ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

梶原一騎

かじわらいっき

東京都出身の漫画原作者、小説家、映画プロデューサー。「巨人の星」「あしたのジョー」「空手バカ一代」などの原作者として知られる。
目次 [非表示]

本名:高森朝樹(1936年9月4日~1987年1月21日)


概要

東京都出身の漫画原作者小説家映画プロデューサー

小説家志望だったが大成せず、漫画原作者として名高い。

1960~70年代に、日本の漫画文化に多大な影響を及ぼした傑作を多数残している。

著名な作品として「あしたのジョー」「巨人の星」「侍ジャイアンツ」「タイガーマスク」「空手バカ一代」「愛と誠」「柔道一直線」など。乗り越えるべき父親的存在、破滅に向かおうとも道の頂点を目指す男の生き様、実らない悲恋等が作品のテーマとして多く見られる。

戦前の『少年倶楽部』の熱血を復権させ、少年のみならず大人にも大きな影響を与え、劇画ブームの担い手となった。


弟の真樹日佐夫も漫画原作者。


来歴

1936年、9月4日、東京市浅草区(現在の東京都台東区)に誕生。まもなく渋谷区隠田(現在の渋谷区神宮前)に転居。

1943年、私立緑岡小学校(後の青山学院初等部)に入学するが、1年生にして退学処分。近所の公立小学校に入った。

1945年、父の叔父が住む宮崎県へ疎開。終戦後、川崎市に転居。1年ほど教護院へ入れられた。

1946年、大田区蒲田(東京都)に転居。犯罪を繰り返した。

1949年、青梅市(東京都)の教護院で中学相当の3年間を過ごす。

1952年、東京都立芝商業高等学校に入学するが、半年で中退(早稲田大学卒と自称)。しかし、文学青年でもあり小説家を目指していた。


1953年、ボクシング小説『勝利のかげに』が「少年画報」(少年画報社)に掲載され、小説家デビュー。この時、ペンネームを「梶原一騎」とする。しかし、少年小説は衰退の一途を辿っていた。

1962年、生活のため「週刊少年マガジン」(講談社)連載の「チャンピオン太」(作画:吉田竜夫)で原作を担当。以降、主に漫画原作者として活動する。

1963年、最初の結婚。


1966年、「週刊少年マガジン」で『巨人の星』(作画:川崎のぼる)を連載。大ヒットする。

1968年、「週刊少年マガジン」で『あしたのジョー』(作画:ちばてつや)を連載。大ヒットする。

1971年、「週刊少年マガジン」で『空手バカ一代』(作画:つのだじろう影丸譲也)を連載。大ヒットする。

1973年、「週刊少年マガジン」で『愛と誠』(作画:ながやす巧)を連載。大ヒットする。松竹での実写映画化をきっかけに映画界へ進出し、芸能プロを設立し、プロデューサーを始める。DVが原因で妻・篤子と離婚。


1975年、東京ムービー社長の藤岡豊石原プロモーションのプロデューサーの川野泰彦と「三協映画」を設立。東映岡田茂東宝松岡功大映徳間康快松竹奥山融と親しくなる。

1979年、台湾タレント白冰冰と再婚。

1980年、極真会館破門されたウィリー・ウィリアムスアントニオ猪木と格闘技世界一決定戦を行い引き分け。新日本プロレスに売り込んだのは梶原だったため、大山倍達館長との関係がこじれ、絶縁。

1981年、新日本プロレスとテレビアニメタイガーマスク二世」とのタイアップ企画で覆面レスラータイガーマスク佐山聡)がデビューし、プロレス界にも顔が利くようになる。DVが原因で白冰冰と離婚。

1982年、アントニオ猪木からのタイガーマスクのキャラクター使用料が滞ったため、暴力団を使ってリーガロイヤルホテル大阪)の一室に監禁し、恐喝アントニオ猪木監禁事件)。

1983年、三協映画製作の映画『もどり川』(監督:神代辰巳)に出演した萩原健一大麻不法所持で逮捕され、梶原が本ボシと目される。「月刊少年マガジン」(講談社)副編集長・飯島利和への傷害事件で逮捕され、過去に起した暴行、脅迫、暴力団との関係などが明るみになり、作品を含め、評価がドン底に落ちた。保釈後に壊死性劇症膵臓炎により生死をさまようが、奇跡的に一命をとりとめる。

1985年、東京地裁から懲役2年、執行猶予3年の有罪判決。元妻・篤子と再婚。梶原一騎引退記念作品として「漫画ゴラク」(日本文芸社)で『男の星座』(作画:原田久仁信)を連載。

1987年、1月21日、東京女子医科大学病院で死去。『男の星座』は未完に終わった。

死後10年、1990年代半ばに入ると、再評価の気運が高まり現在に至る。


余談

  • 梶原が傷害事件で逮捕後、余罪がゴロゴロ出て来たのに、警察が梶原一騎を捜査・逮捕した元々の理由である大麻所持に関してはシロだった。わけがわからないよ
  • あしたのジョー巨人の星と同じ掲載誌だった為、都合上本名の「高森朝樹」の一字を変えた「高森朝雄」名義だった。
  • 自分には書けないギャグを描けるギャグ漫画家には敬意を払い、赤塚不二夫との交流もあった。タモリも数回対面した事がある。
  • コワモテエピソードの一方、作品作りには真摯であり「あしたのジョー」の有名なラストを描ききったちばてつやを「これが正解だ」「これは君の作品だ」と最大級の賛辞を送った。また、アニメ版「タイガーマスク」の原作とは違う「伊達直人がプロレスラーとしてきちんとケジメを付けた」ラストも「こういう(物語の)終わり方もあるのか」と評価したという。
  • 「空手バカ一代」のモデルとなった大山倍達とは義兄弟の仲だったが、漫画のヒットが大山派と梶原派による極真会館派閥抗争を招いた。梶原が映画「地上最強のカラテ」の配給収入を極真側に支払わなかったことも不信を招き、ウィリー・ウィリアムスアントニオ猪木戦の際の梶原の大山へ対する謝罪要求により絶縁に至る。しかし、膵臓炎手術後の療養中、匿名で送られて来た励ましの手紙を読んだ梶原は「これは館長からだよ。俺にはわかるんだ」と語った。
  • 妻の高森篤子は後に「タイガーマスク基金」を設立し児童に対する慈善事業などを行った。彼女との間に二男を儲けた。うち長男が映画プロデューサー等を手掛ける高森城。
  • 妻との間に一時的に離婚期間があり、その間台湾の女優・白冰冰と婚姻関係を結び、一女・白暁燕を儲けた。しかし暁燕は後に誘拐事件に巻き込まれ殺害されている。なお、彼女の事件に関して残虐性が誇張された記述が一部に見られるが、事実を大幅に誇張したかあるいは捏造の可能性もあるので注意。

関連タグ

原作者 高森朝雄 真樹日佐夫

関連記事

親記事

原作者 げんさくしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107952

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました