ピクシブ百科事典

ズ・バヅー・バ

ずばづーば

特撮作品『仮面ライダークウガ』に登場する敵組織・グロンギに登場する怪人の一人。
目次[非表示]

ビベングデビ バ バグドムセギジャジャバ(記念すべきファーストプレイヤーか)

身長/204cm
体重/185kg
登場話…EPISODE5「距離」、EPISODE6「青龍」
未確認生命体第6号。バッタ種怪人。ズ集団に所属している。

概要

バッタの能力を持ったグロンギ
人間体はモジャモジャ頭の
バッタの怪人ということでマフラーをしている。残念ながらバイクには乗らない。
自信家で常に余裕たっぷりな性格。
自らを「脅威のジャンパー」と名乗っている。
クウガとの戦いでも終始余裕で「ゴグザ ゴンガググギギ(そうだ、そのがいい)」「ゴンチョグギザ(その調子だ)」とアドバイスをするほどである。

バッタの怪人であるため、強靭な脚力が自慢。
全身筋肉スプリングのような螺旋構造になっており、100mを3.00秒で走る速力と、ひと飛び25mのジャンプ力を誇る(第5話では明らかに建物13~5階分の落差をひとっ跳びしており更に高い所までジャンプできる可能性もある)。
「全身の」と書いた通り腕力も優れており、片手バイク突撃を受け止めたり、自動車のロッカパネルを持ち上げて横転させるなどの荒業を見せた。
この能力を活かしたヒットアンドアウェイ戦法が得意。
素早い動きとジャンプ力で敵のをくらまし、空中からのキック等でじわじわと敵を痛めつける。

劇中での戦い

バルバがゲゲルの開始を宣言した際に最初のプレイヤーとして2000/2/3(木)に2日で81人を殺すゲゲルに挑戦。
獲物を捕らえ高く跳躍し、高所から突き落として地面に叩きつけ殺害するという方法で犯行を重ねていった。

クウガとの初戦は自慢の跳躍力を活かし、クウガを何度も突き落とす等して、有利に進めていく。
途中でクウガはドラゴンフォームの力に覚醒し、動きについてこられてしまうが、クウガがまだ能力を使いこなせていない点を突き、一方的にいたぶるという陰湿な戦い方をする。
止めを刺そうとしたが工場煙突から出るを嫌い、殺さずにその場を去る。
この行動によって対未確認生命体用のガス弾開発の切っ掛けを与えてしまう。

その後も順調に犠牲者を稼ぎ、一度アジトに戻り前祝いとしてを飲むという相変わらずの余裕を見せた。
しかし、2000/2/4(金)に警察に犯行エリアを特定され、再びクウガと戦うことになる。
この戦いもドラゴンフォームの打撃はまったく効かず、クウガを圧倒し追い詰める。
しかし、桜子碑文解読結果を届けたことによってドラゴンフォームのを知られてしまう。

スプラッシュドラゴン!


クウガドラゴンフォームが鉄柵を蹴り折って即興で作り上げたドラゴンロッドを手にした事で形勢が逆転、今度は自分が一方的に叩きのめされ、にスプラッシュドラゴンが直撃封印エネルギーを撃ち込まれて爆死した。

飛蝗兄弟


後によく似た風貌の兄が存在することが判明、クウガのライバルとして登場する。
ディケイド以降の作品には兄弟揃って未登場。

漫画版

2014年から月刊ヒーローズで連載されているリメイク漫画ではメビオに先駆けて登場。人間態パンチ一発で突っ込んできた乗用車ボンネットを叩き潰し停車させるという鮮烈な初登場シーンを飾った。
怪人態はタトバコンボのように長く伸びたが逆関節になっていて、股下は身長の2/3を占める。はっきり言って超キモい。
なお、偶然にも柳田理科雄氏の『空想非科学大全』で描かれた「25mの跳躍が可能な改造人間の理想図」は、このリメイク版バヅーにソックリな16頭身である
こうなるとバダーはどうなるんだろう…。
また、クウガをボーナス点にする際、「赤のクウガ」を倒せばゴ集団に昇格できるようにバルバに要求した。

今回課されたゲゲルは「8時間で20人を殺害」。原作の殺害方法だけでなく、現代のリントについて興味を持っていたのか、友人同士(両者共にもみ合いの末転落死)、恋人同士(あっさりボーイフレンドを突き落とした女性も殺し、リントの愛を嘲る)、親子連れ(警察の乱入により未遂)に対して勝った方を助けることを条件に殺し合いをさせるという手段も取った。
雄介の眼前で女性を突き落として殺すという蛮行を行い、彼を激怒させた。
その驚異のジャンプ力で白のクウガを追い詰めるが、赤の力に目覚めたクウガの跳び蹴りを胸に受け、爆死する。

関連タグ

特撮 怪人 仮面ライダー 平成ライダー 仮面ライダークウガ バッタ オマージュ

参考文献

Web archive「仮面ライダークウガ」公式サイト kuuga dimension GURONGI

pixivに投稿された作品 pixivで「ズ・バヅー・バ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13204

コメント