ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「だってやるしかないだろ?俺、クウガだもん!」
「この雨だって絶対止むよ。そしたら青空になる。今だってこの雨を降らせている雲の向こうには、どこまでも青空が広がってるんだ」

演:オダギリジョー松原大典(一部のゲームなど)

概要

本作の主人公。古代の戦士クウガに変身する。
1975年3月18日生まれ、24歳→25歳。血液型はO型北海道生まれの神奈川県山北町育ち。
自由気ままに世界中を旅していた「冒険野郎」。
決め台詞は「大丈夫!」「だって俺クウガだもん」。

帰国してから間もなく、九郎ヶ岳遺跡の調査団が行方不明になった事件の現場に出向いたことで一条薫と出会う。そこで発掘されたアークルから超古代の光景を垣間見る。
その後、沢渡桜子と共に長野県警を訪れるが、襲撃してきたズ・グムン・バから人々を守るため、咄嗟にアークルを装着しクウガとなった。

2000の技(1番目の技は笑顔、2000番目の技がクウガへの変身)を持つ男で、初対面の相手には「夢を追う男 2000の技を持つ男 五代雄介」と書かれた名刺を渡す。ちなみに技の数は渡した時期によって変わっており(手書きで書き直してあることもある)、五代は誰に渡した名刺が幾つの技の時だったかを覚えている。
笑顔と共にきめるサムズアップが癖で、この癖は彼を取り巻く人間の間にも徐々に広まっていく。因みにこのサムズアップは彼の小学生時代の恩師である神崎昭二の受け売りであり、神崎先生曰く『古代ローマで満足、納得できる行動をした者にだけ与えられる仕草』という説明がされている。雄介の2000の技も、「2000年までに2000の技を持つ」というのも神崎先生との約束が始まりである。

父親は戦場カメラマンであり、小学6年生の頃にアフガニスタンで死亡。18歳の時に母親も病で亡くし、その後みのりと共に兄妹で場所を転々とした後、父親の後輩・飾玉三郎(おやっさん)の下に落ち着いた。
その縁あって、現在でも日本にいる間は飾の経営する喫茶店「ポレポレ」に居候している。店も手伝っているが、物語開始以降はクウガとしての活動の影響であまり手伝えていない模様。(上述の名刺の裏に書かれている連絡先もポレポレである。なお携帯は持っていない)

穏やかかつ飄々とした性格で、強い意志と優しさをうちに秘めた笑顔の似合う男である。桜子には「のん気で元気な五代君」と言われており、他の人間にも一見そう見えるが、誰よりも笑顔の大切さ、儚さを知っているため、それを守るため自分の感情を押し殺し弱音を吐かず明るく振る舞っている(上記の発言をした桜子も、本当のところ彼の自分より周りを優先させる性分を理解し案じている)。
また、一見感覚だけで行動しているように見えるが察しもよく、劇中ではメ・バヂス・バゲゲルの法則性を一条同様看破したり、、第10話では夏目実加の、第40話では朝日奈奈々の行方を推測(前者は所持品、後者は自分とした過去の会話から)したりと洞察力の高さを見せている。人の顔と名前を特徴から覚えることも得意。
みのりが勤務するわかば保育園に度々出向いては2000の技の1つを披露しており、園児達にも懐かれている。子供相手にも対等な目線で接している。
因みにクウガを表す古代文字をとても気に入っており、専用バイクトライチェイサー2000や私服に自作のクウガのマークをプリントしている。

そして何より、拳を振るうことをとても嫌っている。人を守るためとはいえ暴力を振るわなくてはいけないことに「好きになれないから、あの感触は…」と物語序盤で漏らしており、クウガとして戦う覚悟を決めた後も根本的な思いは変わっていない。

第30話にて、椿秀一蝶野潤一に投げた言葉がそれを端的に表している。

椿「俺を殴ってどんな気がした?嫌な感じがしただろう。それをあいつはずっとやってるんだよ。体が自分のものじゃなくなるかもしれないっていう恐怖の中で、弱音も吐かず、みんなの笑顔を守るためにな」

強くなってみんなの笑顔を護るために尽力し続けてきた五代だったが、ゴ・ガメゴ・レとの戦いで得たライジングマイティの壮絶な力、そして残虐非道なゴ・ジャラジ・ダへの怒りの中でオーバーラップした凄まじき戦士の姿を知り、クウガの力の本当の姿を目の当たりにする。
自分がやがてグロンギになってしまうことを恐れながら、その恐怖を押し殺し、警察と協力してゴ集団を全滅させるものの、遂に最強のグロンギであるン・ダグバ・ゼバが復活。
五代はあっという間に倒されてしまった。

どうしたの?もっと強くなって


ダグバ「どうしたの?もっと強くなって、もっと僕を笑顔にしてよ」

日本を滅亡させかねない程の大虐殺を齎すダグバに対し、五代はかつて見た最強の戦士、アルティメットフォームになることを決意する。

決意



ダグバ「なれたんだね。究極の力を持つ者に」

壊すものと護る者。
白と黒の拳は交差し、吹雪吹き荒れる始まりの地で幾度となく互いの肉体を打った。ベルトが破壊され、究極の力を失ってもなお、五代とダグバは戦い続けた。自分の死すら嘲り笑うダグバとは対照的に、五代の顔には、涙が浮かんでいた…。

全てが終わった後、五代は再び旅に出ることを決意した。
仮面ライダークウガ』第49話…すなわち最終回には、五代雄介の姿はなかった。
本来最強の悪の親玉との戦いで終わるはずの仮面ライダーシリーズ最終回では異例の事態だった。
だが、そこに登場する人々の顔には、グロンギがいなかった頃の笑顔が戻っていた。

みのり「4号はほんとはいちゃいけないって、先生思ってるの」
「4号なんかいなくてもいい世の中が、一番いいと思うんだ」

遠い遠い国の、とある砂浜で。
喧嘩をする子供たちの前に駆け寄り、ジャグリングをして見せる日本人の青年がいた。
子供達の顔にたちまち笑顔を取り戻した青年は、大好きな青空の下でサムズアップをして見せた。

雄介



その顔には、笑顔が浮かんでいた。

小説版の五代雄介

2013年の


本編から13年後の五代雄介。といっても本人は後半までは登場せず、一条が夢に見た姿は髭を生やして少しワイルドになった姿であった。これは現実のオダギリジョーに即したものとなっている。

後半には黒の2号の暴走、そして再び動き出したグロンギの生き残りの野望を粉砕するべく、封印していたクウガへの変身を遂げる。
久しぶりの変身なのにも関わらず、黒の2号(要はアルティメットフォーム)の乱打攻撃を受け続けて耐え抜いたり、アメイジングマイティですら苦戦すると言われたグロンギに基本4フォームだけで圧倒するなど、本編よりも強くなっている。
ただ五代雄介は、十数年間アークルの力を使わないことで緩やかに力を封じ込めようとしていたきらいがあり、それを再度目覚めさせてしまったことを一条は深く後悔していた。

漫画版の五代雄介

月刊ヒーローズ連載の漫画版では(彼に限ったことではないが)容姿が明らかに違っており、別の探検家にしか見えないと評判になった。
…まあ最近のオダギリジョーと言われるとそれまでなのだが。

 【描いてみた】2015の技を持つ男


カラーだとこのように茶髪なのだが、白黒になると全く塗っていないので金髪に見えてしまうのも一因と思われる。

ちなみに2000の技は2015の技にランクアップしている。

余談

彼の書いた字は本作のメインライター・荒川稔久によるもの。

劇中では殆どの人間に「五代(さん/くん)」と名字で呼ばれており、名前呼びされることは少ない(呼ぶのは玉三郎とわかば保育園の園児達ぐらい)。
公式や最終回のサブタイトルでは「雄介」と名前呼びされているが、ファンからの呼び方は「五代」が主流。
名字呼びが多い平成ライダー主人公自体は後に剣崎一真天道総司が登場しているが、彼らは劇中で名前呼びされることがほぼ皆無なばかりか、公式からですら名字呼びされる点が異なっている。
「ユウスケ」と言った場合はリ・イマジネーションライダー小野寺ユウスケを指すことが多い。なおクウガに関しては、「五代クウガ」「小野寺クウガ」と区別される。

関連イラスト

雄介
俺の、変身!


サムズアップ
ご!



関連タグ

仮面ライダークウガ クウガ 主人公 一条薫 五代みのり
沢渡桜子 杉田守道 椿秀一
小野寺ユウスケ平行世界のクウガ
剣崎一真 火野映司 葛葉紘汰……平成ライダーで、人間ではなくなってしまう恐怖を経験した主人公繋がり

五代雄介津上翔一

関連記事

親記事

仮面ライダークウガ かめんらいだーくうが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「五代雄介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 609721

コメント