歴史的な史料としては、当時の風俗をうかがい知るにはうってつけの研究資料のひとつであり、古くから研究が成され、現在でも多くの学者によって解読が成されている。

関連イラスト

六条御息所 『源氏物語』より
東の御方



関連タグ

古典 小説
紫式部 藤原彰子(上東門院) 一条天皇 藤原道長

光源氏 藤壺 / 藤壺中宮 紫の上 葵上 / 葵の上 明石 空蝉 朧月夜 六条御息所 女三の宮 夕顔 末摘花 桐壺更衣 夕霧 柏木
松風 澪標 若菜 蜻蛉 雲隠れ 

宇治十帖

平安時代 平安 十二単 京都 枕草子 更級日記

あさきゆめみし 夢の浮橋 無限逃避級数

ヒカルが地球にいたころ…… 
絶対可憐チルドレン(登場人物の名は源氏物語からとられている)
Fate/GrandOrder(作者本人がサーヴァントとして登場、源氏物語も宝具として扱われている)

外部リンク

Wikipedia「源氏物語」

pixivに投稿された作品 pixivで「源氏物語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 514848

コメント