ピクシブ百科事典

左大臣

さだいじん

かつて存在した日本の官職、あるいは雛人形のひとつ。
目次[非表示]

1. かつて存在した日本の官職。
2. 雛人形のひとつ。

左大臣(官職)

朝廷行政を司る最高機関、太政官の役職で太政大臣に次ぐ。
太政大臣は常置職ではないため、太政官の事実上の最高位となる。また公卿たちの実質的最高意思決定機関である議政官(陣定)を取り纏める権限(一上)を持つ。太政大臣にはこの権限がないため、実権の上では左大臣が太政官の最高権力者であった。左大臣が取りまとめた結論には、天皇に代わって摂政もしくは関白が裁定を下すことになる。ただし、摂政や関白は陣定に出席しない慣例の為、左大臣が摂関を兼ねる場合は右大臣が一上を代行した。

このような朝廷で独裁者になるにはどうすればいいか?関白の権力の源泉である内覧の権限を、左大臣の地位を保持したまま奪取すればいい。史実では、藤原道長がこれを実現して内覧兼左大臣となり長く朝廷に君臨した。ちなみに藤原頼長も内覧兼左大臣となった(ただし、政敵の兄・藤原忠通も関白として内覧権を有する)が、強引な施策が過ぎて鳥羽法皇の逆鱗に触れ、失脚している。

明治維新後の太政官制度においても存続し島津久光が就任したが、明治政府に対する不満ですぐに薩摩に帰国・隠退し、1885年(明治18年)の内閣制度発足にともない消滅した。

左大臣(雛人形)

雛人形の種類のひとつ、随身のうち向かって右側に飾られる年配者の人形の通称。

関連タグ

大臣 右大臣
雛祭り

主な左大臣歴任者

藤原道長 藤原忠通 藤原頼長悪左府藤原経宗大炊御門経宗徳大寺実定(後徳大寺左大臣) 足利義満 足利義教 足利義政 豊臣秀次 徳川家光 島津久光

pixivに投稿された作品 pixivで「左大臣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5023

コメント