ピクシブ百科事典

柳田理科雄

やなぎたりかお

日本のライター。空想科学研究所主任研究員。
目次[非表示]

概要

 1961年、鹿児島県種子島出身のライター東京大学中退。既婚者で三児の
 幼少期から科学に興味を持ち、科学者を志すも挫折し、在学中に行っていた講師バイトに興味を持ち塾講師を始める。やがて私塾『天下無敵塾』を開校するも経営に行き詰まる。以前「怪獣VOW」というネタ本に寄稿した縁もあって宝島社から『空想科学読本』を出して経営の穴埋めにしようとするも、印税が渡る直前に倒産。以降は学習塾講師と執筆業の二足のわらじをはくが、やがて専業作家となった。現在は空想科学研究所の主任研究員を務める。
 創作物作中にくだらないマジレスをし続けるリアル幻想殺しな生き方をしており、ネット界隈では後述のように(主に彼の著書を真に受けたバカの吹聴により)彼を忌み嫌う者もいるが、その妥協を許さないツッコミストっぷりによりカルト的な人気を誇る。

作風

 誤字脱字計算ミス、作品の不理解(『マジンガーZ』の光子力エネルギーを太陽エネルギーとして考察する、反物質はいかなる場所であっても0秒で対消滅し保管できないなどと書くなど)及び、研究不足・専門知識の欠如から来る誤解ゴルゴ13の狙撃の最大射程2kmに関して、アンチマテリアルライフルの存在や劇中でゴルゴがM16以外のも多数使用している事実を無視して、M16を改造し、かつ眉間を狙って狙撃したと想定して検証するなど。((尤もゴルゴがM16で1km先を狙撃しているのも事実である))、結論のはぐらかしなど文章自体には非常に問題が多いが、ギャグセンス話し言葉中心の文体は非常に高いレベルのユーモアを持っている。

 本来は「科学的には無理だな、こうしよう」というネタなのに対し、「科学的には無理だな、ばっかじゃねーの」と勘違いした(ただし『空想科学大戦』に限ってはギャグマンガ故にそういう作風。代わりに(直接的な)版権ネタは使わないが)困ったちゃんな信者やアンチのせいで無駄に荒れている部分もある。
 例えば山本弘は柳田を批判したい一心で『ここがヘンだぞ!空想科学読本』を発刊したが、序盤こそ柳田が巻貝ゴーガヤドカリの怪獣と勘違いしていたことや、最も理に適った地底怪獣を調べた際にモングラーが抜けていたことなど大分まっとうなツッコミも多かったが、次第に暴走して柳田が計算した怪獣の適正体重をわざわざ実際の着ぐるみアクターに当てはめて「ゴジラのスーツは紙製で、アクターの薩摩剣八郎は極度の減量が必要」「平成版ギャオスは着ぐるみの中に重りを詰めないといけない」などケチをつけるような奇行が目立ち、遂には自分の方が間違った理論を展開している事もある有様であった。
 逆に言えばネタとして理解している版権者から直接依頼を受けた公認作品(『ポケモン空想科学読本』『進撃の巨人空想科学読本』など)も存在する。

 また、戦争核兵器を激しく嫌悪しており、欄外脚注において「戦争」について「戦勝国にも敗戦国にも多大な犠牲を齎す、無能政治家の行う最悪の政治判断の事。筆者の祖父もこれで亡くなった」と記し、核実験を行ったシラク大統領の事を「いくら旧ドゴール派だからって、いまさら強いフランスなんてめざすな、バカ!」と非難しており、ハリウッド版新ゴジラについて、劇中における核実験2014年版)やゴジラ誕生の設定変更(1998年版)について「大義名分作って核実験を正当化してんじゃねぇ!」「フランスの核実験の影響で怪獣が生まれるとは、アメリカは随分ジョークがお得意なようで」などと激しく批判している。

 最近では空想科学図書館通信を配信中。また、空想科学研究所では月・水・金にリメイク記事「空想科学読本WEB」を連載している。

趣向


なお、「柳田国男は親戚ですか?」という質問はいまだに来るらしい。文系と理系でちょうど対になっているような名前だが、別段関係はないとのこと。

関連項目

メディアファクトリー 空想科学大戦

pixivに投稿された作品 pixivで「柳田理科雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1972

コメント