ピクシブ百科事典

擬態天道

ぎたいてんどう

『仮面ライダーカブト』の登場人物。
目次[非表示]

演:水嶋ヒロ

解説

仮面ライダーダークカブトの資格者で、天道総司に擬態しているネイティブ。一人称は「僕」で子供っぽい口調で喋る。
天道に擬態しているため彼の「妹」である日下部ひよりに好意的に接し、彼女を守ろうとする。
「擬態天道」とは公式サイトなどで使用される名称である。


「時空の狭間の世界」と現実世界を自由に行き来するという特殊能力を持っている。ZECTによって、渋谷の隕石落下跡地にある「AREA X」に幽閉されていた。エリアXを管理しているZECTでもその存在を知る者は少ない。

幽閉時は鉄仮面を被せられ、両手足に鎖を繋がれているという格好であり、恐怖と憎悪で理性を失い、獣のような唸り声を上げていた。
三島正人によってハイパーゼクターの実験体にされた際、彼の声に導かれたひよりがAREA Xの地下に訪れる。
ひよりによって鉄仮面が外され、擬態天道としての素顔を見せた瞬間にハイパーゼクターが暴走。ひよりと共に時空間の狭間へと飛ばされ、その中を2人で彷徨うことになる。
そして時空の狭間でひよりと触れ合う内に、善悪の区別はないものの理性を取り戻し、言葉も話せるようになる。
無邪気な性格はこの時に見せたもの。だが戦いになるとかなり容赦がなく、ひよりのことで力を出せない天道を徹底的に攻撃していった。
その後、加賀美の説得で力を取り戻した天道に叩きのめされるが、その間をひよりが割って入り擬態天道と共に再び時空の彼方へ向かう。

一時は現実世界に戻り、ひよりが天道を拒絶していることを理由に天道本人を抹殺しようとするが、ひよりが天道の説得により現実世界へ戻ったことにより失敗に終わる。

そのことから彼は全ての世界の破壊を目論み、天道と再度交戦するもハイパーカブトによる返り討ちに遭う。そして力尽きた所を三島と根岸に拉致され、再びエリアXに幽閉された。

後にその正体が、幼少の頃ネイティブに拉致され、度重なる人体実験の結果ネイティブワームと化した元人間であることが判明。つまりは改造人間に近い存在でもある。人間ということは判明しているが真の素顔(天道の顔になる前の姿)と名前は不明。
グリラスワームへと変貌した三島の圧倒的な力の前に敗れ去り、人類ネイティブ化の装置に渋谷隕石とともに組み込まれた。
その後グリラスワームの爆発と共に起こった装置の破壊で自由となるが、根岸を道連れにするべく「この世界を頼んだよ」と天道に後を託し基地の爆炎の中へと消えた。

彼自体は悪人ではなく、基地が崩壊する寸前天道も彼を助けようとしていた。
その境遇および作中での動向から、最後まで生存して欲しかったと思う視聴者も多い。

ゲーム版

本編撮影前に開発されていたプレイステーション2用の格闘ゲームでは、「天道に擬態したワーム(ネイティブではない)」という初期設定に沿った描写がなされているため、本編とは性格が全く異なっており、仮面ライダーリュウガのような邪悪な物言いをする。
一人称は「俺」で、ウカワームに対し「俺は俺で好きにやらせてもらう」と発言するため、元々は「ワームの中の跳ね返り者」というイメージで作られていたキャラである模様。

ガンバライド』では第8弾から参戦しており、こちらはテレビ版に準拠した性格になっている。

関連タグ

仮面ライダーカブト
仮面ライダーダークカブト ネイティブ
天道総司 日下部ひより
三島正人

哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「擬態天道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9101

コメント