2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

藤原道長

ふじわらのみちなが

平安時代中期の公卿・政治家。従一位摂政太政大臣。藤原摂関政治期の全盛期を演出した。
目次[非表示]

概要

平安時代中期の公卿政治家
966年~1028年1月3日(康保3年~万寿4年12月4日)
藤原兼家の五男。父・兼家や兄(藤原道隆道兼ら)が相次いで没した後、兄・道隆の子・伊周は事件を起こし妹・中宮定子にかくまってもらっていた。定子の兄・伊周は父親の強引な人事により、道長よりも高い職についていた。しかし一条天皇は定子のいる所へ強制捜査の命を出し、伊周は捕らえられ、左遷された。
定子はそれで出家したが、前代未聞で中宮に居続け、世の人々の反感を買った。天皇の姉の藤原詮子(一条天皇の母)はこれでは世継ぎが産まれない(出家した定子が妊娠するなどは倫理に反する事だった)と嘆き、藤原元子などを新たに一条天皇の女御として入内させた。彰子はその後に入内し、中宮となる。これは、出家して中宮職を行えない定子に代わり「必然の一帝二后」処置だった。
そして、道長が藤原摂関家の全盛期を築いた。

人物評

『人物叢書 藤原道長』には以下のように評されている。

「(道長は)一条天皇とは決して対立的な関係ではなかった。(中略)一人で独裁的に権力を行使したこともない。天皇と皇后、摂関、さらに大臣以下の公卿が連合して政治にあたったというのが事実に近い」(「摂関期の国家」『新体系日本史1 国家史』)

(道長が)「内覧で過ごしたことは、周囲の事情をよく見きわめようとしたことの表れであり、(中略)謙譲の美徳ということもできよう」


長女・彰子一条天皇中宮皇后と同位)に、次女・妍子を三条天皇の中宮に、そして三女・威子を後一条天皇(一条天皇と彰子の男子)の中宮とした。姉妹三人を中宮とした例はかつてなく、威子入内の宴の席で有名な「望月の歌」を詠んだと言われる。

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば

晩年は仏教に深く帰依。東大寺で出家した後、法成寺と言う隠居所を兼ねた寺院を建立させ、死ぬまでそこで暮らし62歳で死去。死因は癌とも後述の糖尿病ともいわれる。

「御堂関白」と称されるが実際に関白に任ぜられたことはない(後一条天皇の摂政は務めた)。一条・三条両天皇は道長が政権を握った時期には既に成人しており、道長は太政官の首位たる左大臣の職位と内覧の権限で政権を掌握・運営した。

なお、日記(自筆本が現存)は後世「御堂関白記」と称され、1951年に国宝指定されている。2011年5月、ユネスコ世界記憶遺産へ推薦決定。

後継

摂関の地位は嫡子の頼通が嗣いだが、頼通の弟である教通も事実上嫡子として育てたこともあり、頼通の後は教通がその座を継ぐことが公然となっていた。
自身、父・兼家、祖父・師輔、更には曽祖父・忠平(藤原時平の弟)と、何れも兄の早世後に本来嫡流となるはずだった甥たちの家系を排除する形で嫡流の座を手に入れているが、頼通・教通兄弟の間にもこのような争いが起こる可能性があった。
しかし、頼通の嫡子・師実は教通の子である信家・信長らとの争いに勝ち、ここに来て兄系が初めて弟系に越して藤原氏の嫡流を継承する流れとなる。

一方で、頼通の娘・寛子には後朱雀天皇の後嗣となる男子が生まれなかったため、摂関家とは血のつながりが薄い天皇の異母弟・後三条天皇(道長の曽孫、両親は道長の外孫、白河天皇の父)が即位。藤原氏が直接の外戚とならない天皇の誕生は170年ぶりであった。
この後三条帝による親政や、子の白河帝(母は藤原氏ではあるが傍流の閑院流出身であり、摂関家では無い)以後の院政下で次第に摂関家の権力は揺らいでいく。

上記の争いで頼通の家系が勝利したのも、そもそも摂関を頂点とする政治体制が親政・院政下で権限分散の傾向が強まったことで、周囲の支持を多く獲得したものが勝者となったからである。教通の直接の後継者となった信長は、従弟・師実に対してそれが不十分であったことから、位人身を極めながらも子孫が没落する結末となった。
同時にこうした現象は、これまで摂関家が天皇の外祖父となることで権勢を振るうと言うシステムの破綻が招いた結末(弟の家系が生き残り続けたのも、後から外祖父となることで若い甥たちを排除してきたことによる)でもあり、現に師実・信長とも天皇の外祖父にはなれていない(堀河天皇の母は師実の養女ではあったが、堀河帝を後継者としたのは白河帝自身の裁定に拠る所が強く、また生家であった村上源氏の影響力も増している)。

師実の没後も道長の嫡流・御堂流かつ、頼通・師実の子孫が摂関家の地位を独占はしたものの、摂関家という権勢そのものが振るわなくなってしまった。
その後は道長から見て来孫に当たる忠通頼長の代を経て、本姓に代わって個々の家名を名乗る五摂家の時代となり、明治時代の関白廃止まで摂関の地位は道長の嫡流によって継がれたものの、時代は院政からやがて武士が国の実権を握る時代へと移り、摂関という立場も名目上のトップに過ぎない時代が長く続いた。

その後道長の後継者が政治の頂点に立ったのは、意外にも近世封建時代が終了した後の近代に入ってからである。明治政府以後もある程度は古くからの名士の権威が続いたことで公家出身の首相も何人か輩出されたが、その中で昭和初期の首相として近衛文麿が登場した。文麿は血縁上は後陽成天皇の男系子孫だが、家としては道長の嫡流本家である近衛家を継承しており、頼長や忠通の時代から数えると約800年ぶりに名実ともに国政の頂点と立ったことになる。
ただし文麿の政権運営は必ずしも上手く行かず、二度(内閣自体は合計三次)その座に就きながらも政権放棄に追い込まれている。
また同時期の天皇である昭和天皇の外祖父もまた、五摂家序列二位の九条道孝であった。もっとも、この頃には政治意図で若くして譲位という文化は全く消失しており、昭和帝は父の崩御により25歳で皇位を継承するも、既に道孝はこの世に無かった。

紫式部との関係

長女・彰子に仕えた女房紫式部とは面識があり、既に『源氏物語』が世に知られていた彼女に物語の続きを度々催促していたとか。

余談

道長は記録に残る限り日本最古の糖尿病患者であると考えられている。これは当時の記録が糖尿病の症状に合致するため(加えて彼の家系に同じような症状が多いことも傍証となる)であり、そのため道長は国際糖尿病会議の記念切手の図案としてインスリン結晶と共に描かれるという名誉、というか不名誉にあずかっている。

「御堂関白記」は、誤字や変な表記が多い事でも知られ、文字も割と汚い。これは道長だけでなく、九条流(藤原師輔(道長の祖父)の子孫)全般がそういう傾向にあったらしい。それゆえ「祐筆」という代筆を生業とする専門職が発達したのかもしれない。

関連タグ

平安時代 貴族
摂政 太政大臣
藤原氏 摂関家 道長
道長四天王


この世をば

非関連タグ
関白…本文にある通り、就任した事はない。

関連記事

親記事

藤原氏 ふじわらうじあるいはふじわらし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「藤原道長」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「藤原道長」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 333239

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました