ピクシブ百科事典

メ・バヂス・バ

めばぢすば

メ・バヂス・バとは、仮面ライダークウガの第7-8話に登場したグロンギの1人である。
目次[非表示]

「ギビビビバギンググシギザ(一気にナインが3だ)」

詳細

人間態/CV:河合秀
メ集団で最初にゲゲルを開始した、スズメバチのような姿をしたグロンギ。警察からは「未確認生命体第14号」と呼称される。

外見

ハチのような複眼触角頭部にあり、蜂の巣のような模様の衣類周りに着けている。背中に2枚のがあり、右腕から鋭く太いが伸びている。ベルトバックルは暗い銀色
人間態は肩や胸の部分を黒いベルトで巻いた、金色の服を着た青年。

能力

背中の翅で空中を長時間飛行できる。右腕からは針を地上の標的に発射し、相手の脳天を撃ち抜いて即死させる。威力は凄まじく、人体をぶち抜いてもなおアスファルトに突き刺さるほど。ただし1度撃つと針を再生するのに時間がかかるのが弱点。
また、頭部の複眼は視力が高いだけでなく、人間の体内アマダムも見つける事が出来る。この能力によって五代雄介クウガであると見破った。

劇中での行動

第7-8話のネタバレを含む為、記事の閲覧には注意

東京上空渦巻き状に移動し、地上の人間を次々に撃ち殺すというゲゲルを行った。しかしクウガとの戦闘中に一条薫刑事で撃たれてグゼバ(殺した人間の数を数える腕輪)を破壊された為、ゲゲルが最初からやり直しになってしまう。その時近くにいてグゼバを拾ったゴオマ責任転嫁しており、性格の悪い一面が見られた。
後にクウガを倒す事でリントを27人殺害したとみなす特例をバルバに認めさせ、再びゲゲルを行った。しかし、ペガサスフォームの能力を使いこなせるようになったクウガに針を発射するも掴み取られ、最期はブラストペガサスを受けて落下水中で爆散した。

客演

仮面ライダーディケイド

クウガの世界ではン・ガミオ・ゼダが起こした究極の闇によって絶命した人間が変身する形で複数の個体が登場した。
アギトの世界でも序盤に登場したが、大した抵抗も出来ずにG3-Xに倒された。

仮面ライダーフォーゼ

野座間友子が見せたネットの映像にゴオマやザインと共にクウガと戦闘を行っているのが確認された。

漫画版

漫画版ではバヅー上京に伴い早々に登場(ザインより早い)。
人間態は原作よりが長く、ベルトも白い。にはサングラスをかけている。
殺害方法は、頭に打ち込んだ針が時間を置いて肥大化し、脳を内側から破壊するというものへ変化。原作のゴ・ジャラジ・ダの手口に近くなっている。
針を即座に巨大化させることも可能で、投擲することで炸裂させることが出来る(井上敏樹脚本を担当した『仮面ライダーTHENEXT』に登場する量産型ホッパー/ショッカーライダーの炸裂手裏剣に似ている)。

知的好奇心が強く、人間の文化に興味を寄せている。焼き芋を食べると放屁が促されるという生理現象すらも、彼にとっては新鮮なもののようだ。
汚い空気に弱いグロンギ族としては珍しく喫煙をするシーンがあり、メビオから迷惑がられる描写もある。

いじめられっ子の少年に目をつけ、彼が憎んだり妬んだりした相手を片っ端から殺し、巨漢の自分がひ弱な彼に怯える演技を行うことで、どんどん彼を堕落させて醜く歪ませようとする。

「どうした? 殺したいと思えばいいだろ? そしてお前以外の全てのリントをぶっ殺しちまいな!」

しかし、自分のしでかした罪の重さと孤独への恐怖に心を支配された少年に見切りをつけたバヂスは、彼を「最後のターゲット」に絞り、最高の恐怖と絶望を与えてから始末しようと試みる。
割って入ったクウガに対しても空を飛べないことを理由に嘲笑い、空中より爆撃するも、新たにクウガが入手した緑の力の前に粉砕される。

余談

演者の河合氏は、過去の特撮では忍者戦隊カクレンジャーのセイカイ/ニンジャイエロー役を演じていた。

関連タグ

仮面ライダークウガ グロンギ ペガサスフォーム スナイパー

pixivに投稿された作品 pixivで「メ・バヂス・バ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26772

コメント