ピクシブ百科事典

明治維新

めいじいしん

幕末から明治初期にいたる一連の大改革のこと。
目次[非表示]

概要

19世紀後半の日本において江戸時代から明治時代にかけての改革のこと。
広義での時期は黒船来航の幕末から憲法制定の明治前期までの改革を指し、狭義では大政奉還王政復古の大号令、明治改元の時から廃藩置県までの改革を指す。黒船来航からの幕末と維新の時期のことを「幕末維新」期と呼ぶ場合がある。
「維新」とは変革を意味する語句で、和訓では「これあらた」と読む。

歴史

江戸時代は260余年も続いたが、欧米列強による侵略を起因として、時代は幕府倒壊へと向かった。
欧米列強によるアジアの植民地支配の拡大は、明治維新のあとも続いていた。隣国は次第に列強に浸食され、領土の保全も危うくなった。日本もまた幕末に不平等条約を結ばされるなど脅威にさらされていた。
このような国際情勢のなかで、日本は列強の武力脅威に敏感に反応し、西洋文明に学ぶ姿勢へと政策を転じた。
風雲さかまく激動のなかで、志士たちは国事のために奔走し、やがて新政府が樹立して新時代を迎えた。

新政府の指導者に任命されたのは、倒幕派の公卿武士たちであった。徳川慶喜将軍は加えられず、しかも幕府に天領(直轄領)を差し出すことを命じられた。大阪に結集していた幕府はこの命令に怒り、慶応4年1月、京都鳥羽伏見で戦いを挑んだが敗れた(鳥羽伏見の戦い)。西郷隆盛は新政府軍を率いて幕府軍を追撃し、両軍の戦いは全国的な内乱に発展した。新政府軍は錦の御旗を先頭に押し立て、官軍としての権威を背景に有利に戦いを進め、江戸を占領した(江戸城無血開城)。
内戦はその後、東北にもおよび、会津藩では白虎隊の悲劇を生んだ。明治2年5月、幕府側の最後の根拠地であった北海道函館五稜郭が新政府の手に落ち、幕府軍は滅亡した。
この一年半におよぶ内戦を戊辰戦争という。

維新とは、旧弊を一新して革新すること。維新とは同時に復古であった。明治の初年、徳川幕府が大政を返上したので、その旧弊を一洗し、古のように、天皇親ら政事を知食されるようになった。
復古についてその標準をどこに置くかという議論が起こり、「神武天皇の創業に復すべきである」といい、その説に決して王政が復古された。これが明治初年の王政復古である。

明治元年(慶応4年)3月、明治天皇五箇条の御誓文をお発しになり、日本が世界の文明を取り入れ、近代的な立憲国家として発展していく方針を諸外国に対して示された。9月に明治と改元され、一世一元の制をお定めになった。また7月には江戸は東京と改称され、明治天皇は京都を発って東京へ向かわれた(東京奠都)。こうして事実上の東京遷都が実行され、人々は新しい時代に入ったという実感をもった。

維新の初期には、国学神道の思想に共感する人々の行動が一部で非常に過激になり、各地で仏教を攻撃して寺院仏像を破壊する動きがみられた(廃仏毀釈)。政府も当初、耶蘇教を禁止し、神道や儒教によって国民を教化しようとした。
しかし西洋文明を取り入れねばならないことが次第に理解されていき、文明開化の重要性が説かれるようになった。明治6年には耶蘇教も黙認され、その前年には太陽暦が採用されて、一日が24時間、一週間が7日間、日曜が休日とされた。それまで太陰暦で労働・生活していた農民たちは戸惑ったが、太陽暦は次第に定着していった。

民間でも、廃藩置県の前後から、福沢諭吉の『学問のすすめ』や、中村正直が翻訳した『西国立志編』などが出版されて広く読まれ、多くの新聞雑誌が発刊された。私立の学校も開かれて、欧米諸国の生活や風俗、思想を紹介するようになった。

人々の生活にも大きな変化が生じ、東京などの都市では、文明開化の流行が生まれた。文明開化の風俗は、当初は表面的な西洋模倣でしかなかったが、しだいにこなれていった。

関連タグ

明治維新に関する項目

五箇条の御誓文 王政復古の大号令

明治維新に類する歴史上の出来事

大化改新 建武新政

明治維新を題材、イメージした作品

龍馬がゆく 風雲児たち 新選組血風録 るろうに剣心 銀魂

pixivに投稿された作品 pixivで「明治維新」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26915

コメント