ピクシブ百科事典

天道語録

てんどうごろく

『仮面ライダーカブト』の劇中にて主人公・天道総司が発言した名言の数々。
目次[非表示]

おばあちゃんが言っていた…

仮面ライダーカブトこと天道総司がことあるごとに発言する名言(迷言?)であり、彼の尊敬する数少ない人物である「おばあちゃん」の残した言葉。
これを言う際には、必ず「おばあちゃんが言っていた…」という言葉から始まり、かなりの確率で人差し指を天に突き上げる例のポーズを行う。
…のだが、よく聞くと実は「それ本当におばあちゃんが言ったの?」と突っ込みたくなるような言葉も多い。

どれもなかなか説得力のあるいい言葉ばかりなのだが、実際に日常生活で使用すると少し周りから変な目で見られることもあるので注意が必要。
また、子供の教育にいいということで保護者方からの評判もいい。
ちなみに、超全集にはこの天道語録まとめが掲載されている。

勘違いされることもあるが、天道のおばあちゃんは本編に登場しないだけで今なお健在である。

天道語録一覧

  • 天の道を往き、総てを司る男。
  • 俺が望みさえすれば、運命は絶えず俺に味方する。
  • 世界は自分を中心に回っている。そう思った方が楽しい。
  • 人は人を愛すると弱くなる…けど、恥ずかしがる事は無い。それは本当の弱さじゃないから。弱さを知ってる人間だけが本当に強くなれるんだ。
  • 花は全ての女性を輝かせる。
  • 太陽が素晴らしいのは塵さえも輝かせることだ。
  • 二兎を追う者は二兎とも取れ。
  • 病は飯から。食べると言う字は人が良くなると書く。
    • あまりにもシンプルな喩えであるが故に医療従事者からも絶賛された。
  • 友情とは友の心が青くさいと書く。
  • 食事は一期一会、毎回毎回を大事にしろ。
  • 全ての女性は等しく美しい。
  • 男がやってはいけない事が二つある。女の子を泣かせる事と食べ物を粗末にする事だ。
    • うどんを粗末にするセクティオワームに対して。食事を大切にする天道にとってはワームは非常に許し難い相手であった。
  • 本当の名店は看板さえ出していない。
  • 戦いはへそでするものだ。
  • 仕事は納豆の様に粘り強くするものだ。
  • 悪魔の囁きは時として天使の声に聞こえる。
  • 未熟な果物は酸っぱい。未熟者ほど喧嘩をする。
  • 食事の時間には天使が降りてくる。そういう神聖な時間だ。
  • 子供は宝物。この世で最も罪深いのは、その宝物を傷つける者だ。
  • 人のものを盗むヤツはもっと大事なものを無くす。
  • 男はクールであるべき、沸騰したお湯は蒸発するだけだ。
    • これに剣は「じいやが言っていた。男は燃えるもの。火薬に火をつけなければ花火は上がらないってな。」と反論。どっちも間違った事は言っておらず、彼らの在り方の違いが分かるセリフとなっている。
  • 本物を知る者は偽者には騙されない。
  • 誰にもわからない様に隠し味をつけるのは楽しい。だが、それを見つけるのはもっと楽しい。
  • 美味しい物を食べるのは楽しいが、一番楽しいのはそれを待っている間だ。
    • 行列を抜かして我先にと中華そばを食べようとする剣に対しての苦言。
  • 美味しい料理とは粋なもの、さりげなく気が利いていなければならない。
    • 対する剣は「美味しい料理とは粋なもの 煌びやかで最高の素材を使わなければならない」と述べる。
  • どんな調味料にも食材にも勝るものがある。それは料理を作る人の愛情だ。
  • まずい飯屋と悪の栄えた試しは無い。
    • 銀行強盗を叩きのめしてのキメ台詞。
  • 強さにゴールはない。俺はさらに強くなる。いつまでも、どこまでもな。
  • 手の込んだ料理ほど不味い。どんなに真実を隠そうとしても隠し切れるものじゃない。
  • 刃物を握る手で人を幸せに出来るのは料理人だけだ。
    • 他に刃物で人を幸せにする職業は理容師とかあるだろ!というツッコミがあるが、後年の作品でその法則が外れてしまったのはなんたる皮肉か。公式には植木職人はどうした!と突っ込まれていた。
    • もっともこのセリフは料理を人類支配の道具にしようと目論んだ生簀に対してのセリフであるが。
  • 自分に溺れる者はいずれ闇に落ちる。
  • たとえ世界を敵にまわしても守るべきものがある。
  • 料理の味を決めるのは下準備と手際のよさ。
  • 人生とはゴールを目指す遠い道…重い荷物は捨て、手ぶらで歩いたほうが楽しい。
    • この言葉を聞いた蓮華は言葉をそのまま受け取り、荷物を手放すのであった。
  • 俺の進化は光より早い。全宇宙の何者も俺の進化にはついて来れない。
  • 子供の願い事は未来の現実。それを夢と笑う大人はもはや人間ではない。
    • ワームを利用し、未来を担う生徒たちの願いを踏みにじって尚、開き直る理事長に叩き付けたセリフ。よほど天道がおばあちゃんに大切にされた事が窺える。
  • 絆とは決して断ち切る事の出来ない深いつながり。例え離れていても心と心が繋がっている。
  • 男と女は時として化学反応を起こす。何があってもおかしくない。
  • 人が歩むのは人の道、その道を拓くのは天の道。
  • 俺は世界の中心。ならば世界は俺が救ってやる。
  • 本当に美味しい料理は食べた者の人生まで変える。 正義とは俺自身!俺が正義だ。
  • 世の中で覚えておかなければならない名前はただ一つ。天の道を往き、総てを司る男…天道総司。
  • 強きを助け、弱きをくじけ。強い者だけが生き残ればいいんだ。
    • 劇場版にて状況が状況だったとはいえ、天道の人物像からして本来の言葉の意味は弱肉強食を肯定するという意味ではない…はず。
  • ちゃぶ台をひっくり返していいのは、よほど飯がまずかった時だからな。
    • 劇場版にてハイパーフォームに変身し、第二の巨大隕石を渋谷隕石と衝突させて粉砕する際のセリフ。劇場版の世界はこうでもしないと人類にはどん詰まりの世界だったのである。
  • 人のまねをするのも悪くない…“本当の自分”を見つけるためには。
  • 美味い料理と美しい人は余計な装飾をしない。この鱧のようにな。


番外編

  • 同じ道を往くのはただの仲間にすぎない。別々の道を共に立って往けるのは友達だ。
    • 最終回で天道が発言した、おばあちゃんの受け売りではない天道自身の言葉


  • 毎朝、鏡の前で、顔を洗う男、カガミ(加賀美)、洗った(新)。


  • 真の才能は少ない。そしてそれに気づくのはもっと少ない。
    • カブトの世界のおばあちゃんが残した言葉。

  • 世の中には慌てて飲み込んじゃいけないものが二つある!テレビの言う事とお正月のお餅だ!ハハハッ! ーーーー無駄口聞くんじゃないよ!食べ物は出てきた瞬間が一番美味しいんだ!

  • いつでも帰れる場所がある。だから俺は離れていられるんだ。

  • 冒険が人間を強くするってな。
    • スーパーヒーロータイムEDのミニコーナーでの言葉。ちょうどボウケンジャーが放送開始された日でもあった。

  • どうせ冒険するなら大冒険に限るってな。
    • スーパーヒーロータイムミニコーナーでの言葉。言うまでもなく大冒険とダイボウケンを掛けたダジャレ。

  • プレシャスが宝なら俺は宇宙の宝だ。
    • 珍しく「おばあちゃんが言っていた」からは始まらない言葉。自信満々に例のポーズを取る所が天道らしい。

  • 35年の中で一番強いのが俺というわけだ。
    • スーパーヒーロータイムミニコーナーでの言葉。これも珍しく(ry
    • 一応コンセプトは『最強』なので間違ってはいない。また歴代平成ライダーが映るシーンで何故か龍騎だけ資料映像に使われたのは、TVSPにおける「龍騎が多数の仮面ライダーに取り囲まれるシーン」というどこか悪意を感じる映像選択だった。(他のライダーは必殺技を決めていたりと胸熱なシーンばかりだった)

  • 彼がstrongerなら俺はstrongestだ。

  • 神は言いました。天の青空に光ありて、昼と夜とを分かち、また、印のため、時のため、陽のため、歳のためになるべし。神は言いました。汝、天の青空にありて、地を照らす光となるべし
    • 神父に扮し、聖書の言葉を拝借した天道語録。第8話にして神という単語が登場してしまった。また、天道の台詞にしては珍しく他人行儀な言い回しである。ついでに同話で矢車星がどれだけ輝いても太陽には勝てないとも言い放っている。

  • プレイする時は部屋を明るくし、できるだけテレビから離れるようにってな…。また、プレイする時は健康の為、1時間ごとに15程度の休憩を取る事も大切だ。みんなも守ってくれよな。
    • PS2版での注意喚起。神代剣版については後述。


  • レシピ通りに料理を作ることは誰でもできる。本当に価値があるのは、新しいレシピを作ろうとする挑戦だ。
    • 仮面ライダービルドのヒーローショーにて。復活した三島正人の「スマッシュを利用し、全人類をネイティブ化させる」野望を自分で解決しようとした桐生戦兎。しかし、三島の野望は天道がスマッシュからネイティブ化する成分を含んだフルボトルを抜き取る活躍によって解決したため、「結局あんた一人でなんとかできた」という戦兎の言葉に対して。

おまけ

加賀美語録…?

天道とは反対におじいちゃんが言っていた語録らしい。
加賀美のおじいちゃんが「芋を盗むなァァァ!」とキレたトラウマを思い出した為か、詳細は不明なままで終わる。ワーム相手に加賀美語録でキメようとした際には鉄パイプに躓き「よっこらしょ…腰が痛くてね…」と言う始末で、天道に「頭が痛い」とまで言わしめた。ぶっちゃけ本編を見る限りでは父親の方が語録らしい語録を残しているような…。

神代語録

「じいやが言っていた」で始まる神代剣の名言集。

  • 男は燃えるもの、火薬に火をつけなければ花火は上がらないってな。
  • 美味しい料理とは粋なもの 煌びやかで最高の素材を使わなければならない
  • 高貴な振る舞いには高貴な振る舞いで返せ
  • 友情に勝る財産はない、一生の宝にしろ
  • プレイする時は部屋を明るくし、できるだけテレビから離れるようにと…。また、プレイする時は健康の為、1時間ごとに15程度の休憩を取る事も大切だ。みんなも守ってくれよな。

関連タグ

天道総司 仮面ライダーカブト 名言 おばあちゃん
婆ちゃん語録スナックワールドにて発される似て非なるもの。
アロエ(花騎士):「おばあちゃんが言ってた」仲間。


外部リンク

テレビ朝日公式サイト

関連記事

親記事

天道総司 てんどうそうじ

pixivに投稿された作品 pixivで「天道語録」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39286

コメント