ピクシブ百科事典

天道総司

てんどうそうじ

天道総司とは、『仮面ライダーカブト』の主人公。
目次[非表示]

「天の道を往き、総てを司る男。俺の名は…天道総司」

演・水嶋ヒロ

概要

天の道を行き、総てを司る男を自称する破天荒で型破りな性格の青年。10月19日誕生日の年齢21歳。
自分が世界で1番偉いと本気で思っており、天(空)を指し示すポーズをとる。
何事もそつなくこなす事が出来る完璧超人であり、独力で物事を解決しようとする傾向が強い。
しかし自分で解決できないことには脆く、また度を越した秘密主義を貫くことから誤解を招いてしまうこともある。
自らを“選ばれし者”と信じ、戦う日が来るまで準備を続けてきたため、定職に就いていない。
住んでいる家はかなりの豪邸。7年もの間、鍛錬を費やしたので、生身でもワームと互角に戦えるなど極めて高い戦闘能力を持つ。語学も堪能で、劇中ではイタリア語(第29話)、フランス語(最終話)を披露した。また、イタリア語訛りの日本語で「まずい」と言ったこともあった(第29話)。
人気者で社交的な性格だが、前述の理由からか友人はいなかったらしい。

祖母(劇中未登場だが未だ健在)を尊敬し、しばしば「おばあちゃんが言っていた…」というセリフの後、教えを口にする。
これらの格言は「天道語録」と呼ばれる。プロ級の腕前である料理(前述の教えも料理に例えたものが多い)をはじめあらゆることに精通するが、ひよりやじいやなど自分より優れた腕を持つ相手には敬意を払う。

加賀美のことは“退屈しない面白い男”と評し、窮地に陥った時には手を貸すこともある。
しかし、精神面で彼に助けられることもあり、自身の生い立ちや人類の存亡に関わる重大な事実を彼だけに明かすこともある。
特殊な理由がある場合以外はZECTに協力しようとはせず、単独行動を好むため、度々彼とZECTメンバーの間で衝突が発生する。

旧姓は日下部。3歳の頃、父と妹を妊娠中の母がネイティブにより殺害・擬態された後、身よりのなかったところを祖母に引き取られ“天道”姓になる。
その後、祖母の家に樹花が誕生し、東京タワーに近い一軒家で彼女と共同生活を営むようになる。
しかし7年前、両親に擬態したネイティブと遭遇。彼らが連れていた少女が、生まれるはずだった妹・ひよりに擬態したネイティブであることを察し、直後に渋谷隕石の災厄に巻き込まれる。
これを機に復讐を果たそうと画策するも、ひよりの叫びを聞き思い留まる。そしてネイティブであっても、生まれる前に殺された妹を守ることを決意。
人間としての記憶を取り戻した父に擬態ワームからライダーベルトを授けられ、その後の7年間はひたすら鍛練に費やし、カブトゼクターとの邂逅を契機に、ワームとの戦いに身を投じる。

妹の樹花とは血の繋がりが無いものの、彼女も本当の妹の様に大切に思っている。
故にひよりや樹花が危険に晒された際は、常日頃の冷静さを失いがちになり、取り乱すこともあり、樹花に彼氏が出来たと思い込んだ時はものすごい勢いで情けない声色になった。

関連イラスト

光を支配せし太陽の神、カブトに選ばれし人
鯖味噌



関連タグ

仮面ライダーカブト
主人公 俺様 チート シスコン
加賀美新 日下部ひより

pixivに投稿された作品 pixivで「天道総司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 282622

コメント