ピクシブ百科事典

副島種臣

そえじまたねおみ

副島種臣は江戸、明治時代に活躍した武士、政治家。佐賀の七賢人。蒼海という号で書の名人として知られる。
目次[非表示]

概要

生没年 文政11年(1828)・9・9~(1905)年・1・31
副島種臣は江戸、明治時代に活躍した武士、政治家。蒼海という号で書の名人として知られる。兄は佐賀の吉田松陰と称された学者の枝吉神陽の弟。副島家を相続。大隈重信とともに藩校講道館で学び学制改革を行い追放処分を受ける。
大隈とともにフルベッキに学ぶ。脱藩して大政奉還を慶喜に進言しようとするが強制送還され不発に終わる。鍋島直正の寛大な処置で謹慎処分を受ける。明治政府では参与、参議に就任。明治4(1871)年外務省に入り台湾事件、マリア・ルース号事件、千島樺太交換問題等の外交問題に着手。

明治6年の政変で下野。民選議員設立建白書を提出。松方正義の内務大臣、枢密顧問官を務める。
書の名人で蒼海という号で書いている。佐賀新聞の題字は彼が書いたものである。


関連タグ

佐賀藩 明治

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名

pixivに投稿された作品 pixivで「副島種臣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 336

コメント