ピクシブ百科事典

三島正人

みしままさと

仮面ライダーカブトに登場する人物。
目次[非表示]

演:弓削智久

概要

ZECTの幹部。
幹部として誠実に役割をこなす一方、目的を遂行するためには部下を切り捨てることも、ワームと手を組むこともいとわないほど冷徹。『人類を守る』と言う理念よりも、『ZECTという組織そのものを守る』という意識が強い。
味覚がなく、食事はサプリメントの補給で済ませるという変わり者。またかなり怒りやすく、事あることに机を叩いたり大声で怒鳴る事も。
普段は眼鏡をかけているが、激怒すると眼鏡を地面に叩きつける癖を持つ。

ザビーへの変身

影山瞬フォルミカアルビュスワーム(シロアリのワーム)との戦いに苦戦しているところを見て、一度だけザビーゼクターを無理矢理捕まえて仮面ライダーザビーに変身した。影山のボクシングスタイルを尊重しつつも高い戦闘能力でワームを圧倒し、影山にボクシングスタイルでの戦い方を教えた。(この教えは影山が仮面ライダーパンチホッパーの資格者になってから本領を発揮していく事になる)
この後ザビーゼクターが三島を資格者にしようとしたが、三島はザビーゼクターを追い払った。
(資格者でないにも関わらず強制的に変身した為、ザビーゼクターに威嚇されているようにも見て取れる。)

彼の野望

ワームのボス格であるカッシスワームが倒された後、「ワーム根絶」という目的を終えた後にZECTの解散を決定した加賀美陸への不信と権力欲から、全人類をネイティブに変えようとする根岸の理想に酔い、根岸と手を組み下剋上を起こして陸を反逆者として逮捕(この際、土下座した陸の手を踏んだり、無理やり立ち上がらせてからの顔面パンチをした)。ZECTのトップになると共に人間である事も捨て、自らの肉体を最強のネイティブ(ワーム)グリラスワームと化した。カブト、ガタックの二人を相手に終始優勢を保ち、パーフェクトゼクターでの攻撃さえも耐え切り逆に粉砕するが、直後にカブトとガタックのダブルライダーキックを受け爆死する。

関連タグ

仮面ライダーカブト ZECT
仮面ライダーザビー グリラスワーム
根岸(仮面ライダーカブト)
そっくりさん?
由良吾郎 阪東清治郎 下霜草司

pixivに投稿された作品 pixivで「三島正人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8726

コメント