ピクシブ百科事典

摂関家

せっかんけ

摂家ともいう。摂政・関白の地位を独占した最高位の貴族・公家の家系のこと。
目次[非表示]

摂関家とは、清華家や大臣家の上、摂政関白の地位を独占した最上級の公家を指す。全て藤原氏で、5つの家系があったので五摂家ともいう。ほかの公家の子弟が従五位下に叙任されるのに対して、摂関家の場合、従五位上または正五位下に叙任される。なお、ほかの公家は「五摂家」のいずれかの家礼(家来)として代々仕えるものが多く、これらを御門流といった。また、安土桃山時代武家豊臣秀吉豊臣秀次が関白となるが、その後の豊臣家は滅亡し摂関家とならなかった。(秀吉は元関白・近衛前久の猶子となっており、形としては摂関家の出ということになっている)。

藤原氏の嫡流

藤原氏が北家・南家・式家・京家に分かれた後、藤原北家出身の藤原良房が臣下で最初の摂政となった。その養子の藤原基経は、摂政から史上初の関白となった。良房は清和天皇の外戚であり、基経は陽成天皇の外戚であった。共に幼帝の尊属として摂政になり、政治を代行した。基経は成人した陽成天皇と対立してこれを廃立に及ぶ(天皇が病弱であったから、暴虐であったからという理由が挙げられたり、天皇が自ら退位したともいう)。基経は、代わった光孝天皇宇多天皇から関白(正式にこの名称になったのは宇多天皇以降)として政治の実権を一任された。これ以後、基経の子孫は天皇に姫を入内させ、その皇子を即位させて外戚となり、摂政・関白の地位を得ることとなった。そして朝廷の実権を掌握し、代々藤原氏の嫡流と藤氏長者の称号を引き継いだ。この家系を摂関家と呼ぶ。

摂関家の政治は藤原道長の最盛期の後、外戚の地位を失ったことをきっかけに大きな変化を迎える。道長の子、藤原頼通教通兄弟は、入内した姫から皇子を得られず、藤原氏の娘を母としない後三条天皇が即位することになってしまった。後三条天皇は外戚ではない摂関家の意向を離れて政治を行い、摂関家は次第に実権を失っていった。


             図 平安時代の藤原摂関家

藤原良房-藤原基経-・・・-藤原道長-藤原頼通-・・・-藤原忠実-藤原忠通


院政期以後、五摂家の成立

後三条天皇の子・白河天皇も摂関家を外戚としない上に子孫を次々に天皇に即位させ、尊属たる上皇・法皇としてちょうど昔の摂関家のように政治の実権を握った。これを治天の君と呼び、すなわち院政の始まりである。摂関家の当主は頼通の子孫藤原忠実であったが、二度にわたって白河法皇の怒りに触れて職権停止の処分を受け、人事も次々と法皇の近臣が登用される有様であった。白河法皇の崩御後、鳥羽法皇が実権を握った後も、摂関家が勢いを取り戻すことはなく、こうしたなか、忠実の子、藤原忠通保元平治の乱にて弟の左大臣藤原頼長や院近臣・武家たちと争う。戦乱を経て実権は院政からさらに武家に移り、源平合戦の混乱に巻き込まれる中で以下のように摂関家嫡流は分裂することになる。こうして摂関家は、鎌倉時代にかけて後の五摂家へと別れていった。

  • 近衛基実藤原基実):忠通の四男で、兄たちが早世したので嫡男となる。関白となり、武家棟梁平清盛の娘である平盛子を妻として権力を握るが24歳の若さで早世した。その子近衛基通平家の没落や源氏の台頭といった激動を後白河法皇の忠実な側近として乗り越え、摂政・関白を度々務める。子孫は近衛家とその分家鷹司家が摂関家となった。
  • 松殿基房藤原基房):忠通の五男。「殿下乗合事件」で平清盛の嫡男・重盛を報復を受け、清盛に太政大臣に推挙されるが、基実の死後、若年の基通に代わって摂政となるが、清盛と対立して解任。雌伏を強いられる。武家の木曾義仲が平家を破って上洛すると、復権を目指して義仲と縁組した。かくして、子の松殿師家を摂政とするが、これが致命的な失敗となった。義仲は後白河法皇とも源頼朝とも対立して没落。松殿家は以後法皇とも鎌倉幕府とも関係が悪化して、朝廷の要職を得ることもなく室町時代中期に断絶、摂関家にはなることはなかった。
  • 九条兼実藤原兼実):忠通の六男。兄弟随一の学識に定評があり、彼の日記『玉葉』は当時の記録として一級史料とされる。それゆえ伝統を重んじ、後白河法皇との仲は最悪であった。しかし源頼朝は平家に近い基通や義仲派の基房よりも兼実を信頼したようである。法皇と頼朝が対立して朝廷が窮地に陥る中で、兼実が摂政となった。子孫も朝廷と幕府の融和に貢献し、兼実のひ孫・九条頼経鎌倉幕府によって将軍に迎えられた。九条家とその分家の一条家二条家が摂関家に数えられる。

関連タグ

藤原氏 摂政 関白

pixivに投稿された作品 pixivで「摂関家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5275

コメント