ピクシブ百科事典

藤原忠通

ふじわらのただみち

平安時代末期の公卿・政治家。

平安時代後期の公卿政治家(1097年 - 1164年)。従一位摂政関白太政大臣

藤原摂関家の嫡流、藤原忠実の長男として誕生。
1121年(保安2年)、自らと藤原璋子白河法皇の養女、のちの待賢門院)との縁談のもつれをきっかけにして忠実が白河法皇に関白を解任されたことから後継の関白・藤氏長者となる。

異母弟の藤原頼長を養子としていたが実子が誕生したことからこれを破棄し、忠実・頼長との対立が深まる。1150年に藤氏長者の地位を取り上げられるが関白にはとどまった。父や弟との抗争は1156年の鳥羽法皇崩御直後に保元の乱として軍事衝突にまで発展する。忠通はこの戦いで後白河天皇を擁して勝利を収めた。1158年(保元3年)に後白河天皇との軋轢を生じ関白を辞任。
子(近衛基実九条兼実)の代から摂関家は分流していき最終的に五摂家が成立する。

関連タグ

藤原氏 摂関 公家 百人一首
堀部圭亮:2012年大河ドラマ「平清盛」で忠通を演じる。

pixivに投稿された作品 pixivで「藤原忠通」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32324

コメント