ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:弓削智久

概要

ZECTの幹部。
幹部として誠実に役割をこなす一方、目的を遂行するためには部下を切り捨てることも、ワームと手を組むこともいとわないほど冷徹。『人類を守る』と言う理念よりも、『ZECTという組織そのものを守る』という意識が強い。
その為なのか、ZECTの一員で無いにも関わらずマスクドライダーシステムの所有者となっている天道総司の事は内心目障りに思っている模様。

味覚がなく、食事はサプリメントの補給で済ませるという変わり者。またかなり怒りやすく、事あることに机を叩いたり大声で怒鳴る事も。
普段は眼鏡をかけているが、激怒すると眼鏡を地面に叩きつける癖を持つ。

ザビーへの変身

影山瞬フォルミカアルビュスワーム(シロアリのワーム)との戦いに苦戦しているところを見て、一度だけザビーゼクターを無理矢理捕まえて仮面ライダーザビーに変身した。
(尚、この際に推定4〜6m上空を飛ぶザビーゼクターを垂直跳びで捕まえて変身した)
影山のボクシングスタイルを尊重しつつも高い戦闘能力でワームを圧倒し、影山にボクシングスタイルでの戦い方を教えた。(この教えは影山が仮面ライダーパンチホッパーの資格者になってから本領を発揮していく事になる)
この後ザビーゼクターが三島を資格者にしようとしたが、三島はザビーゼクターを追い払った。
(資格者でないにも関わらず強制的に変身した為、ザビーゼクターに威嚇されているようにも見て取れる。)

彼の野望

ワームのボス格であるカッシスワームが倒された後、「ワーム根絶」という目的を終えた事でZECTの解散を決定した加賀美陸に対し、三島は強い反感を抱く。
その結果、自らネイティブの指導者である根岸に接触しに向かった三島は、全人類をネイティブに変えようとする根岸の目的を知った結果、この先の世界がネイティブ中心となると確信したのか、ネイティブの世界で伸し上がるべく、仮面ライダーカブト仮面ライダーガタックに隠された暴走スイッチである「赤い靴」の存在を根岸に密告。彼と手を組み下剋上を起こして陸を反逆者として逮捕した(この際、土下座した陸の手を踏んだり、無理やり立ち上がらせてからの顔面パンチをした)。

ZECTのトップになると、数名の部下と共に自らも人間である事も捨て、最強の成虫型ネイティブであるグリラスワームと化した。
戦いを仕掛けてきた擬態天道仮面ライダーダークカブト)を、自らが手にしたネイティブの力で圧倒し、彼をネイティブ化を促す装置に組み込んだ後、ネイティブ化計画の場に現れたカブト、ガタックの二人を相手に終始優勢を保ち、パーフェクトゼクターでの攻撃さえも耐え切り逆に粉砕するが、直後にカブトとガタックのダブルライダーキックを受け、最後はネイティブ化の装置に激突して爆死する。
直後、結託していた根岸も擬態天道によって道連れにされて死亡し、自らと根岸の野望は完全に終止符を打たれたのだった。

関連タグ

仮面ライダーカブト ZECT
仮面ライダーザビー グリラスワーム
根岸(仮面ライダーカブト)
そっくりさん?
由良吾郎 阪東清治郎 下霜草司

関連記事

親記事

ZECT ぜくと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三島正人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16438

コメント