ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

吉田松陰

よしだしょういん

文政13年~安政6年 幕末の長州藩士。萩の松下村塾で多くの弟子たちを指導したが安政の大獄で刑死した。
目次 [非表示]

概要編集

長州山口県の生まれ。

諱は矩方。字は義敬。号は松陰・二十一回猛士など。

長州藩士・杉百合之助の次男。最初の名は杉寅之助。幼少のころ、叔父・玉木文之進が開いた萩の松下村塾でスパルタ英才教育(それはとても苛烈なもので、女性であるということで口出しを許されなかった松陰の母は松陰が死んで楽になることさえ願ったといい、松陰自身も「死ななかったのが不思議なくらい厳しいものでした」と述懐している)を受ける。6歳のとき山鹿流兵学の師範吉田家を継ぎ、吉田大次郎のち寅次郎と名乗り兵学や史学を修めた。若輩ながら英明な君主・毛利敬親に抜擢され西洋艦隊撃滅演習(大真面目である)などを行う。しかしアヘン戦争の情報を知るや自分の軍学が最早陳腐化している事を痛感、藩のまた長崎江戸に遊学して時勢に心を動かされ、佐久間象山に師事して洋学などを学んだが、開国公武合体論を説いた師とは逆に攘夷論の立場をとる。ただし松陰の攘夷論は、一時的に開国を容認してでも富国強兵を優先する大攘夷である。


ペリー再来に乗じて海外密航を企てて投獄され、出獄後は自身も幼少期に学んだ松下村塾を継いで子弟を教育し、高杉晋作久坂玄瑞入江九一吉田稔麿の「松下村塾四天王」を始め伊藤俊輔(博文)・山県狂介(有朋)・佐世八十郎(前原一誠)ら幕末~明治に活躍した多くの人材を輩出した。ちなみに桂小五郎(木戸孝允)は松陰や門下生たちと関係が深く塾生と勘違いされやすいが弟子ではなく友人である。また松陰門下生と非常に関係が深い井上聞多()は松陰から教えを受けたことはない。


時の江戸幕府が外国との不平等条約を無勅許で締結したことに激怒して、その中心人物と見なした老中の暗殺を考えるようになる。そして弟子たちにその協力を求めたが高杉・久坂・稔麿らほとんどの弟子たちに加え友人の桂からも反対されてしまう。このため計画に賛同した入江九一・野村和作(靖)兄弟以外の弟子たちを破門した。

その後、安政の大獄によって江戸で刑死した。

しかし、この一件は捕縛され刑死した梅田雲浜が暗殺計画と関与していない松陰を巻き込んだ説がある。

もっとも松陰は雲浜や橋本左内らと違い流罪で済んでいたところを井伊直弼自身がわざわざ死罪を命じたとされる。

『講孟余話』『留魂録』『松陰詩稿』『孫子評注』などがある。


人物編集

経歴を見ればわかるように、わずかな期間ながら明治維新の立役者となる多くの志士たちを弟子に持ち、彼らを育て上げたという功績があり、幕末を語る上では欠かせない人物ではある。


しかし一方で、29年の人生で5回も投獄されるなど長州藩の問題児でもあった。無論それは国家存亡の危機に立たされた日本の未来を憂い、何とか状況を打破しようという熱意故のものだが、その為に藩法をよく破り、松陰に理解のあった藩の上層部すら困らせた。


老中暗殺計画を公言するようになった際は、長州藩の判断によって投獄されが死罪になる予定は無かった。しかし、松陰と同じく幕政を批判していた一橋派の梅田雲浜が安政の大獄で捕縛されると、梅田との関係を幕府に疑われて江戸に連行される。そして取り調べを受けた際に聞かれてもいないのに老中・間部詮勝(まなべあきかつ)暗殺計画を公言した為、驚いた幕府の判断によって刑死となった。


狂愚まことに愛すべし、才良まことに虞るべし。諸君、狂いたまえ。」という門人に向けた言葉もよく知られている。


攘夷派であるが単純な異人嫌いと言うわけでもなく、自国の兵法を時代遅れと感じて西洋兵法にのめり込んだり、海外留学の為に密航しようとするなど西洋文明への憧れも持っていた。幕府と異国の条約締結に激怒したのも無勅許で行われたからであり、攘夷と言うよりは尊皇による怒りである。


たとえ嫌いな人物であっても評価は是々非々らしく、安政の大獄を起こした井伊直弼については彦根藩の統治だけなら「名君」と評価しており、大獄の協力者であった水野忠央についても「奸にして才あり」と才能を評価していた。

一方で後白河院後醍醐帝の政治については失政と認めるなど単純で盲目的な尊皇家ではなかったことが窺える。

血縁編集

  • 玉木文之進:叔父。松下村塾創設者。松陰少年に教師としてスパルタ教育を施すも勉強以外の面では松陰少年を甥として舐めるように可愛がったという。乃木希典の弟・正誼を養子にしたが、萩の乱で正誼ら塾生たちが前原一誠に加担した責任を取り切腹した。
  • 杉寿:次妹。楫取素彦の最初の妻となる。楫取久子とも。
  • 杉文:末妹。最初久坂玄端の妻となるが、玄端と寿の死後、楫取素彦の後妻となり楫取美和子と改名。2015年NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の主人公。
  • 杉民治(梅太郎):兄。松陰を物心両面で支えた。明治維新期には代官として各地で任に当たり、その優れた手腕から「民治」の名を藩主から受ける。山代では水路造成・田畑開拓により人々の暮らしに貢献。その後、松下村塾を再興した。
  • 杉敏三郎:弟。松陰と容貌が酷似していたという。生まれつき聴覚障害を持っていて、話すことはできなかったが、兄に似て学問好きで、動作は健常で明るく、礼儀・応接は他人の及ばぬほど丁寧であったという。松陰は弟の病気の平癒を加藤清正公を祀る本妙寺に祈願した。松陰刑死後は兄の梅太郎(民治)の親族の世話になり、裁縫や家事が得意であった。明治9年 (1876年) 32歳の若さでこの世を去った。

創作作品における吉田松陰編集

吉田松陰を題材にした人物、またはモチーフにしたキャラクター。

個別記事有り編集

  1. Fateシリーズ』のキャラクター。→吉田松陰(Fate)
  2. モンスターストライク』のキャラクター。→吉田松陰(モンスト)
  3. ライズオブローニン』のキャラクター。→吉田松陰(ライズオブローニン)

NHK大河ドラマ編集


民放ドラマ編集

本作では登場前に故人となっておりプロローグにおいて木像で登場。ちなみに米倉は「花神」で桂小五郎を演じている。


漫画編集

あまり焦点の合わない目にあばた顔が特徴。作者の「風雲児たち」より以前の作品である「冗談新選組」の沖田総司のスターシステムである。

こと吉田松陽の名前の元ネタ。CVは山寺宏一喜多村英梨。なお、虚の刀の鍔には吉田松陰家の家紋である「五瓜に卍」をアレンジした模様が入っている。


ゲームその他編集

乙女パズルゲームの攻略キャラクター。→吉田松陰(ラヴヘブン)

異世界の危機を救うため、主人公により召喚された。

2022年1月公演「江水散花雪(こうすいさんかのゆき)」に登場。

本作では歴史上人物として重要な役割を果たす。


関連タグ編集

幕末

高杉晋作 久坂玄瑞 木戸孝允

伊藤博文 山県有朋 井伊直弼

関連記事

親記事

長州藩 ちょうしゅうはん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142794

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました